メキシコシティ(Ciudad de Mexico)

行くべき理由:

・【アステカ(正しくはメシカMexica)帝国の首都】が存在した場所で、当時の建造物跡を観られる

・ソカロ周辺及びその周辺、ソチミルコ、UNAM大学と【世界遺産】が3か所ある

・遠くは古代ギリシャに端を発する建築要素が入った16-18世紀の建物がみられる

・人類博物館にスペインによる入植以前の【人類の貴重な遺産】が展示されている

・メキシコ人の【庶民の娯楽を体験】できる

・映画【ROMA】の撮影地を見られる

・広大なメキシコにおいて、地方の【主要観光地へのアクセスのベース】となる

メキシコシティは今日ラテンアメリア経済のなかで最も重要な都市の一つです。歴史の観点からも上述の通り1521年のスペイン人(正しくはヨーロッパ人)の入植以前は、1460年頃からアステカ(正しくはメシカMexica)帝国が栄えていました。さらに古くは、メキシコシティの北東約45キロにあるテオティワカン(Teotihuacan)文化がBC200年からAC750世紀ごろまで栄えていました。

メキシコ(México)という国名の語源は、ヨーロッパ人が渡来する以前にメキシコ盆地に住んでいた民族の一つ「メシカ(Mexica)人」に由来します。昔は今のメキシコシティ一帯はテクスココTexcoco湖(右の図)というウサギの形をした大きな湖でした。その湖の中央部に1つの島がありました。そこが後にメシカ(Mexica)帝国の首都テノチティトラン(Tenochititlan)となり、今のメキシコシティの中心であるソカロ(Zocalo)がある一帯となります。メシカ(Mexica)人は月のウサギとテクスココ湖のウサギの形を重ね合わせ、その中心部にあるテノチティトランをヘソすなわち中心部としました。ナワトル語でMetztliは月、Xictliは へそ、Coは土地を意味します。そこからMEXICOという言葉が生まれたという説が有力とされています。一方でMexictli(=メシカ人の神Huitzilopochtliの別名)を語源とする説もあります。Mexictliを二つに分けるとMetlはマゲイ(アガベ)を意味し、Xictliは上記同様にヘソまたは中心を意味します。つまりマゲイの中心にCo=場所をつけてMEXICOとした説です。マゲイ(アガベ)は今日もメキシコ象徴する植物の一つです。

アクセス方法:

成田空港から全日空(ANA)とアエロメヒコ(AM)がそれぞれ毎日運航しています。日本を午後に発ちますと、同日のお昼過ぎにメキシコシティー空港に到着します。飛行時間は日本からは約12時間、メキシコからは約14時間半

地図:

https://drive.google.com/open?id=1QG0QyEz3mJmn-DLhIrQRHuCpH7Tt9FeY&usp=sharing