外国にいましても、たまに日本のニュースサイトを見ていますと、「誰それさんがゲイ・レズビアンを公表!」なんて記事を見ることがあります。

一昔前でしたら公表するなんて考えられなかったのではないでしょうか?僕は30代後半ですが、少なくても日本では、身近にはゲイとかレズビアンとかバイセクシャルなどという事を公表している人を一人も知りません。

街中を歩いていても、手をつないだり抱き合ったりしている人たちを見た事ありませんね。

近年では、大都市を中心に?行政が同性同士のカップルにも異性婚と同じ権利を与えるという所も出て来ているようですが、現実的にはまだまだ「居づらい・生きづらい」環境というのが事実ではないでしょうか。

そもそも「公表」という言葉自体に少し違和感を感じますね。あとは性的マイノリティ、セクシュアルマイノリティ、性的少数者、LGBTなどなど。異性愛の人も、自分で選んで生まれて来たわけではなく、同性愛の人もそれは同じ。同じなのにいちいち呼び方を変えるのは、あまり賛同できないですね。

メキシコはと言いますと、その点先進国です。32州(正しくは1連邦行政区31州)中、首都メキシコシティをはじめ、カンクンがあるキンタナロー州を含む12州で同性婚が合法化されているのです。周りをみましても、僕の知り合いでゲイが3人、バイセクシャルが3人もいるんです!でもみんな普通で、僕も「へーそうなんだぁ」という感じで、気にも留めず。

ソナロサ地区(Zona Rosa)というエリアがあって、韓国人が多いことでも知られているのですが、ゲイ・レズビアンの人達が多く集まるバーなどが多いことでも知られています。

街中でも仲良く手をつないでいる男性カップルも良く見かけます。

たまには何かと人の目が気になる(というか気にしないといけない)日本をでて、ここメキシコでゆっくり羽を伸ばして、気の向くまま好きなだけ、あなたが愛する恋人と二人だけの時間を思う存分楽しんでみませんか?

プライベートですので、他の日本人の方の目を気にする必要も全くありません。ビーチ?山?おいしいもの巡り?遺跡巡り?どこ

にでもお好きな所へお連れ致します。

お客様ためだけの時間を提供させていただきます。