メキシコのパン、ココルの話。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

メキシコのパン、ココルの話。

メキシコのパンについて、

僕がもつ率直な感想は、

食パン=マズい、

菓子パン=甘すぎる、

で、

あんまり好んで食べないんです。(苦笑)

 

今でも、

きっと薬品たっぷりのフアフアした、

ホンノリ甘みがある日本の食パンを思い出すと、

正直、

こちらのパンはあまり好きになれないんです。

 

菓子パンは菓子パンで、

砂糖、チョコレート、クリームと、

とにかく甘いのなんの。

甘くないピザパンも、

たまぁにあったりしますが、

9割以上は甘い系のパンです。

日本のカレーパンなど、

最高にウマいのに・・・(笑)

 

そんなメキシコのパンをあまり好まない僕ですが、

実は幾つか好きなパンがあるんです。

 

毎週火曜が、

我が家の買い出しの日で、

近くのティアングィス(市場)に行くのですが、

そこでほぼ必ず買うのがこのパン。

 

ココル(Cocol)と言います。

巷のパン屋の、

ギトギトに砂糖やクリームが入った、

見るからに甘そうな感じなど少しもありません。

とても質素なパンです。

しかもその形も丸っこく、

なんとなく、

「うまそう」

と感じさせられます。

(☝僕にはデス)

 

で、

これどこに売られているのかというとですね、

大型スーパーやチェーン店ではまず見ないです。

大体あるのが地元の市場ですね。

 

お客さんと市場巡りをする時も、

ココルを召し上がって頂きます。

 

このココルの何が好きなのかというと、

その質素さ。

市販の食パンのようにマズくなく、

菓子パンのように甘ったるくなく、

丁度いい甘さがと雑味がない点ですね。

 

そんなココルを挽きたて淹れたてのコーヒー、

またはカフェ・デ・オジャで食べるのが最高に好きなんです。(笑)

 

ココルの歴史自体は、

タマルやポソレなどの他のメキシコ料理よりは浅く、

スペイン人がメソアメリカの地にやってきた以降になります。

 

なぜならば、

当時アメリカ大陸には小麦がなかったから。

小麦はヨーロッパ人によって、

アメリカ大陸にもたらされました。

 

ココルはCocolと書きます。

これもナワトル語が語源でして、

Cocolliから来ているとされています。

意味は「衝撃」。

 

「???」

 

なんで衝撃なのかはまた調べておきます。(謝)

 

なんで独特な味がするのかというと、

材料に黒糖(ピロンシジョと言います)と

香料の一つであるアニスが入っている為です。

 

特に黒糖が丁度いい具合の甘さにきいていて、

これがコーヒーとよく合うんですぇ。

あとはアトレとも合いますヨ。(笑)

 

てなわけで、

市場に出向かれた際にはぜひ、

ココルを召し上がってみて下さい~。(笑)

☝これはココルではないです(笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ