世界五大文明の一つ、メソアメリカってなに?

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

プロのメキシコ旅行ガイド兼ドライバーをしています岩﨑コウです。

今日もメキシコから書いています~

☝☝☝茶色いところがメソアメリカ
北はソノラ、南はコスタリカにまで及んでいました。

 

世界五大文明の一つ、メソアメリカ。

 

北はシナロア州、サカテカス州から、

東はカンクンやチチェンイッツァがあるユカタン半島、

南は現在のエル・サルバドール、

ホンジュラス、ニカラグア、

コスタリカまでの

太平洋岸にまでおよんでいました。

 

皆さんもきっと一度は耳にしたことがあると思います

オルメカ

という言葉。

 

これは現在メキシコがあり、

かつてのメソアメリカ文明があったエリアで、

最も初期に興った文化なんです。

 

大きな人頭像と言えば思い浮かぶでしょうか?

☝☝☝これです。カベサ・コロサル(Cabeza colosal)といいます。
ラ・ヴェンタで。

 

イメージとしては、

メソアメリカ文明の中にいろいろな文化があるという感じです。

オルメカ、

サポテカ、

ミステカ、

ウァステカ、

トトナカ、

プレペチャ、

メスカラ、

イサパ、

チャルチウィテ、

遺跡で知られるテオティワカンや

マヤも

文化です。

 

それらの各文化は、

同時期に存在していたものもあれば、

異なる時代のものもあります。

 

例えば、

メソアメリカの3大長命文化は、

ウァステカ、

サポテカ、

ミステカですが、

それらは3000年以上にも渡って、

しかも同時期に存在していたのです。

 

今回ご紹介しようと思っているオルメカは紀元前の文化ですが、

皆さんもよくご存知のテオティワカン文化は、

紀元後に繁栄します。

 

各文化というのは、

小さな“国”と例えた方が分かりやすかもしれません。

なぜならば、

各文化ではそれぞれ別々の言語を話し、

それぞれの宗教的建造物を有する“首都”を持っていたからです。

 

これがメキシコの超多文化社会の根源の一つなのです。

 

一方で、

信仰や建造物の根源的な部分というのは、

各“国”(文化)で共通するものを持っていました。

つまり、

各文化間では交易や年代を超えて伝承があったんです。

 

例えば、

テオティワカンの宗教的建造物“ピラミッド”を

思い浮かべて頂くと段々が見えると思います。

タルードゥ・タブレロというのですが、

これはテオティワカンが起源の建築技術で、

交易を通じてメソアメリカ各地に広がったんです。

当然マヤの遺跡にも。

 

あとは、

宗教的建造物の代表格、

通称“ピラミッド”も。

メキシコのご先祖様は、

“山”は天にいるご先祖さまや神様と繋がるための

神聖な場所だったという事は、

以前にも書いた通りです。

だからメキシコ各地には、

どこに行っても

“ピラミッド”(宗教的建造物)

があるんです。

そしてこれはオルメカ文化の信仰に端を発し

時代を超えてメソアメリカ全土に広がりました。

 

だから通称“ピラミッド”は現代人用の、

ただの“展望台”ではないんですね~。(苦笑)

今日はオルメカ文化について書こうと思ったのですが、

もう4ページ目に達してしまいました。

 

また後日書きますね~

ではでは。