「あなたは幸せですか?」という質問

皆さんこんにちは。今日のメキシコシティーは30度弱ぐらいです。2200mで約30度ですよ。昨晩はレゲエの野外コンサートに行ってきたのですが、夜は風があり体感温度がちょっと低かったです。

レゲエ自体あまり聞いてこなかったのですが、ジャマイカが発祥と言われるこの音楽は、メキシコ人がやるとコンガ(Conga)が入ったりして、どこかクンビアやサルサのようなリズムになったりして面白かったです。(笑)

皆酔ったように音楽に身を任せて踊っているのを見て、音楽ってこんなに大勢の人をたとえ一時的であろうと「幸せ」にするんだなぁと思いましたね。

今回の題名が「幸せとは?」としんみりしたものになっています。皆さんもいろんなシチュエーションで「結婚して幸せ!」とか「幸せな家庭をもつ!」という風に使ったり、「各国の幸せ度調査」なんてものも聞いたことがあると思います。

幸せねぇ・・・そもそもどうなったら「ワタシって幸せだ!」って言えるのか。どこかに境界線があって、こっからこっちは不幸せ、ここからこっちは幸せとでもなっているのか。

先日姑に「テレビで見たんだけど、日本人は幸せなのか」と直球で聞かれました。僕は「人のことはよく分からないけれど、幸せだ!と口では言っても、どこか心底幸せだと思えていない人が多いんじゃないかぁ」といいました。

理由は僕の実体験や日々のニュース、日本に居る人達と話して感じるからで、べつに統計調査や哲学的に考えてみたわけでもない。ただそう感じるだけ。だからもしからしたらホントに皆幸せなのかもしれないですが。

本音か建て前か、幸せか不幸かはここではどちらでも良くてですね、何というか、自然の中では自分の幸せとか不幸とかお金とか地位とか見栄とか、ぶっちゃけ「無」だなって感じるんです。そういうものがどうでも良くなるっていうか、それらを考える事自体が下らないものになるような気がするんです。

壮大な自然の中はでは会社や組織や社会の中の派閥争いや柵みたいなものって、実はコップの中の嵐に過ぎなかったりする。そんな事にいちいち一喜一憂していたら気骨が折れてしまうし、そもそも人生なんて儚いですから・・・最期に惨めにも独活の大木のようにならないようにしたいものです。

前々から感じてはいたのですが、特にそう感じたのが、先週行ったオアハカの途中にある渓谷に無数にあるサボテンや、山岳地帯に突如として現れた塩田をみたときです。

5メートルぐらいの1本のサボテン。優に70年を越していたり、300年ともいえるサボテンなんか、下の方の表皮が自重で割けては瘢痕化しての繰り返しでまるで木の幹のようになっています。今は標高1600mぐらいの高原地帯ですが、太古の昔は海で地殻変動による隆起で閉じ込められた海水が岩となり、地下水に少しずつ溶け出して塩水となって湧きだし山肌に塩田をつくります。天文学的な時を経て今自分の手のひらに白く目に見える形で存在しているって率直に「スゴイなぁ」と思います。

ちょっと見えないかもしれませんが、下の写真の中央の岩のくぼんだ所に「馬」言われる壁画があります。今から7000年ほど前にこの地域に住んでいた人達のものと言われています。この地域には洞窟がいくつかあり、同じように壁画があるのですが、放蕩者がスプレーで落書きしたようで現在は立ち入り禁止となっています。

 

 

 

 

 

 

山岳地帯の塩田 500年以上前から塩づくりがされているとか。

 

 

 

 

 

 

起源前後の遺跡の上からの眺めです。当時の人も同じ地形を見ていたんだろうなと考えるとロマンチックじゃないですか。

 

 

 

 

 

もし、ここまで読んでくれた人の中で、「自分は幸せじゃない」とか「悶悶としている」とか「自暴自棄気味だ」とか「何やってもだめだ」なんて思っている人がいらっしゃいましたらメールでもラインでもメッセージ下さい。

さらにはメキシコに来て頂ければ必ず違う自分を見つける事が出来ると思います。ご連絡ください。

僕もそんな時期がありました。しかもかなり長い時間・・・でも僕の場合はメキシコに救われました。もちろんメキシコで嫌な事も沢山有りました。騙されたことも何度もあります。(辛涙怒)でもメキシコに来ていなかったら今頃どうなっていたか分かりません。

今は勇気が無いけれどちょっと世界・視野を広げたい人、冒険心がある人、ロマンを感じたい人・・・メキシコおススメです。

※3人の写真は8年前に12年来の友人たちと撮ったものです。私はまだ28でした・・・「幸か不幸かはここでは関係ない」と上述しましたけれど、ネットの影響か人間関係が希薄になりつつこの世の中、異国の地でこんなに長い間「友達」としていてくれる人達がいる僕が「オレは不幸だ!」なんて言ったら、「お前はワガママすぎだ!」ときっと神様から見放されますよね・・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です