「母の日」、メキシコの母たちは特に特別なようです!?(祝!)

ロゴ,メキシコ,観光,ツアー,ガイド

 

成田から直行便でたったの12時間、2022年の海外旅行、メキシコ観光は弊社におまかせください。

メキシコ在住17年目のメキシコガイド兼ドライバーが、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

メキシコの数々の遺跡からグルメ、地方の見所、そしてメキシコの雄大な山まで、

尽きる事のないメキシコの魅力をお得にご案内しております!

 

育児期間中につき、

投稿が断続的になっております~。

落ち着きましたらほぼ毎日投稿に戻します。

 

「メキシコの母」、特別です。

 

フアンガ(フアン・ガブリエル)の「Ya lo sé que tú te vas」でどうぞ~

 

「母」への特別な想い。

5月10日と言えば、

はい、母の日でございます。

スペイン語では「Día de las madres」といいます。

 

「といえば」ということは、

毎年同じ日5月10日が母の日なんです、ここメキシコは。

 

アメリカや日本は5月の第2日曜日?となっていて、

毎年日付が変わるようですが、

ここメキシコは毎年固定されています。

 

ちなみに・・・

国連では6月1日が「世界母の日」としているようですよ。

 

「母」の存在て特別ですよねぇ~。

もちろん「父」も大事なんですが、(苦笑)

「母」は別格です。

僕は自分をマザコンと自称しているんですが、(苦笑)

それでも21で外国に出てから「会った」のは、

数えることが出来る数だけ。

それだけに母への想いというのは、

日に日に特別になっていく感じがしております。

 

母への想いって、

国に関わらず、

どこの誰だって、

特別な事情が無いかぎりは強いものだと思います。

 

とりわけメキシコの母への想いは大きい?

一方でですね、

メキシコを特別扱いするわけじゃないですが、

ことメキシコに関しては、

その母への愛が数倍強い!?ような気がしています。(笑)

こんなこと言うとまた「海外論者」なんて揶揄されそうですが、

まぁ、海外に住んでいるので何を言っても「海外論者」ですからね。(苦笑)

 

なんで僕がそんなことを言えるのかというと・・・

日常会話でやたら「madre=母」という単語を使うんです。

 

とりわけ・・・

相手を侮辱するとき。(苦笑)

 

母への侮辱は最高の侮辱行為として、

「これを言ったら終わり」という罵り言葉がいくつかあります。(苦笑)

ココでは書きませんが。(笑)

 

運転中や道で喧嘩している人たちをたまに見かけますが、

もしそういう喧嘩に遭遇したら何回「madre」が出て来るか数えてみてください。(苦笑)

お互いに相手の「madre=母」を侮辱しまくっています。

 

いろんな場面で「母」が登場します。

あと、

侮辱行為でなくても、

「madre=母」は、

メキシコの人達の日常会話に多数登場します。

(インフォーマルな会話ですので、仕事のミーティングなどではmadreは使わないでください・苦笑)

 

誰かに悪い状況を聞かされ、

「マジ最悪だね・・・」とあきれそうなとき、

「Que poca madre…」

 

「ぜんぜん知らなかった・・・」というとき、

「No me enteré ni madres」

 

あと良く分からないんですが、

madreを動詞化して、

なぜか「てめぇ、ぶん殴るぞ」を

「Te voy a madrear」

または

「Te voy a romper tu madre」

ともいいます。(苦笑)

 

あとは、

「もうくたくた・・・」というとき、

「Estoy madreado」といいます。(苦笑)

「madre=母」との関係は良く分かりません。(苦笑)

 

たぶん他のスペイン語圏では言わないと思います

他のスペイン語圏の方、

教えてくださ~い。

 

この辺のスラングが分かって使えてくると、

いよいよスペイン語上級者の仲間入りです。(笑)

何とかスペイン語検定よりも、

こういう普段の会話を理解する方がよっぽど困難。(苦笑)

 

パーティーや日常会話、

インフォーマルな場では、

もちろん人にもよりますが、

madreを使ったスラングが飛び交います。

(少なくてもメキシコでは)

 

そんな、

madre=母に特別な重要性を置いて?

メキシコのスペイン語(インフォーマルな)は成り立っているのです。

 

メキシコの「母の日」。

で、(苦笑)

肝心の「母の日」の話題。

タイトル回収が最後になっちゃいましたが、

この文化はメキシコ生まれじゃないようです。

しかも、

その歴史も浅く、

ちょうど、

100年前の今日、

1922年の5月10日にですね、

メキシコで初めて「母の日」が祝われたそうです。

べつにそこに深い出来事はなく、

どうもプエブラ州のラファエルさんというジャーナリストが、

アメリカですでに行われていた習慣をメキシコでも広めようと、

同年4月13日にその記事を書いたとか。

 

で、

この日に何をするのかというと、

仕事を半日で上がる人、

ワザワザ休む人というのも多く、

だいたいランチを一緒に食べたりします。

夕食でもいいんですが。

花やプレゼントなど、

お母さんが喜ぶ品々をプレゼントします。

この日は一年で最もレストランが賑わう日ともなっています。

 

僕の妻は初めて「madre=母」になったので、(笑)

これから家族3人でお祝いに行ってきます~

 

てなわけで、

また後日。

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

一番下に関連記事が表示されるようになりました~
画面を一番下までスクロール~
👇👇👇👇👇👇

 

【お一人のお客様同士のライドシェア】

お得なキオテのライドシェア詳細はこちら

 

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

 

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
友達追加はこちら☟
Add friend
必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。
また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。
その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。

【人生のリバイバルコーチング事業】
私岩﨑はICF(インターナショナル・コーチング・フェデレーション)認定、
ライフコーチング業も営んでいます。
皆さんが一度限りの人生、
限りある人生を有意義に生きられるようお手伝いさせて頂きます。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ラテン人生のリバイバルコーチング事業はこちら