コロンブスはアメリカ大陸を発見していない。

メキシコ在住16年目、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

いつかまた戻ってきたくなるメキシコ旅行を提供しています、

公認日本語ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

今日も呑気にメキシコから書いています~

 

コロンブスはアメリカ大陸を発見していない。

歴史って見る位置によって簡単に変わるんです。

 

注:歴史にお詳しい方も多いと存じますが、敢えて書いております。

 

ある出来事、

ココでは「コロンブスのアメリカ大陸発見

というイベントをみる時、

スペイン側から見るのか、

メソアメリカ側から見るのか、

はたまた北欧側から見るかによって、

答えが変わって来るのです。

☝☝☝スペインのサンタ・マリア・デ・グアダルーペ修道院
ココで1492にコロンブスがアメリカに向けて出発する前に、
カスティジャ王国女王のイサベルとコロンブスが面会し、
コロンブスへの支援を表明した場所。
この修道院は、
まだアラブ人に占領されていたエクストゥレマドゥラ地方に、
マリアさん、ではなくてグアダルーペさんが現れたと言われる場所に建てられました。
アラブ人から取り戻して以降、
レコンキスタ(国土回復)の象徴とされ、
それがメキシコにも持ち込まれ、
「褐色の聖母グアダルーペ像」
がつくられました。
ちなみにこの修道院の元祖マリアじゃなくてグアダルーペ像は黒です。
☟☟☟

 

今我々が住んでいる世界や文化って、

その土地の歴史の結晶です。

 

いきなり今日から、

日本という国や日本食やお祭りなどの日本文化ができたのではなく、

古くは何千年、

もしかしたら何万年という、

古事記や日本書紀などの史書が

奈良時代にできるよりも遥かに前から、

現在の日本の礎となる“生”があったわけですね。

 

聖徳太子が蘇我馬子と編纂されたされる国記や天皇記が、

乙巳の変後の蝦夷の自宅で焼けてしまったのは残念ですが、

もしそれらが残っていれば、

現在の日本史もより詳しいところも分かっていたことでしょう。

 

メソアメリカはどうかと言うと、

そもそも文字で記した史書のようなものがないんです。

マヤ文化は少し違いますが、

日本書紀は、

シナ人など外国人に見せても分かる様にという意図も感じられる程、

堂々たる漢文で書かれましたが、

メソアメリカにはそのように文字で書かれたものがないんです。

メキシコの考古学者たちが頼りにしているのは、

絵文書であったり、

都市跡(遺跡)に見られる彫刻からの“推測”であったり、

スペイン人の渡来後、

スペイン人修道士が当時の住民たちから聞いたものをスペイン語に訳したものです。

 

有名なのはベルナルディノ・デ・サグン(Bernardino de Sahagún)の、

フロレンティーノ史書などです。

 

そこで違和感が湧いてくるのは、

「1492年のコロンブスによるアメリカ大陸の発見」

という文言。

 

「発見」とは、

あくまでもスペイン人にとっての「発見」であって、

アメリカ大陸には既にメソアメリカという文明が広がり、

高度な文化や社会を形成していました。

 

メソアメリカの人々は1492年の何千年も前から、

アメリカ大陸に住んでいたんです。

 

有名なテオティワカンだって、

紀元前200年頃から都市建設が始まっていました。

アメリカ大陸最初の文化オルメカなんて、

テオティワカンの1000年以上前です。

 

という事で、

アメリカ大陸はコロンブスによって

「発見されていない」

です。

 

では、

「1492年にコロンブスがヨーロッパ人として初めてアメリカ大陸に到着した」

はどうか。

近年の研究によるとこれも怪しいようです。

 

8世紀ぐらいに、

北欧の人達がイギリスやフランス沿岸、バルト海、

遠くは東ローマ帝国の首都コンスタンティノープル(現在のトルコのイスタンブール)などと貿易をしていました。

彼らの呼び名はバイキング

バイキングは北極圏のアイスランドにも入植し、

主に牧畜などで生活していて、

スカンジナビア半島にも頻繁に行き来していたようです。

一方で中には遭難する船も稀にあったようで、

その一部が西に流れグリーンランドを“発見”します。

986年にグリーンランドへの入植が本格化し、

その後更に西へと探検を進め、

最終的にカナダのニューファンドランド島の最北端に到着しました。

ココに製鉄場(鍛冶屋という?)の跡や、

バイキング圏で使われる糸車が発見されていることから、

バイキングがこのアメリカの地に1000年ぐらいに到達していた可能性が高いのです。

 

この頃アメリカ大陸北部にいた民族は、

製鉄技術を持っていませんでした。

 

メソアメリカでは、

オアハカのミステカ文化と、

ミチョアカンのプレペチャ文化では、

錬金術をもっていました。

 

ということは、

コロンブスの“発見”と言われる1492年より、

500年近くも早い段階で、

バイキングがアメリカ大陸に既に到達していた可能性が高いんです。

 

歴史は勝者によって書かれるので、

当時世界最強であったスペイン人が

自分達の都合のように歴史を書いて広めたとしても

何ら不思議ではありませんね。

 

スペイン人が都合のいい様に語るのは、

ある意味仕方がない部分もあるかもしれませんが、

第三者である他国の人達が、

学校の教科書や“一般論”として語られる歴史を鵜呑みにせず、

一度その周辺の出来事を踏まえて考えていく必要があるように思います~。

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
ラインQRコードでもどうぞ☟

必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。