豊かさとは。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

「豊かさ」とは。

☝隣の神社の紅葉がきれいです。稲荷神に商売繁盛を祈願してきました。

 

早いもので日本に帰って来て一週間。

 

空港では陰性でしたが、

その後の感染の可能性を考えて、

ちゃんと自主隔離中です。

 

出歩くといったらスーパーの買い出しと、

夜中のランニングの時だけ。

それ以外はずっと部屋に閉じこもっています。(苦笑)

 

いろいろやっていると時間が経つのが早いのですが、

話相手がそばいないことが結構堪えてきています。(泣)

 

毎日嫁とはテレビ電話で話したり、

家族には電話することもあるのですが、

やっぱり違いますネ・・・

 

今まで散々出張していた身なので、

出る時はいろんな意味で気分転換にもなっていたのですが(苦笑)

今回は再会がまだずぅっと先。

 

それがこの“淋しさ”にも繋がっているのかと・・・

 

さてさて、

久々の日本、

毎回帰ってくると

逆カルチャーショックを受けることがあります。

 

もちろん街並みだったり“全自動トイレ”もあるのですが、(笑)

まずは

日本食の量が半端ないこと。

 

はい、当たりまえです。

ココ日本ですから。(笑)

 

でもこれはそうと分かっていても圧倒されてしまうのです。

 

スーパーに買い出しに行くと、

あれもこれもとホイホイとカゴにいれてしまいます。

 

しかもどれも“安く”みえるので、

カゴに放り込む手に拍車が掛かります。(笑)

 

刺身のパックなんか、

300円ぐらいであると、

「えっ、これで300円てことはペソで60ペソ!」

と貧乏ぶり丸出しでウロウロするのです。

 

でもよく考えてみると高いんですねぇ。

メキシコでは1日3食で300円ぐらいで生活していますので、

そう考えると刺身1パック300円てやっぱり僕には“高い”のです。

 

缶ビールだって、

メキシコなら60円ぐらいで飲めるのに、

こちらは2倍ぐらいします。

 

そんなことで、

最初の数日でむさぼるように日本食を食べてしまったので、

またご飯、味噌汁、納豆、漬物、豆腐の質素な生活に戻します。(苦笑)

 

あと変に感じるのが、

異様な「静けさ」です。

 

東京は都会といっても「静か」な感じがします。

特に今いる所は東京でも外れの方なので余計にそう感じますね。

 

みんなルールを守って、

規則正しく、

「淡々と」生活されているからでしょうかねぇ。

 

クラクションもなく、

大音量で音楽を流す事もなく、

大声でべちゃくちゃ話すこともなく、

それが「静か」にさせているのかなと、

勝手に結論付けております。

 

二ヵ国の首都であっても、

「賑やかさ」が違います。

 

僕はメキシコの「賑やかさ」は好きですよ。

逆にそっちの方が好きな感じもします。

 

近年の日本では、

除夜の鐘でさえ「騒音」になってしまうようですね・・・

 

豊かさってよく言われますけれど、

いろんな指標があります。

 

お金があるから豊かだとか、

教育水準が低いから豊かでないとか、

モノが豊富なるから豊かな国だとか、

一概にココは「豊かだ」ということは言えない気がします。

 

メキシコの人は日本は豊かだと言っています。

日本はこれだけ美味しい食べ物がたくさんあり、

ものが安くて沢山あって、

街もトイレもキレイで、

お金もあって、

なんていうイメージです。

 

僕は帰る度に日本の全てを見る事ができる訳ではありませんが、

いつも一つだけ感じることがあるのです。

 

「でもやっぱりメキシコがいいな」と。(苦笑)

 

何がそんなにいいのかというと、

「元気になれる」から。

☝僕にとってはですよ。中にそういう環境に疲れる人もいると思います。

 

理由はよく分かりません。

でも元気でいられるのです。

 

たぶん自然体でいられるからなのでしょう。

必要以上に気を遣わずに生きられるところ。

 

そういったところでは、

メキシコは僕にとってはとても「豊かな場所」なのです。

 

たとえうるさくても、

少しぐらい汚くても、

道路は凸凹でも(苦笑)。

☝日本の道路、穴がない事に驚きます(笑)

 

そんな事を感じた日本での1週間でした~(笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ