テオティワカンが重要視されるワケ(4/7)

メキシコ在住16年目、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

いつかまた戻ってきたくなるメキシコ旅行を提供しています、

公認日本語ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

今日も呑気にメキシコから書いています~

 

テオティワカンが重要視されるワケ(4/7)

👆テオティワカンの住居エリア。右奥が太陽のピラミッド、奥に小さく見えるのが月のピラミッド、その奥の山がセロ・ゴルド。

 

バハカリフォルニア半島で話題が持ち切りで、

かなり間が空いちゃいましたが、

続きです。4回目です。

テオティワカンはなぜ重要?1/7キオテ通信

 

テオティワカンはなぜ重要?2/7キオテ通信

 

テオティワカンはなぜ重要?3/7キオテ通信

 

テオティワカンには他の都市では見られない特徴があるということでした。

 

それが何かというと・・・

 

特定の「首長」の存在がない、または薄い。

 

他の文化圏には特定の主張の名前が残っていたります。

普通。

 

マヤだったらパレンケのパカルとか、

プレペチャのタリアクリとか、

メシカのウィツィロポシュトゥリとかモクテスマとかクアウテモックとか、

テオティワカンは人名が出て来ないんです。

 

どういうこと?

 

首長が居なかったのか、

といえばどうかと思いますが、

少なくても、

その影は薄い。

 

強いていたとされるのは、

マヤ系のリーダー。

マヤはマヤでもホンジュラスのコパン出身のリーダー。

 

彼が一時期テオティワカンを治めていたのでは、

という説があります。

 

どういうことかというと、

テオティワカンて、

いまでいう「国際都市」だったんです。

 

いろんな地域、文化から人が集まって、

あたかも一つの国家の様に政治が運営されてのです。

 

現にテオティワカンには、

各文化のエリアが区分されていたのです。

マヤエリア、プレペチャエリア、サポテカエリアというように。

 

お気づきになりました?

 

100万平方キロメートル以上もあったメソアメリカ各地に散らばっていた各文化が、

テオティワカンという一つの街に一堂に会し生活していた、

ということ。

 

しかも!

 

同じ世界観の下に。

 

???

 

メソアメリカの世界観です。

 

「山」を神聖な場所として崇拝し、

東西南北とその中心を世の中心とするキンクンセという概念、

ボールゲーム、

じゃなくて「球技の儀式」、

皆さんが「ピラミッド登るぞ~!」

といわれる宗教的建造物、

人身生贄、

ケッツァルコアトル神の崇拝、

階層やタルードゥ・タブレロという建築様式、

などなど、

 

別々の言語、

別々の地域出身の人々が、

それらの同じ共通の信仰の下に生活をしていた、

という点。

 

どうおもいます?

 

EUを思い浮かべて下さい。

 

EU圏をメソアメリカとしましょう。

各地に背景や言語が異なる国があります。

それらをチョルーラやカントナ、マヤやモンテアルバンとしましょう。

 

各都市の首長やその側近が、

ブリュッセルで共通の法律や宗教の下に都市運営をする。

 

その首長はある期間はスペイン、

その次はドイツ、

その次はフランス、

みたいに。

 

それがテオティワカンの全盛期にあったのではないかと考えられています。

 

その結果どうなったのかというと・・・

 

続きは次回に~(笑)

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
ラインQRコードでもどうぞ☟

必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。