メキシコ経済の7%担う“小さな巨人達”

先日ちょっと書きました零細小売店の話の続きです。

 

メキシコにはTiendita(ティエンディタ)という小売店が、

なんと120万店

もあるという話でしたね。

Tienditaは、

Tienda(ティエンダ=店)というスペイン語の単語から来ていて、

語尾にITAを付けて意味合いを小さくしています。

つまり普通の“店”よりも、

“さらに小さい”店なんです。

普通の店というのは、

日本の例に例えるならば、

コンビニとか、

街の魚やさんとか、

雑貨やとか。

Tiennditaですと、

おばあちゃんがやっているような駄菓子屋さん、

というところでしょうか。

僕が子供の頃は、

お小遣いの100円玉を握りしめて、

うまい棒を10本とか、(苦笑笑)

買っていました。

 

呼び方もいろいろあって、

Tienda de abarrotes(ティエンダ・デ・アバロテス)、

Miscelaneas(ミセラネアス)、

Esdtanquillo(エスタンキジョ)、

あとはTendero(テンデロ)

なんて言ったりもするんです。

 

昨年の10月の時点でメキシコ全土に約120万店あるわけですが、

分かりやすい数字と比較すると、

日本のセブンイレブンでさえ全国で約2万1000店、

大手4社の合計でも5万4000店弱なのです。

そして、

メキシコのコンビニチェーン最大手のオクソ(OXXO)。

これが全国に18,000店弱あり、

業界ダントツ一位。

2位のセブンイレブンが2,000店、

3位のサークルKがEXTRAを買収後1,200ぐらい。

全店合わせても3万店ぐらいです。

 

それを鑑みると、

いかに名も無きティエンディタが多いかが分かりますね。

首都のメキシコシティだけでも20万店以上ですよ!(笑)

 

この業態、

零細とは言っても甘く見れないのです!

 

GDPの7%を占めるんです。

(出典:La Jornadahttps://www.jornada.com.mx/2019/09/01/economia/018n1eco

メキシコ外貨収入第2位の家族送金の2.5倍

 

メキシコのGDPは日本の約4分の1。

1ドル107円として、

大体128兆円。

その7%は約9兆円!

これを120万店で割ると、

750万円ぐらい。

これが一店の平均年間売上です。

そうすると月に62万円ぐらいの売上で、

30.4日で割ると約2万円。

これが一店の平均日販売です。

ペソ換算で3,300ペソ。

一日平均50人のお客さんが来たとして、

客単価66ペソ(約360円)。

ん~~~どうだろうってとこです。

当然お店にもよりますが、

日にこれぐらい売る店もあれば、

全く届かないお店も地方には多いです。

ということで、

7%はちょっと多い気もしますが、

何れにしてもこれに近い経済効果があるということです。

 

これって、

大手の製菓業者(日本でいうカルビーみたいな)の売り上げの7~8割も占めていて

申告される全国の食品総売上の42%に相当するんです!

 

だから零細だからと言って、

無視できない商売なんですね。(笑)

 

一方で不の方向にも影響力大何です。

お察しの通り、

その95%は非正規のお店で、

納税はもちろん、

納税者登録もしていないのです。

 

ここ25年ぐらいは、

ウォルマートなどの大手のスーパーストアや、

上述の大手コンビニチェーンの出店の加速により、

淘汰されるティエンディタも多いようです。

その割合新規店舗の3割が2年ないしは3年で

廃業してしまうそうです。

一方で、

ティエンディタの強みは、

地域社会に密着していること。

大手コンビニとティエンディタが二つ同じ距離にあれば、

客は必ずティエンディタに行きます。

少しぐらいのおまけや、

おカネが足りない時にはツケで買わせてくれたりします。

そういう関係は大手には絶対できないのですよね。

 

ちょっと長くなりましたが、

いかがでしょう。

このティエンディタは、

いくら大手が台頭してこようとも、

なくなる事はない、

もはや、

メキシコに根付く歴史であり文化なのです!

 

ローカルの経済を助けるという意味でも、

メキシコにいらしたらなるべく

ティエンディタを利用しましょう!