【出張中につき短編キオテ通信】ラカンドン原生林にツアー業者がツアー客を連れて行かない理由とは。


 

メキシコ旅行から人の豊かさを考えます。

 

メキシコ在住16年目、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

メキシコの数々の遺跡からグルメ、地方の見所、そしてメキシコの雄大な山まで、

尽きる事のないメキシコの魅力をお得にご案内しております。

 

2022年の海外旅行、メキシコ観光は弊社におまかせください。

 

【出張中につき短編キオテ通信】ラカンドン原生林にツアー業者がツアー客を連れて行かない理由とは。

👆お世話になったラカンドン原生林の保護活動に従事する僕の仲間たち

 

今日はですね、

森にきています。(笑)

 

Selva Lacndona(ラカンドン原生林)と呼ばれている場所なんですが、

ココには陸路がないので、

ボートで行く必要があります。

 

ウスマシンタ川という、

メキシコを代表する川の一つがあるんですが、

この大河は隣国グアテマラとの国境も成しています。

 

この一帯の観光地って、

マヤの遺跡ジャスチラン(Yaxchilan)と

ボナンパック(Bonampac)がありますが、

ここだけじゃちょっともったいない。

 

ということで、

僕のほうで他に何か面白いことがないか探し回ったんですね。

 

その結果がこれ、

名付けて

「ラカンドン原生林歩きと、

携帯もインターネットも断ち切ってマヤの自然を感じる時間」(笑)

 

これを邪魔されずにできる場所って、

たぶんここしかない!?

他にも原生林歩きとかバンガローがあったりするんですが、

多かれ少なかれ観光客の出入りがあるんですね。

人が増えると雑音も増えます。

この場所はそれが一切ないというところ。

マヤの原生林で自然と、

そして己と向き合う最高に贅沢な時間。

ココで得ることが出来ます。(笑)

 

千数百年前のマヤの人達が感じていたであろう、

大自然の中の大自然。

それを今「再現」できるって、

よく考えるとスゴクないです?(笑)

 

他のツアー業者に話をしたらしんですが、

反応がいまいちらしいんです。

まぁ、そうでしょうね。

だって、

「森歩き」なんて蚊が多いし、

疲れるし、

汗かくし、

やりたがる人なんてそうは多くないと思います。

だからありきたりな遺跡ツアーだけで終了するようで、

お客さんも「それでいい」らしんです。

「それがいい」じゃなくて「それでいい」。

 

ここまで来て「妥協」かい。(苦笑)

 

マヤの森歩き、

千数百年前のマヤの人々の生活環境の再現性、

地元の人の料理教室、

チョル語教室で、

マヤ系の人々の生活がより深く理解できるでしょう。

 

その辺の重要性を伝えきれないと、

そういう旅行商品は売れないのかと。

 

かく言う僕も、

ちゃんとお客さんにその重要性を伝えられるかなんですが、

帰ったらご案内用のサイトを作りますので、

またご覧ください~

 

はい、というわけで、

では今日もこの辺で~

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

 

【お一人のお客様同士のライドシェア】

お得なキオテのライドシェア詳細はこちら

 

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

 

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
友達追加はこちら☟
Add friend
必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。
また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。
その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。

【人生のリバイバルコーチング事業】
私岩﨑はICF(インターナショナル・コーチング・フェデレーション)認定、
ライフコーチング業も営んでいます。
皆さんが一度限りの人生、
限りある人生を有意義に生きられるようお手伝いさせて頂きます。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ラテン人生のリバイバルコーチング事業はこちら