標高2240mで8ヵ月ぶりに走ってみた。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

標高2240mで8ヵ月ぶりに走ってみた。

☝ランニング用にタータンが敷かれています。

 

富士山の5合目、富士宮口が2400mです。

それよりも少し下の標高ですね。

 

コロナが始まった3月下旬頃から、

ランニングというランニングをしていませんでした。(苦笑)

 

僕はこれでも一応体育会系でやってきた人間なんです。

最後まで体育会系のゴリゴリ感には馴染めず終いでしたが、(笑)

小さい頃から運動だけは好きでした。

 

小学校では短・長距離とも、

運動会や陸上大会では大体一番とっていましたし、

地元の少年サッカーでもレギュラー、

中学の軟式テニスでも決勝まで行ったり、

高校の軟式テニスでも東海大会に出たり、

大学では何故かそれまでとは全然畑違いの競技スキー部に入っていました。(苦笑)

 

何が言いたいのかというと、

僕のこれまでの人生の中で切っても切れないのが「スポーツ」ということ。

 

イロイロやってきた中でも一番長く続いているのは

「走る事」

なんです。

 

なぜかって?

 

おカネが掛からず、どこでもできるから。(笑)

 

これ、

ホントに助かるんです。

 

だって、

シューズなんてアウトレットで3000円ぐらい出せば、

もつものは5年ぐらい持ちますし、

ウェアなんか半永久的に使えます。

少なくても今使っているのはもう7年目です。(苦笑)

 

あとは、

前職では出張ばかりしていましたので、

行く先々で、

どこに居ても夜な夜なできるスポーツと言えばランニング。

しかも数年に一度買い替えるシューズ以外、

コストが全く掛からない!

クラブ内の面倒な人間関係もゼロ!(笑笑)

 

てなわけで、

自分のライフスタイルに100%合致したスポーツ、

それがランニングなのです。

 

ランニングって、

どんなスポーツをするにしても基礎中の基礎の動きです。

そして、

日常生活を営むうえで不可欠な基礎体力。

これもランニングから得られます。

 

そんな、

僕の生活にとって不可欠と言ってもいいランニングを、

この8ヵ月、

していなかったのです。(涙)

 

まぁ、

ウチの嫁から止められていたのもあるんですが、(苦笑)

それにしてもブランクが長すぎた。。。

 

筋トレはしていたものの、

継続的な運動をする事で、

体の節々がギーギーと軋む感覚ですね。(笑)

そんな弱り切った体を傷めないように、

ゆぅ~っくり慣れさせていきます。

 

拙宅近くの公園は一周1キロ弱の周回コースがあります。

起伏も若干ながらあって、

ジョギングするには便利な場所なのでよく利用しています(した)。

 

そんな公園も、

まだ子供用の遊具がある場所は閉鎖されたまま。

園内も最低限のゴミの収集はされてきたようですが、

コロナ以前のように、

園内を満遍なく整備するにはまだ至っていないようでした。

その為コンクリートの走路は、

☟こんな風に“土砂”で埋もれていて、(苦笑)

逆に走り心地が良かったです。(笑)

メキシコのオタクになりかけている僕は、

こんな様子を見ると、

「8ヵ月も整備しないと、

こんなに土砂に埋もれるんだなぁ。

数百年、数千年前の“遺跡”も、

こんな風に土に埋もれて行ったんだろうな」

と妙に感慨深げになるのでした。(苦笑)

 

30分ぐらい、

1キロ8分ぐらいの超スローペースのジョグでしたが、

とっても爽やかな時間でした。

 

これから可能な限り、

しばらくは毎日やって、

なまり切った体を解していこうと思います。

☝そんな人間界の事情なんて知ったこっちゃないというリスくん。

 

運動特に有酸素運動はスキ・キライの以前に、

やった方が得することが多いんですね。

走るのはちょっと・・・という方も、

早めのウォーキングでも良いんです。

 

怒った時など負の感情に包まれているとき、

集中できない時は、

今やっている事を止めて出歩きましょう。

歩く・走る事によって、

負の意識を「行動」に向けるんです。

瞑想で呼吸に意識を向けるのと同じ原理です。

そうすると、

怒りなどの負の感情は、

自ずと自分の精神から乖離していくのです。

 

ココロにご興味がある方、

「反応しない練習」

を読んで見てください。(笑)

 

では今日はこの辺で。

 

では~

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ