オアハカと言っても広いよね、の巻。今プエルト•エスコンディドに来ています。


 

世にある旅行について、

毎日行き当たりばったりにメキシコから好き勝手に書いている、

ゆるすぎるメキシコブログ【キオテ通信】の時間です。

 

メキシコ在住16年目、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

いつかまた戻ってきたくなるメキシコ旅行を提供している、

メキシコ観光省認定日本語ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウで御座います。

 

メキシコの数々の遺跡からグルメ、地方の見所、そしてメキシコの雄大な山まで、

尽きる事のないメキシコの魅力をお得にご案内しております。

 

オアハカと言っても広いよね、の巻。

ここもオアハカ。オアハカ名物トラジュダを食べた来たよ。

 

日本はもう10月最後の日。

メキシコの僕は今プエルトエスコンディド(Puerto escondido)にいます。

 

どこだよソレって感じだと思いますが、(苦笑)

ここでございます👇

 

オアハカも日本のテレビ取り上げられる事が多い?

でそれってだいたいオアハカ中心部とその近郊ですよね。

 

先週はユカタン半島の北端、

カリブ海側の小さな漁村、

ラス•コロラダスというところにいたんですが、

今日は太平洋側です。(笑)

 

ずっと昔に来たこと、

というかバスで通った記憶はあるんですが、

ほとんど初めての場所。

 

メキシコではサーファーの街としても知られています。

 

今日は午前中にガイドの授業があって、

オンラインで参加した後、

午後2時ぐらいに出発。

 

ぶっちゃけナメてました。(汗笑)

 

ここにメキシコシティから陸路でたどり着くには3通りあって、

一つはアカプルコ経由。

 

もう一つは、

オアハカ市を通って

カトリックの聖地一つでもあるフキラ経由、

3つ目もオアハカ市を通ってプエルト•アンヘル経由。

 

まぁ、

たぶん多くの人にとってはどこ経由でもいいから早く目的地に着きたいと思われるのが普通だと思います。(苦笑)

 

どこを通ってもだいたい直行で12時間ぐらい。

でもアカプルコ経由はあんまりよろしくない話もあるので、

僕はオアハカ経由派です。

 

てか、

普通飛行機ですよね。(苦笑)

なんでわざわざ車なんですかい、と。

 

今回の目的はオアハカの商材探しと、

僕がメキシコで10年以上に渡ってお世話になっている方への訪問を兼ねているので、

わざわざ陸路で来ています。

 

その陸路というのがとんでもなく過酷でして(苦笑)

200キロ以上が超グネグネの山道なんです。

山道自体は好きで、途中に寄り道しながら行けるのがいいんです。

がぁ、、、

適正距離っていうのがあって、

あんまり長すぎるのも、

心身ともにダメージが大きい。(疲)

 

もう一個のフキラルートも通ったことがあるんですが、

やっぱりどっちもどっちですねぇ、、、(苦笑)

 

それでも途中いくつか寄れそうな場所があったので、帰り道で寄って見ようと思います。

オアハカの太平洋側はカカオの生産もあるんですね。

確か生産量はタバスコやチアパスに比べれば少ないですが、

その生産地にも寄って見ようかなと。

 

そんなわけで、

今日も短めにこの辺で。

 

ではまた明日〜

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

 

【お一人のお客様同士のライドシェア】

お得なキオテのライドシェア詳細はこちら

 

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

 

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
友達追加はこちら☟
Add friend
必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。
また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。
その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。

【人生のリバイバルコーチング事業】
私岩﨑はICF(インターナショナル・コーチング・フェデレーション)認定、
ライフコーチング業も営んでいます。
皆さんが一度限りの人生、
限りある人生を有意義に生きられるようお手伝いさせて頂きます。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ラテン人生のリバイバルコーチング事業はこちら