【メキシコのお札の人物1】ミゲル・イダルゴはなぜ重要人物なのか。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

「お札に載っている人について知りたい!」

というご要望を頂きましたので、

これから何回かに分けてお伝えしますね。

 

このような交流大歓迎です!!(嬉!)

みなさんも、

素朴な疑問などありましたら

何でも聞いてくださいネ~

 

先ずはミゲル・イダルゴさん。

新200ペソ札とあまり流通していない1000ペソ札に載っている方です。

☝☝☝新200ペソ(左がイダルゴ、右がモレロス)

☝☝☝1000ペソ札

 

Miguel Hidalgoと書きます。

スペイン語ではHは発音しないんです。

 

アメリカ大陸の国々では、

一部を除いて“独立記念日”という記念日があります。

 

日本だと植民地にされた歴史はありませんので、

ちょっとイメージが湧かないカモしれません。

 

日本には「建国記念の日」という祝日がありますが、

お祭り騒ぎにはならないですよね。(苦笑)

粛々と過ごす祝日です。

 

独立とは、

当事国政府の支配を離れて、

独立国家になる事を意味するのですが、

メキシコの場合(他の国はどうなんでしょう)は、

独立運動(戦争)が始まった日を独立記念日としているんです。

 

ミゲル・イダルゴさんは、

この独立運動を最初に呼び掛け、

起点を作った人なのです。

 

極端な話かもしれませんが、

もし、

今から210年前にイダルゴさんが、

独立に向けて動いていなかったら、

もしかしたら、

今頃もメキシコやその他のスペインの植民地はスペインのままだった?

かもしれません。

 

たとえ、

遅かれ早かれ独立する運命にあったとしても、

その後のメキシコや中南米諸国の文化的な部分にも、

“影響”が出ていたかもしれません。

 

いずれにしましても、

イダルゴさんの行動なくして、

現代のメキシコは無かったのです。

 

だ・か・ら、

メキシコで敬られていて、

メキシコ史上、最も重要な人達の一人とされているんです。

 

とはいっても、

今まで知りえなかった海の向こう側のメキシコの、

しかも200年以上昔の事。

まだいまいちインパクトが伝わらないと思います。

 

ではこれはどうでしょう。

 

日本史上で同じようなインパクトを残した人ですと、、、

維新の五大偉人の一人、

岩倉具視でしょうか。

時代は1867年、

イダルゴさんがメキシコの独立の立役者となった57年後です。

岩倉具視が小御所会議で、

山内容堂の一言に反論していなければ、

討幕新政には向かず公武一体に向かって進んでいたことでしょう。

 

明治維新と植民地の独立は全く性質が異なるものではありますが、

独立を経験していない日本の史上で例えるとすると、

遅かれ早かれ幕府が終焉を迎え、

ヨーロッパ文化に国を開く時代が到来したとしても、

もし、

岩倉具視の反論が成されなければ、

経験豊富な徳川家による治世は続き、

その後の日本の状況は違ったものになっていたことでしょう。

 

上記のやり取りがあった小御所会議は京都御所でしたが、

大政奉還諮問が行われた場が二条城ですね。

あの大広間を間近で見られることが、

二条城に行く意味の一つであるのと同じように、

ドローレス・イダルゴ村の中心部の教会に行く事は、

それと同等のインパクトがある事なのです。

 

歴史の転換地。

☝☝☝ココです(岩﨑撮影)

☝☝☝プレートがあります(岩﨑撮影)

☝☝☝教会前の広場にはイダルゴ神父の像があります(岩﨑撮影)

 

「メキシコ行ったことある!」

という人でも、

残念ながら、

ココに行った事がある人は限りなく少ないと思いますね・・・

 

そのような具合に、

ドローレス・イダルゴの教会と、

そこの牧師であったミゲル・イダルゴは

メキシコの歴史を急展開させるきっかけを作った場所でありなのです。

 

ドローレス・イダルゴ村は、

有名で人気が高いグアナファトやサンミゲルからも近いですよ~。(笑)

☝☝☝ココです(グーグルマップ)

 

過度に手入れをしてしまっているサンミゲルのようなキ・レ・イな街並はないですが、(苦笑)

210年前のその日を想像しながら、

その現場に立ってみるのも、

メキシコを知るという意味では、

とっても価値があることなのです。

 

ドローレス・イダルゴ村には、

このイダルゴ神父の家が博物館として残されています。

☝☝☝イダルゴさんの書斎(岩﨑撮影)

☝☝☝寝室(岩﨑撮影)

 

僕にお任せ頂ければ、

グアナファト、サンミゲルに行くついでにでもお連れする事ができます。

もちろん追加料金ナシですよ!(笑)

 

メキシコをより深く知りたい方、

行くべきです。

 

次回はイダルゴさんがしたこと、

を書きます。

お楽しみに~(笑)

 

サムネイル画像:

https://mnh.inah.gob.mx/huellas-de-miguel-hidalgo-en-el-castillo-de-chapultepec

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ