隣国グアテマラに接する州です。

某ガイドブックに「昔ながらの暮らしを営む先住民の村」などと紹介され、宣伝されていますが、この地域は現代文明から隔絶して暮らす人々の地域ではないという事をまず申し上げておきます。そもそも“先住民”という囲いをつくり呼ぶこと自体、私は違和感を感じます。彼らも現代社会に生きる、我々都市部にすむ人間と同じという事をご理解下さい。

この地域のご旅行では、有名なマヤ(Maya)の遺跡パレンケ(Palenque)やその南東部にあるボナンパック(Bonampak)などのマヤ遺跡への訪問、スミデロ渓谷(Cañón del Sumidero)、コロニアル調の可愛らしい街サン・クリストバル・デ・ラス・カサス(San Cristóbal de Las Casas)、サン・フアン・チャムラ(San Juan Chamula)村やシナカンタン(Zinacantan)村などへお連れします。

※出発前には周到な準備を致しますが、このエリアは地域間の小さな対立が偶発的に起きてり、道中思いがけない封鎖などにより遅延などのトラブルに遭遇する可能性もゼロではありません。つまるところ、それらも含めてメキシコの旅ですので、身の安全に関わる事故や事件以外は、どうか寛容にお受け止め頂ければと存じます。

写真:

パレンケ遺跡(Palenque)、私のチアパスの家族(シタラSitala村)、青い滝(アグア・アスルAgua azul)、スミデロ渓谷(Cañón del Sumidero)

 

ちょっと離れていますが、カラクムル(Calakmul)遺跡、感じるものが違います。