メキシコに住みたい人へ。

メキシコ在住16年目、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

いつかまた戻ってきたくなるメキシコ旅行を提供しています、

公認日本語ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

今日も呑気にメキシコから書いています~

 

 

 

 

 

 

 

☝☝☝僕の16年来のメキシコの仲間たち

 

今タスコの来ています。

これから3時間弱かけてプエブラです。

 

メキシコ暑いですね〜。

午前中から30度超えています。(汗)

 

多分、前にも一度書いています、この話題。

 

たまにこのようなお問合せを頂く事があります。

「メキシコに移住しようと思っています。相談に乗ってください」

と。

 

もちろんです!

私にできる事なら何でもさせて頂きます!(笑)

留学・移住相談、承ります!

 

もちろん有料で。(笑)

 

メキシコって、

いわゆる欧米の先進国(国連はもう先進国とか途上国という棲み分けしていません)と違ったイメージ?

 

長閑な田舎だったり、

田舎でも街並みが綺麗だったり、

カンクンみたいな超有名リゾートがあったり。

 

そんな場所への移住に憧れる人も多くいらっしゃるようです。

 

そんなわけで、

メキシコへの憧れを持たれる方々へ

ちょっとしたアドバイスをさせて頂きます。

 

一応これでも16年間、

いろんな意味でメキシコに揉まれてきましたので、

人並み以上のアドバイスはできると自負しています。(笑)

 

実は僕は過去にカナダへの移住に憧れていた時期がありました。

その前はなんとなくアメリカに移住願望もあったり。

 

今はと言いますと、そんな願望などは微塵の欠片も残っていません。(笑)

 

それだけメキシコでの暮らしが充実しているからです。

もっと言えば、メキシコを少しだけ知ることができたからです。

 

カナダって、自然あり、街がキレイ、人もある程度良く?(懐)

住むにはホント「いいなぁ~」と思っていました。

21ぐらいの時です。

 

アメリカも「世界で注目されている国で、そんなところで成功したい!」

と意味の分からない願望を持っていたこともあります。(苦笑)

 

てか、

「成功」って何だい?(苦笑)

 

ビジネスで成功?

有名起業に就職のバキバキのキャリアパーソン?

 

今考えれば「なんてアホだったんだ・・・」と(苦笑)

 

アメリカ好きな人には申し訳ないのですが、

詰まるところ、

アメリカって色んな文化の寄せ集めで独自の文化がない

 

これをスペイン語ではチャタラ(Chatarra)な文化”といいます。

ようするにジャンク。(笑)

 

「アメリカの食べ物って?」

と考えて頭に浮かぶのはハンバーガーだったり肉だったり、、、

 

そもそもアメリカ料理っていう概念自体無いじゃないですか。

 

メキシコ料理のタマルとかプルケとかポソレとか、

何百年、ものによっては数千年という歴史を持つ食べ物がない=文化が無い、

残念ですけどやっぱりチャタラとしか言えないんです。

 

話をメキシコへの移住に戻しますと、

外国に住む”ってどういうことか、

考えてみたほうがいいかもしれません。

 

えっ、そんな必要ない!?

それは各々ご自由にどうぞ〜

 

今ではノマドっていう生き方が流行っているようですが、

住むって旅行でサラっと行くだけのものとはちょいと違います。

 

わざわざ“ある意味”豊かでご飯も美味しい日本を出て、

いろいろあるであろうメキシコで住む理由。

 

他人がメディアで勝手に作り上げた商業的イメージだけで、

“憧れ”で行ってしまうと、

後々後悔する、かも?(苦笑)

 

メディアとかいろいろな情報サイトで言われている事って、

結局売れるように甘味料・着色料で商品化された情報なんです。

 

(僕のサイトでは全てホンネで、それ故、時折皆さんにそっぽを向かれてしまいますが・苦笑)

 

でも現実社会はそんなにバラ色ばかりではない。(沈)

 

特にカンクンには、

キレイな海に惹かれて、

しかも失恋も相俟って、、、

ポッカリと心にあいた穴を埋めようと、

癒されようと、

海を渡る日本人女子が多いようです。(現地の人曰く・苦笑)

 

最悪なのは、

メキシコ人のダンディズムにハマり、

結婚資金として貯めていた300万円ぐらいを男につぎ込み、

子供までできてしまい、

そのとたんに“用済み”として“捨てられ”、

カネもなくなり、

と、その悲惨さはもう容易にご想像頂けるでしょう。(苦笑)

 

そうでなくても、

骨を埋める覚悟で行かないと結局数年で飽きてしまって、

結局何も得たものなく、

結局日本へ戻って元の生活へ逆戻り、

という悲惨な?現実が待っています。

 

ではどうしたらメキシコ“移住”が可能になるか。

 

それは現地社会に溶け込む”に尽きます。(笑)

 

 

 

☝☝☝仲間たちと歌って踊っての誕生日会。長い人は知り合って早16年。

 

それには現地の言葉を少しでも覚えて、

現地の食べ物を現地の人のように食べ、

現地の人のように考えて、

現地の人のように振る舞い、

何より踊って楽しむ!(笑)

 

そうして初めてメキシコ社会に馴染むことができ、

メキシコの、その土地の良さが見えてくるのです。

 

もちろん、それって大抵の人にとっては容易な事ではありませんね~。

 

でもそうできるよう、

努力する価値はあると思います〜。

 

100%できなくても溶け込もうと努力するとだんだん楽しさが分かり、

その土地にハマってくるのです。

 

そこまでやる気がないなら、

留学とかバケーションとして、

限られた時間で上辺だけでやり過ごし、

「楽しかった思い出」

に留めておいた方がいいですね、きっと。(笑)

 

一番ダメなのは、

どっちつかずで狭い日本人社会で日本人とだけつるんでダラダラ行ってしまう事

 

溶け込む=相手の文化を理解して受け入れて、

その中で楽しむ

ということ。

 

理解するのが難しければ、受け入れるのはもっと難しいですネ?(笑)

でもそれができる人って必然的にその土地での生活を楽しめ手いるはずです。

 

最後に楽しむ”がないと結構ツラいです。(苦笑)

 

もっと詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください~~~

 

ではでは~

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
ラインQRコードでもどうぞ☟

必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。