なぜ遺跡の年代が解るのか・前編

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

なぜ遺跡の年代が解るのか・前編

☝メソアメリカの母なる文化、オルメカ文化のラ・ヴェンタ(La Venta・紀元前1200~前400年頃)遺跡で発掘されたお供え品とみられる遺物。

 

メキシコに興味を満ち始めてくると、

必ず目に付くのが「~~~年」

という時間の概念。

 

テオティワカンは「~年に栄えた遺跡!」

チチェンイッツァは「~年!」

ウクスマル(ウシュマル)は「~年の古代都市!」

なんて説明されますね、大概の場合。

 

マヤやサポテカ文化には「文字」が使われていました。

石碑も見つかっています。

 

もちろんそれらの遺物から解明されることも多いでしょう。

でもそれだけでは不十分です。

 

しかも、

それ以外の文化では、

文字という文字は発見されていません。

 

でもどこの「遺跡」にいっても、

必ず~年という表示があります。

 

「当時の歴史書もないのに、

どうやって年代が解るのか」

 

って思われたことありますよね?

 

物理学に明るい方でしたらご存知だと思いますが、

僕みたいに疎いと、(苦笑)

チンプンカンプンです~。

 

考古学って“歴史”って思われていらっしゃる方も多いと思いますが、

厳密に言うと、

「人間の社会や進化を研究する社会科学」

と定義づけられています。

(☝メキシコでは)

 

歴史も科学ですが、

こちらは、社会の出来事の「記録」に特化した科学ですね。

メキシコの場合は、

スペイン人がメソアメリカ(今のメキシコ)に入植し、

スペイン語による「記録」が始まった1521年以降を、

「メキシコ史=ヒストリー」、

それ以前を「考古学=アーキオロジー」として分けています。

 

☝狭義にはです。広義には、メソアメリカも含めてメキシコ史です。

 

サイエンスです。

 

“ピラミッド”や、

“遺跡”を見て、

想像で年代を決めているわじゃないんです、もちろん。

 

てことは、

「科学的根拠」が必要になります。

 

科学に基づく裏付けがなければ、

考古学は科学として成り立ちませんから。

 

そこで用いられるものが、

「放射性炭素年代測定」

というもの。

 

なんかもう、

目が点になってしまうような難解な言葉ですね。

 

僕はいまでも目が点になっています。(汗笑)

 

この科学的測定方法を使うと、

テオティワカンの案内板に書いてある、

「~年」という情報が得られるわけです。

 

で、これなんなのかっていう話なんですが、

先に答えを書いてしまうと・・・

 

「自然の時計」

 

です。

 

体温計みたいに、

試料に差し込んで、

「おっ、これは1000前だね。」

「えっ、でもこっちは3300年前!」

なんてできたら、

どんなに興味深いでしょう!(笑)

 

自然の時計といったって、

日時計も自然の時計。

 

自然界には、

何千年、

何万年、

何億年という時間が経過しようが、

変わらない一定の法則を有する自然現象があります。

 

太陽や星座の動きもそうですが、

公転周期だってそうです。

これにより、

毎年殆ど決まった時期に春夏秋冬がきます。

 

考古学では「炭素」がもつ性質を使います。

 

炭素って・・・炭?(苦笑)

 

次回説明します~

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ