メキシコの国民食“ボリジョ”の話。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

メキシコの国民食“ボリジョ”の話。

☝ボリジョにタマルを挟み込んだグァホロタ

 

先日、

メキシコのパンはいまいち好きになれないという事を書きました。

でも全てのパンでは無くて、

中には美味しいパンもありますよぉという話でした。

☟まだの方はこちら。

【ココル】キオテ通信

 

ココルというパンでした。

カフェ・デ・オジャ(ナベコーヒー)と一緒に食べる

ココルは格別に美味しいですよぉ~

という事を書いた記憶があります。(笑)

 

「パンがメソアメリカからあった」

という記述もあったりしますが、

何をもってパンとするのか。

 

アマランサス(アマラント)は中南米が原産と言われていて、

メソアメリカで人々の日常生活における重要性が増しました。

 

メシカ時代には、

挽いたアマランサスに人間の血を混ぜ、

人形に仕立てました。

これをツォアリ(Tzoalli)と呼んでいて、

年末の行事で火の神ヒウテクトゥリに捧げられ、

その後それを食べていたそうです。

 

これを「パン」とする意見もありますが、

これはいわゆるパンではないですよね。

宗教的儀式で使っていたもので、

日常食用ではありません。

しかも材料は小麦粉ではなかった。

 

メキシコでパンが作られ始めた時期については諸説あり、

ハッキリ証明できる記録はないんです。

 

一説によると、

メシカ帝国を征服したスペイン人の大将エルナン・コルテスが連れて来た、

アフリカ系奴隷の一人が、

お米の袋の中に3粒の麦を見つけ、

それを植えたらしいんです。

その内一つが発芽し、

そこから小麦、

そしてパンがつくられ始めたという説。

 

もう一つは、

オーストリア人皇帝がメキシコにいた時代、

1864年にメキシコに来たパン職人カミレ・ピロッテ(Camille Pirotte)がグアダラハラに派遣されます。

そこで地元住民に家具や製パン技術を教えるよう、

政府から通達あり、

パン製造に取り掛かります。

 

その一方で、

発酵に欠かせないイーストが足らず困り果てていました。

そこで生地をしばらく放っておいたらしいんですね。

すると腐りかける手前で上手くパンができたとういうのです。

 

それがこのボリジョ(Bolilloというパン。

☟コレ

 

方法が見つかるまでは試行錯誤で大変だったようですが、

その後は「簡単に出来て安い」が評判になり、

瞬く間に全国に広まります。

 

ボリジョが“発明”された土地グアダラハラでは、

トルタ・アオガダ(Torta ahogada)という“名物”ができます。

☟コレ。(写真はネットから拝借)

 

このボリジョ、

パン屋では2ペソぐらい(10円ちょっと)で売っています。

 

僕がメキシコに来たばかりの時、

まだ仕事がなく節約の日々だった当時(2006年-2007年)は、

このボリジョは1ペソ(5円ぐらい)でした。

安くて結構大きいので、

これをリュックに詰め、

よく昼ごはんに食べていたものです。(苦笑)

 

このパンは使い勝手が良く、

いろんな形で使えます。

 

レストランにはよく、

輪切りにしたものが置かれていて、

料理が出て来るまでそれとコーヒーで待ちます。

 

あとは軽食として、

モジェテというものがあり、

半分ないしは輪切りにしたものの上に、

豆のペーストやチーズ、

トマト、玉ねぎなどを乗せたものがあります。

☟コレ

 

あとは、

メキシコシティ発祥と言われる

グァホロタ

ボリジョにタマルを詰め込むものです。

☟これです。

 

普通のトルタにしたり、

いろんな形で今日のメキシコの人達の胃袋を満たしています。

 

ヨーロッパのパン職人が発明しただけに、

フランスパンに似ています。

外が固く中が柔らかいのが特徴です。

 

拙宅近くに、

レストラン用にこのボリジョを作る小さな工場があるのですが、

前を通るとスゴク良い香りがするんです!

夜通し作って、

早朝に焼きたてのボリジョをレストランに運びます。

 

たかがボリジョ、されどボリジョ。

たった一つの国民食的パンの裏にも歴史はあります。

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ