メキシコの雄大な山を安全&お得にご案内します。

メキシコの名峰イスタシワトゥル山山頂5220mで
背後はメキシコ第2峰ポポカテペトゥル山

こんな方々におススメです

  • 海外登山デビューしたいけれど、どうやって準備を始めて良いか分からない方
  • 忙しくて海外山事情をゆっくり調査出来ない方
  • メキシコに来たついでに4000m、5000m級の山にも上ってみたい方
  • 日本で有名な山には大体登ってしまい、新しい冒険をしてみたい方
  • メキシコにも海外にも興味はないが、富士山より高い高度に挑戦してみたい方
  • 自分に活を入れたい方

初めての海外登山を丁寧にサポートします。

4000m、5000m級の高山が首都から2時間

メキシコの首都メキシコシティからたったの2~3時間内に4000~5000m級の高山が聳え立ちます。たとえ山頂までいかなくても、メキシコの名峰を目にするだけでメキシコの大自然を体感していただけます。


メキシコ第3峰イスタシワトゥル山
4000m地点

メキシコ第6峰マトゥラルクェジェ
(マリンチェ) 
4000m地点

キャンプ、ハイキングから登山まで承ります

山を楽しむのは何も登頂を目指す登山だけとは限りません。

体力的に登山は難しいという方にもメキシコの高山の魅力をご堪能いただけるよう、比較的アップダウンが少ないルートでのご案内も喜んで承ります。


メキシコ第3峰イスタシワトゥル山を前にメキシココーヒーで贅沢なひと時
3950m地点

メキシコ第2峰ポポカテペトゥル山を前にハイキング
4200m地点

メキシコ第4峰シナンテカトゥル山のカルデラと山頂を望む
(ネバド・デ・トルーカ山)
4300m地点

メキシコ第4峰シナンテカトゥル山山頂4680m
(ネバド・デ・トルーカ山)
4600m地点

お客様の経験に基づきご案内します

「簡単な登山」は一つたりともありません。

海外登山のご経験がない方にとりましては、富士山より高い高度では、ご想像以上に身体に負荷が掛かります。お客様のご経験を伺いながら、無理のない安全で楽しい登山をご案内できるようご出発前、準備段階からサポートさせていただきます。お客様のご経験や体力に基づき、お客様の海外登山に最適な山やコースも提案させていただきます。

「登山初心者」の方もお気軽にお問い合わせください。必要な装備、服装、トレーニング、注意点などもアドバイスさせていただきます。

ぜひ思い出に残るメキシコでの登山やハイキングをメキシコ旅行に取り入れてみてはいかがでしょう。


メキシコ最高峰・北米第3峰シトゥラルテペトゥル山山頂
(ピコ・デ・オリサバ山)
5636m

メキシコ最高峰シトゥラルテペトゥル山の影はメキシコで一番大きな影
(ピコ・デ・オリサバ) 
5300m地点

メキシコならではの二国間登山もいかが?

ただの登山では物足りないという方。外国に行くからにはその土地でしかできない体験をされてみてはいかがでしょう。

メキシコには高山もさることながら、隣国グアテマラとの国境をまたぐ山があります。あるようでない国境をジグザグに進み、その頂もメキシコとグアテマラで分かち合う山での経験はきっと特別なものとなるでしょう。


メキシコ南部最高峰タカナ山で2国間登山
(写真右がメキシコ、左がグアテマラの国境)
4070m山頂

メキシコ南部最高峰タカナ山で2国間登山
3600m地点

夢の海外登山を丁寧に、そして安全にサポートします。

メキシコの名だたる名山をご案内します

「海外旅行といえば有名都市や観光地へのツアー」「海外登山は特別なもの」というのはもはや時代錯誤。その土地を知るというのは、自然を知らずしてなし得ません。

メキシコのメソアメリカ文明も人間と自然との共存によって繁栄を極めました。その中には当然メキシコの名峰も、人々の信仰の対象として存在していました。

そんなメキシコの数々の名山を、ただ登頂するだけではない文化的な視点からもご案内させていただいております。


イスタシワトゥル山
後方は活火山でメキシコ第2峰ポポカテペトゥル山
5000m地点

イスタシワトゥル山最後の難所
5200m地点

イスタシワトゥル山ピークと氷河
5286m

マトゥラルクェジェ山 
(マリンチェ)
4300m地点

メキシコ第4峰シナンテカトゥルカルデラ内
(ネバド・デ・トルーカ) 

メキシコ最高峰シトゥラルテペトゥル
(ピコ・デ・オリサバ) 
4000m地点
高山で山をバックにポーズをとるメキシコガイドの岩﨑功
メキシコ最高峰シトゥラルテペトゥル山
(ピコ・デ・オリサバ)
4600m地点
高山で青空をバックにポーズをとるメキシコガイドの岩﨑功
メキシコ最高峰シトゥラルテペトゥル山をバックに
(ピコ・デ・オリサバ) 
4700m地点

メキシコ第4峰シナンテカトゥル山山頂付近からカルデラ望む
(ネバド・デ・トルーカ山)
4500m地点

メキシコ第4峰シナンテカトゥル山のもう一つのピーク、ピコ・デル・アグィラルを望む
(ネバド・デ・トルーカ山)
4600m地点

主なサービス内容

有資格ガイドがご案内

メキシコ観光省認定の自然ガイドライセンスNOM-09-TUR-2002、自然環境下での一次救命措置講習を受け、各国定公園でのガイド許可及び当局への観光業登録を有した日本人ガイドの岩﨑功が自らご案内いたします。

メキシコ,観光,ツアー,ガイド



全てを含むワンストップサービス

メキシコへのご渡航前から、メキシコでの登山中はもちろん、料金をお支払いいただいているご滞在期間中は全てサポートいたします。緊急時は時間外でもサポートいたします。

ガイドの岩﨑はメキシコ登山ガイドの公式ライセンスを有するだけでなく、文化・歴史系のガイド資格NOM-08-TUR-2002と営業用運転資格(日本でいう二種免許)も有しますので、登山前後のメキシコ各地へのご案内及び移動も一貫して効率よく行うこともできます。

つまり、ツアーごとに違ったガイドや移動手段を探す手間が無く、ワンストップで且つご滞在の時間内でムダなく効率よく快適に最大限メキシコをご堪能いただけます。
これら全てが一ヶ所で完結する日本人ガイドはメキシコで私岩﨑ただ一人です。

メキシコの山と注意点と私共のサービスの特徴

メキシコ最高峰シトゥラルテペトゥル山
(ピコ・デ・オリサバ)

メキシコの山

メキシコにはトランスパシフィック火山ベルトという、メキシコ中部の北緯19度付近を東西に貫く火山帯があります。東端にはシトゥラルテペトゥル(Citlaltépetl)山、通称ピコ・デ・オリサバ(Pico de Orizaba)5,636mのメキシコ最高峰があり、その隣にトゥリルテペトゥル(Tliltépetl)山、通称シエラネグラ(Sierra Negra)山4,540m、その北にナウカンパテペトゥル(Nauhcampatépetl)山、通称コフレ・デ・ペローテ(Cofre de Perote)山4,282m、西に向かってメキシコ第6峰マトゥラルクェジェ(Matlalcueye)山、通称 ラ・マリンチェ(La Malinche)山4,461m、メキシコ第3峰イスタシワトゥル(Iztaccíhuatl)山5,286m、メキシコ第2峰ポポカテペトゥル(Popocatépetl)山5,465m、メキシコ第4峰シナンテカトゥル(Xinantécatl)山、通称ネバド・デ・トルーカ山4,680mという、首都メキシコシティから300キロ圏内にメキシコトップ6の高山がそびえます。

メキシコシティから最も近いのがアフスコ(Ajusco)山3,929mで、山頂からはメキシコ盆地が見渡せます。多くはメキシコシティ以東に集中し、西方面で最も高いのがサポテペトゥル(Zapotépetl)山、通称ネバド・デ・コリマ(Nevado de Colima)山4,330mです。(参考資料によって高度が異なりますが、当サイトは政府機関であるSGMまたはINEGIのデータを参照しております)

日本アルプスのような山脈ではなく、大半は独立峰です。
火山と言いましても、噴煙を上げて噴火活動中のものはポポカテペトゥル山のみで、他の火山活動は休止中です。
よって、ポポカテペトゥル山麓は入山規制がかかっており、入山することができません。

安全な登山のために

体調と登山経験に留意した登山を

メキシコの登山事情につきまして、まず日本のように整備された山小屋はありませんので、基本的に1日で登頂・下山します。駐車場を出ますとトイレはありません。
私共がご案内する登山ルートは比較的難易度が低いものですが、急激に高度が上がり、それに伴う高山病のリスクが高まる上、整備された登山道がない箇所もありますので、落石や滑落に注意が必要です。
飲み慣れた頭痛薬をお持ちいただくことをおすすめします。

安全なメキシコ登山をお楽しみいただくために

メキシコの山は山小屋が整備されて安全な日本の山とは違い、安易に野営をすべきでない場所もあります。難易度は低くても安全優先で日程を組み、ご案内させていただきます。
首都メキシコシティは2240m、基本的に3000~4000mぐらいまで車で上がります。メキシコにご到着後、首都またはその周辺で数日間ご滞在いただき、さらにベースで1日ないしは2日間、高度順化していただく事をお勧めいたします。

万一の事態に備えています

私岩﨑は、メキシコ観光省認定自然系ガイドライセンスNOM-09-TUR-2002に含まれる、都市部から離れた自然環境下に対応した一次救命処置BLS(出血・開放骨折及び非開放骨折・捻挫の一次処置、心肺蘇生、AEDを用いた除細動、気道異物除去)の講習(2年毎に更新制)を修了し、万一の事故の場合に必要な応急措置を行うことができます。
また、携帯電話が繋がらない山岳地帯で万一の事故や体調不良などの場合に備え、レスキュー隊などの緊急要請を可能にすべく、ベースに当方の人員を待機させて無線での交信を可能にし、私の他にサポートのガイドをつける体制を整えております。お客様に安全で楽しいメキシコでの登山をお楽しみいただけるよう最善を尽くしております。

参加いただいたお客様の声

お客様の声

佐野様ご夫妻 「臨機応変に対応して頂き全て大満足でした!」

旅行期間:2日間半
旅行先:イスタシワトゥル山(Iztaccihuatl)とメキシコシティ

先日は本当にありがとうございました!お陰様でとても楽しい思い出となりました。

メキシコという全く知らない土地で夫婦で5000mを越える登山が出来たのは岩崎ガイドのお陰です。

わがままなスケジュールを臨機応変に対応して頂き全て大満足でした!!

またメキシコ旅行行くときはお願いします!!

安田様ご夫妻 「日本からでも時間をかけて来る価値は大いにあります!」

旅行期間:2日間
旅行先:ウアマントラ(Huamantla)⇒マリンチェ(La Malinche)⇒イスタシワトゥル山(Iztaccihuatl)
2019年9月15日・16日の2日間ご案内いただきました。15日はマリンチェ峰山頂まで。16日はイスタシワタル2合目まで。
「メキシコの山登り」をネットで検索していてメキシコプライベート観光サポートのHPを見つけました。マリンチェ峰登山に興味があったので連絡してみたらすぐに回答が送られてきて、その後もご丁寧に日程・コースなどについての説明をいただけました。
14日午後に私たちが宿泊しているホテルに迎えに来てくださり、マリンチェ峰近くの街で1泊。次の日の朝7:30にホテルを出発しマリンチェ峰へ。標高4400mの山頂目指して歩き始め、歩くこと4時間30分で頂上へ。山頂では岩崎さんがコーヒーをごちそうしてくださり、疲れも和らぎました。また持参したインスタントラーメンを食べ、お腹も満足でした。登山のツアーを依頼すると、昼食はサンドイッチとフルーツだけ、なんてことがよくありますが、今回のように温かいコーヒーやラーメンを食べられたのは貴重な体験でした。その後2時間かけて下山、この日はメキシコシティまで送っていただきました。

次の日はイスタシワタル峰へ。時間の関係もあり、この日は2合目までの往復でした。途中、噴煙を上げるポポカデペトルを見ることもでき、様々な高山植物も観ながらの歩行でした。この日の昼食は岩﨑さんのご案内でマス料理が食べられるレストランへ。メキシコではあまり出会えないマス料理に舌鼓を打ちました。その後は私たちが住む街まで送ってくださいました。

今回、旅行の日程からお勧めのコースまで色々と教えていただき、本当に充実した旅行になりました。自分たちの希望にそってツアーを組んでくださったり、アドバイスくださったのはとてもありがたかったです。

私たちはメキシコに住んでおり、メキシコシティまでも数時間で行けますが、日本からでも時間をかけて来る価値は大いにありますね。メキシコは知る人ぞ知る登山大国です!!メキシコシティ周辺には4000m~5000m級の山が点在しており、日本では体験できない山の世界が身近にあります。
次回はイスタシワタルのもっと高い所まで行きたいなと思っております。その際にも、今回同様岩﨑さんにガイドいただく予定です。よろしくお願いします。

お得で明瞭な定額料金

定額料金でお得で効率的なメキシコ旅行

メキシコ在住17年目の岩﨑が専用車を出し、メジャーな観光地から現地の人のみぞ知るザ・メキシカンなスポットまで、メキシコ国内どこにでも、ご旅行の計画から、お出迎え、ご旅行中、緊急時の対応、そしてお見送りまで、お客様のご要望に沿って、楽々・安全・効率的ご案内します。

「完全プライベートツアー、すごく高いのでは・・・?」

ご安心ください。むしろそのお得さに驚かれます。

ご旅行の計画から空港でのお出迎え、ご旅行中、緊急時の対応、お見送りまで全て含みます。

定額料金(USD574/1日)*
1日12時間までどこに何カ所行きましても追加料金は掛かりません**。
お連れ様と割っていただくとさらにお得です。

  • 2名様で1人1日USD287**
  • 3名様で1人1日USD191**
  • 4名様で1人1日USD143**

詳しくは≫≫≫「料金とサービス」をご覧ください。

最大大人4人+身長150㎝ぐらい方お二人まで(3列目シートが狭いため)同料金です。

*料金は税込み、
2021年3月現在のものです。 
料金は予告なく変動する場合があります。 
料金はお支払い頂いた時点のものを適用します。
**登山ツアーには安全対策で救護用人員1名が
同行するためUSD90/日を別途申し受けます。
3名様以上の場合、サポートのガイドをつけるため、
別途料金を申し受けます。
別途料金は山によって異なりますのでお問合せ下さい。

旅の計画

意外と近いメキシコ・直行便で楽々!

日本からメキシコには全日空とアエロメヒコの直行便が毎日に2便出ています。日本からは12時間ほど、アメリカ東海岸やヨーロッパに行くのと同じぐらいの距離です。

両便とも午後の出発です。全日空の場合ですと出発は午後4時ごろの出発メキシコには同日の午後2時ごろに到着します。不思議な感覚ですが、これは時差によるものです。日本とメキシコの間には15時間の時差があります。

お帰りの直行便は深夜1時頃の出発で、成田への到着は朝6時半頃です。たとえば、メキシコ出発が4月1日01:00でしたら3月31日の夜に空港に入り、到着は日本時間の4月2日午前6時半です。

プラン例:メキシコ3名峰を満喫6泊7日の旅

こちらは一例です。ご要望に応じて自在に組み替えることができます。

  • 4月1日土曜日 16時
    ANAまたはアエロメヒコ航空直行便で成田発
  • 4月1日土曜日 14時
    メキシコシティ空港着
    ご到着後半日ありますので、市内観光、公園でのウォーキングやランニングにお連れします。
  • 4月2日日曜日 終日
    高度順化のためにより標高の高い場所でのウォーキング、ランニングにお連れします。その後に市内観光も可能です。
  • 4月3日月曜日
    ネバド・デ・トルーカ山ハイキングまたは軽めの登山
  • 4月4日火曜日
    前日にベース入りキャンプ、または早朝にホテル発・イスタシワトル山4700mまたは5000m地点まで登山(登頂には要2日+高度順化に要数日)。午後は天候が変わりやすいです。
  • 4月5日水曜日
    休息・自由行動・観光
  • 4月6日木曜日
    マリンチェ山登頂、またはメキシコ最高峰シトラルテペトゥル山(オリサバ山)山麓をハイキング
  • 4月7日金曜日
    昼間ご希望であればメキシコシティ周辺へ観光・夜空港へ
  • 4月9日日曜日
    朝6時30分成田着

メキシコにご到着後

メキシコの首都メキシコシティは標高2240mに位置します。富士山の5合目が2400mですので、それより若干低い高度です。数日はメキシコシティまたはその周辺で高度順化していただく事をお勧めします。運動に適した場所、公園などもご案内させていただきます。

必要な装備

山によって異なりますが、基本的にどの山でも岩場ではヘルメットのご着用をお願いいたします。イスタシワトゥル山登頂には零下にも耐えうる防寒着、手袋、アイゼンが必要です。出発時に雨天の場合はツアーをキャンセルさせていただきますが、登山途中の降雨の恐れもありますのでレインコートをお持ち下さい。持ち物リストはお申込みいただいてから詳細をお知らせいたします。ヘルメット、アイゼン、ストック、レインコートは別途料金でレンタルが可能です。

メキシコの山周辺のおススメ観光スポット

山周辺の観光ルートも充実!

山も美しいけれど、メキシコはそれだけではありません。せっかく行くメキシコで、あなただけのステキなメキシコ旅行を実現します。詳しくは【観光ルート例】をご覧ください。

お客様のご要望を伺い、最適な観光ルートをご提案させていただきます。

弊社オリジナルツアーが満載!観光ルート例

メキシコに来たらついでに文化・遺跡巡りも!

テオティワカン

アルティプラノ・セントラル圏

歴史や文化にご興味がある方でしたら、現在のメキシコシティを中心としたエリアにあるメソアメリカ時代の数々の遺跡にお連れできます。

紀元前800頃からこの地域で最初に巨大宗教的建造物を建てたクイクイルコ(Cuicuilco)文化、その後“国際”都市にまで発展した有名なテオティワカン(Teotihuacan)文化、その没後800年頃より繁栄し、メシカ(アステカ)人もその文化の一部を踏襲したトゥラ(Tula)、テオティワカンと敵対関係にあった知られざるもう一つの巨大都市カントナ、テオティワカンの没後の動乱期エピクラシコ時代の代表的な都市ソチカルコ(Xochicalco)やカカストラ(Cacaxtla)、南のテポステコ(Tepozteco)と、時系列で見て行くと興味深い文化跡(遺跡)を巡るのもおススメです。

本物のメキシコ料理をご堪能下さい!

モレ

メキシコ料理と言えばタコス!辛い!というイメージをお持ちの方が多く、「辛い」が苦手でメキシコ料理を敬遠される方も多くいらっしゃると思います。

メキシコはトウモロコシをはじめ、カボチャ、トマト、チリ、インゲン豆、アボカド、カカオ、バニラなど、現代の食卓では欠かすことのできない作物の生まれ故郷です。それらの作物はここメキシコから世界にひろまったのです。

そんな多くの作物の故郷であるメキシコで食べられる料理、その味もさることながら、その歴史を自らの舌で感じられるのがメキシコ料理です。おススメのローカルのお食事処をご案内させていただきます。ぜひ、何か一つでも「本物のメキシコ料理」をご賞味くださいませ。

メキシコシティから1~2日で行ける観光地例

首都メキシコシティ周辺には「メキシコの素顔」を感じられる場所が多くあります。

ガイドブックなどに紹介される有名観光地もさることながら、「ザ・メキシコ」をご体感いただける場所にもご案内させていただいております。メキシコは日本の国土の5倍、公共交通機関の利便性も良いとは言えず、メキシコに不慣れな旅行者が、限られた貴重な時間内で自由自在にメキシコ観光をするには正直ハードルが高いです。

弊社ではメキシコの名峰への旅に合わせ、メキシコが有する貴重な文化遺産にもご案内しております。

オアハカ
二日あればオアハカ(Oaxaca)に足を伸ばせます。オアハカの郷土料理巡りはおススメです。
その途中にある壮大なサボテン渓谷はユネスコの世界文化・自然複合遺産であり、そちらでもこの土地の郷土料理をお召し上がりいただけます。
ユネスコの世界遺産であるオアハカ市中心部はメソアメリカの三大長命文化の内二つを有するエリアにあります。この地域にはサポテカ文化とミステカ文化が紀元前1000年以上前から栄え、モンテアルバン遺跡やミトラ周辺の洞窟遺跡もユネスコの世界遺産に指定されています。現地のサポテカのご家庭での料理体験やラグ作り体験など、現地の人達との交流はこの土地ならではの経験となります。オアハカの歴史・グルメ・文化に触れられる私岩﨑のおススメの観光ルートです。
プエブラ
プエブラ(Puebla)市中心部はユネスコの世界文化遺産です。この町でプエブラの郷土料理に出会えます。私が選んだおススメのグルメスポットへご案内します。
せっかくなのでチョルーラ(Cholula)にも行きましょう。ローカル市場(メルカド)やその周辺にある岩﨑おススメのお食事処へご案内します。
一泊二日でクェツァラン村にもお連れできます。大自然の中のコーヒー農園で鳥の囀りを聞きながら飲むコーヒーは格別のひとときです。そしてこの村のグルメも見逃せません。近くにはAD200 年頃より、トトナカ文化の最初の首都ジョワリチャン(Yohualichan)遺跡もあり、歴史・グルメ・文化の全てを間近に感じられるおススメのルートです。
メキシコシティ
かつてアステカで知られるメシカ帝国の首都が栄えていた場所です。市の中心部歴史地区と南部のソチミルコのチナンパ地帯はユネスコの世界文化遺産に指定されています。
一日しかない場合には、市内のローカルのレストランや、庶民の食糧庫である市場(メルカド)巡り、ご興味があればメキシコ最大の中央市場もおもしろいです。
「地方に出る時間がない!」という方にも、美味しい地方の郷土料理をお楽しみいただけるのは首都であるメキシコシティの強みです。

詳しくはこちらからお問い合わせ下さいませ。

あなたのメキシコガイドから皆様へ

ガイドからのごあいさつ

皆さん、はじめまして。

メキシコ在住17年目の岩﨑 功(コウ)です。

プライベートでも旅行(貧乏旅行)が大好きで、メキシコの南半分(サカテカスがある緯度より南)とバハカリフォルニア半島、北部の一部の要所にはほぼ全て車で行きました。車で行くとその途中の景色を見たり、おいしそうなものがあれば止まって食べたり、気に入ったところで一泊したりと自由がきくので好きなんです。2019年時点でメキシコ国内で地球10周分(40万キロ以上)運転するほどドライブが好きです。(生涯無事故を継続中)

趣味はダンス(クンビアやサルサ)です。下手な横好きでやり始めたのですが、とにかく好きで、嫌なことがあっても疲れていても悲しくても、テキーラとサルサで友達とバカ騒ぎすれば全て吹っ飛びます。(笑)2018年に結婚しましたが、メキシコ人の妻との出会いのきっかけもダンスでした。車の中ではいつもサルサやクンビアなどノリノリの音楽が掛かるので、妻からも呆れられています。

メキシコに来てから日本酒を好きになりました。利き酒師のライセンスも取り、テキーラとも絡めてメキシコの人に日本酒について説明するのも好きです。

メキシコの社会で、メキシコの人達の価値観の中で一日本人(外国人)として生活し、メキシコ国内40万キロ以上を旅してきて、「これぞメキシコ!」と言える所以なるもの、言葉では説明できない飾らない人間的で、人を幸せに、そして元気にするメキシコの素朴さに惚れました。それが「メキシコの素顔」だと信じてやまず、束の間でも日本の皆様にも五感で触れていただきたいと思いこの事業を立ち上げました。たくさんの方々に「メキシコを“知る前”の自分と“知った後”の自分はまるで別人」と感じていただくことが本望です。

ザックリとこんな人

性格・人物像:優しい、普段は物静かであるが好きな事には情熱的、負けず嫌い、世話好き、口下手だが話し好き、思考回路が単純、超オープン

あだ名:人間GPS (メキシコ各地を運転しているので出発前に地図を見れば、ナビが無くても大体どこでもたどり着ける=ある意味特技)、人間サイボーグ(妻と元上司曰くいくら出かけても疲れないので)

好きなもの:自然と文化と人

感銘を受けた本:植村直己さんの「青春を山に賭けて」

座右の銘:Vivir mi vida、明日は明日の風は吹かないかもしれない、生涯現役

好きな音楽:サルサ、クンビア、バチャタ、レゲトン、ランチェラ(マリアチ)、一部ロック

好きな食べ物:寿司、刺身、ラーメン、カレー、ポソレ、モレ、マス料理、チーズ

好きなアルコール:ビール、メスカル(テキーラ)、日本酒

好きなこと:本音、ダンス、食べること&飲むこと、ドライブ、家族と旅行、写真、ランニング、登山、メキシコ案内

嫌いなこと:建前、集団生活と集団行動、忖度、じっとしていること

好きな動物:ネコ、ウサギ、一部のイヌ

これだけは無理:ヘビ

今までに行った国:メキシコ、キューバ、アメリカ、カナダ、グアテマラ、ホンジュラス、パナマ、ペルー、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、シンガポール、マレーシア、ベトナム、インドネシア

死ぬ前に行きたいところ・したいこと:ヒマラヤをハイキング(山には登らなくても)、オーロラを見る、中東旅行(安全になりますように)、もし娘ができたら一緒にダンスをする

経歴

1982年 静岡県掛川市生まれ

1995年 長野県売木村「山村留学」2年

1998年 浜松商業高等学校入学

2001年 日本大学商学部入学

2004-05年 カナダで生活

2005年 メキシコに観光で1ヵ月滞在

2005-06年 日本の工場で資金集め

2006年 メキシコに移住

2007年 貿易会社入社・08年に倒産

2009年 日系貿易会社で営業

2018年 結婚・観光事業開始

2019年 脱サラ⇒現職

2020年 ライフコーチ事業開始
≫≫ラテン式人生のリバイバルコーチング

2022年 家庭では父になり主夫になる

必ず24時間以内に返答を差し上げます。(平均返信時間約2時間)

お問い合わせはこちらから

 

 ホーム選ばれる理由サービスと料金ライドシェアサービスの流れと注意点お客様の声観光ルート例メキシコ発【キオテ通信】あなたのガイド紹介メキシコで登山ビジネス総合サポート安全への取り組みお問い合わせ