メキシコってこんなところ・前編

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

メキシコってこんなところ・前編

今日も割と最近僕のページを見つけて頂いた方々向けの内容です。

 

長い方はもう昨年の2月に始めた頃から

ず~~~っと読んで頂いていて、

そうでなくてもかなりの方々が

昨年の上半期からず~~~っとお付き合い頂いているんです。

 

これって、

かなり予想外の嬉しい展開でして、(喜!)

「キオテ通信」始めてよかったなぁ

と感じる理由の一つなのです。

 

ぶっちゃけ、

フェイスブックって、

広告としてはあまり期待していなかった部分が大きく、

「SNS時代だし、少しはフォロワーを付けて、

並みに営業していると思われればいいわ〜」

ぐらいに思っていたんです。

 

実際は。(苦笑)

 

最初の数カ月は鳴かず飛ばずで、

頑張って書いてもイイね1個とか2個だったんです。(寒)

まぁこれは想定内でしたけれど。

もちろんサイトへのアクセス数も少なく、

頂くメッセージもほぼほぼゼロでした。

 

そんな状態が2、3ヵ月続いて少しずつフォロー頂く方の数も増え始め、

反応(エンゲージメント)頂く回数も上がって行ったんです、

(☝いいねとコメント以外の表に出ないアクションも含めて)

 

それで徐々に

「コロナ終わったらお願いします!」

と仰って頂ける回数も増え、

特にこのコロナ禍には多くの方々にご贔屓にして頂いております。

 

改めてお礼申し上げます。

 

その一方で、

最近僕のメキシコ生通信「キオテ通信」に加わって頂いた方々にはまだ、

僕が何者で何をしているとか、

メキシコってどんな所だとか、

全く知らない方も多いと存じます。

 

ですので、

昨日の「僕が皆さんにできる事」然り、

今日の「メキシコってどんなところ」然り、

ザックリと僕のこと、メキシコの事を知って頂こうという趣旨で

このような記事を書く事にしたわけです。

 

この日刊「キオテ通信」ですが、

今まで頭の片隅にもなかった

「メキシコ」という国を知ってもらいたい

あとは「勘違いされている」メキシコという国について、

誤解を解きたいという目的があります。

 

お客さんにメキシコの素顔を体験して頂き、

いわゆる普通の旅行よりも

「1000倍感動してもらいたい」

というのもあります。

 

あとは、

僕のマーケティング手法だったり、

トライ&エラー方式で、

誠に勝手ながら、

日本のお客様への説明の仕方などを試させて頂いています。

この辺は僕の個人的な事なので割愛しますネ。(苦笑)

 

そんなわけで、

いろんな理由があって1年に渡って休まず発信してきました

この日刊「キオテ通信」

 

で、

「なんで今更メキシコなんですかぃ」

と思われる方も多いと思います。

 

だって、

世界に名だたる数々の観光地なんて沢山あるじゃないですか。

それに比べたら、

メキシコ“な・ん・て”メディアのせいもあり、

日本の方々には誤解により敬遠されている、

または知られていない部分が多いんです。

 

そんなメキシコをなんで僕がおススメしているのかというと、

一言で言えば、

 

「元気になれるから」(笑)

 

はい、

元気といってもいろいろあり曖昧ですね~。

 

いろんな意味で、

「自然な自分になれる

のです。

☝少なくても僕はそうです。

 

☝これも個人差あると思いますが。

 

後先考えず、

過大でも過小でもなく、

ありのままの現実を感じられる場所。

 

☝えっ作り話っぽい!?

満更そうでもないカモですよ。(笑)

 

☝僕が証人です。(笑)

だって、そう感じなかったら、

面倒なガイド学校行ってまで公認ガイドになっていません。

1年どころか3日で日刊キオテ通信を止めていたでしょう。

 

そんな素朴なメキシコを世界に発信したい

というのが僕の野望なんです。(笑)

 

じゃあ、

もう少し具体的にメキシコってどんなところなのかっていうと・・・

 

また明日~

 

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

 

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟

どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
ラインQRコードでもどうぞ☟

必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。