皆さんが知らないカンクンの話。それでも「そのメキシコ旅行」、します?・後編

ロゴ,メキシコ,観光,ツアー,ガイド

メキシコはコロナ禍において入国規制がない、数少ない「今行ける海外旅行先」です。

成田から直行便でたったの12時間、2022年の海外旅行、メキシコ観光は弊社におまかせください。

 

メキシコ在住16年目のメキシコガイド兼ドライバーが、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

メキシコの数々の遺跡からグルメ、地方の見所、そしてメキシコの雄大な山まで、

尽きる事のないメキシコの魅力をお得にご案内しております!

ただ行くだけのメキシコ旅行、もうオワコンの理由はこれ。

 

今日はホセホセさんのPresoを聴きながらどうぞ~

 

そのホテルの建設に携わる人たちの事情。

昨日の前編の続きです~

これでもカンクン行きます?・前編メキシコ発 生ブログ

 

事情を知らずに運ばれてくる、

呑気な旅行者がフカフカのベッドで眠り、

ナイフとフォークで皿をカチカチしながらご飯を食べ、

夢の世界のような空間を笑顔で楽しんでいる、

まさにその場所の下、

そんな夢のような世界を提供するホテルの直ぐ外。

現実の世界では、

そのホテルの建設に携わった労働者の「生血」が

文字通り沁み込んでいるのです・・・

 

👆こう言うと、

僕が「考えてほしい」という意味、伝わりますでしょうかぁ。

勘違いがないように、

僕からはそのようなホテルに、カンクンに、

「絶対行かないで!」とは言っておりません。

行く前に皆さんに少しでも考えて頂きたいんです。

 

その「労働者」っていうのは、

カンクンがあるユカタン半島や、

チアパス州などで建設現場に従事する作業員のことで、

このユカタン地方だけでも約7万5千人いるとされている作業員の一部です。

 

メキシコで働く人には皆、

雇用主が社会保険を掛けないといけないんですが、

それには税務署へ登録する必要があるんです。

企業によってはこれに民間の医療保険を掛ける場合もありますが、

最低でも社会保険で、

無料で公立病院の医療を受けられるようになります。

 

この約7万5千人の内、

約5万2千人が登録済みの労働者、

でも残りの約2万3千人の労働者は未登録なんです。

 

日本の「貧困」とはちょっと違います。

じゃあなんで未登録なのか。

メキシコのみならず、

中米諸国には「貧困」という問題が根強くあります。

メキシコでは例えば、

南東部のチアパス州や、

タバスコ州ですね。

これらの地域から、

「高級ホテル」が乱立しているカンクンエリアに、

出稼ぎに行くのです。

 

1月にグアテマラ国境に行った際、

いくつかの家族連れを目にしました。

ホンジュラスからの人達でした。

チアパスの山道を歩いて北上している家族を3回ほど目にしました。

 

そういう人たちを“雇う”と安く済むようです。

必要に迫られているから低賃金、

正規入国者じゃないから、

保険も払わなくていい。

 

それでも、

カンクンのホテルの建設現場で働いたほうが、

地元で働くよりも良い待遇だそうです。

 

が、

そんな彼らに忍び寄るもの。

もうおわかりでしょう。

反社組織です。

反社にもいろいろありますが、

日本の皆さんが戦々恐々とするほうです。

 

カンクンのホテルの建設作業員の現実。

役職にもよりますが、

こういう建設現場の一般の作業者は、

毎週最低でも500ペソ(3000円)を、

反社組織に支払わなければなりません。

もれなく「全員」です。

月に最低2000ペソ(約12000円)。

 

カンクンでの建設現場の作業員の平均月収は9000ペソ(54000円)ほどと言われています。

その内2000ペソを上納しないといけないんです。

上納しないと・・・

 

もう一つ「上納金」を納める方法があって、

これは「マリファナを売る」というもの。

でも売れずにお金を納めないと・・・

 

こういう特に地方からの出稼ぎ労働者は、

カンクン一帯に知り合いがいません。

信頼できる人間関係がないから相談もできない。

払えないことへの恐怖から、

ドラッグを売るうちに、

次第に反社組織に取り込まれていきます。

取り込まれたら抜けられません。

それが示すように、

こういった建設現場やその一帯から見つかる遺体や、

行方不明者などの被害者の80%は、

地方からの出稼ぎ労働者です。

 

こういった反社組織は、

白昼堂々、

公然と彼らが働く建設現場に押し入り、

ターゲットとなる作業員を連れ出し、

中にはあろうことか、

そのホテルの建設現場の地下などで「拷問」などの犯行に及ぶのです。

 

綺麗な真っ白な砂浜と青い海、

お城のような高級ホテル、

平和で楽しそうな笑い声・・・、

 

貧困を抜け出そうとやっとこ見つけたカンクンの建設現場、

そういった事件の調査もされず、

被害者たちは消え去ってしまうのです。

なぜしないのかというと、

世界的リゾートに負のイメージがつくと困るから。

カンクンがあるキンタナロー州の主要財源は「観光」です。

だから当局も火消しに躍起になっている様子。

 

もちろん、

カンクンのすべてのホテルがそうとは限らないでしょう。

でもそういう現実があっても、

「何も知らない旅行者がくつろいでいる」

ということは忘れるべきではありません。

 

これから深刻化する可能性も・・・

政府の計画によると・・・

ユカタン半島を一周する鉄道の計画があります。

沿線はこれからも開発が進み、

ホテルやレストランなどもできてくるでしょう。

メキシコに海外から旅行者が来ることは大いに嬉しいこと。

 

でもですね、

こういった境遇にある・ないに関わらず、

人を搾取するようなことは断じてあってはなりません。

そういった情報は表には出ず、

正確なものを入手するのは難しいです。

「泊まっちゃいけないホテルリスト」なんて親切に公表されません。

だからこそ、

消費者である旅行者自身がですね、

全部は無理だとしても、

旅行しようと考えている土地の背景について、

少しでも知ろうという興味を持つ必要性が高まっていると考え、

僕は微力ながらもこのような形で紹介させて頂いております。

 

👆メキシコ旅行、カンクン旅行だけではなくですね。

 

お客様・現地の人々双方を考えてメキシコツアーを催行しております。

僕はメキシコ観光ガイドですが、

ただ定型的な遺跡の説明をして、

街を案内するだけではなくて、

こういった外国の現地の事情についても、

お客さんである皆さんに現地で見て、感じて、考えて頂きたい、

そんな風に考えて、

メキシコツアーだけではなく、

こういった形の情報発信を含めて活動しております。

 

くどいようですが、

アボカドやホテルだけでなく、

民芸品、

そして正規のガイドや業者についても同じことが言えます。

「安い」、「有名」だけでモノやサービスの購入を判断せず、

こういった背景を鑑みて、

有意義なメキシコ旅行にして頂くことが本望です。

 

僕のツアーについて不明な点などありましたら、

お気軽にご連絡下さい。

料金についてはまずは【料金とサービス】をご覧ください。

 

暗い話題となってしまいましたが、(苦笑)

今日はもう金曜日。

早めに仕事を切り上げ、

大切の人達と至福の時をお過ごしください~

 

ではまた明日~(笑)

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

一番下に関連記事が表示されるようになりました~
画面を一番下までスクロール~
👇👇👇👇👇👇

 

【お一人のお客様同士のライドシェア】

お得なキオテのライドシェア詳細はこちら

 

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

 

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
友達追加はこちら☟
Add friend
必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。
また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。
その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。

【人生のリバイバルコーチング事業】
私岩﨑はICF(インターナショナル・コーチング・フェデレーション)認定、
ライフコーチング業も営んでいます。
皆さんが一度限りの人生、
限りある人生を有意義に生きられるようお手伝いさせて頂きます。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ラテン人生のリバイバルコーチング事業はこちら