メキシコの真髄ってなに。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

メキシコの真髄。

☝☝☝メキシコってビーチとピラミッドだけじゃないんです。

 

突然ですが、

 

「日本の魅力ってなんです?」

 

っていきなり外国の人から聞かれたら、

皆さんならどう答えるでしょう。

 

つまり皆さんが日本で僕の立場で、

日本ってどこ?っていうぐらい、

日本を何も知らない外国人に、

日本を紹介するサービスを売るという仕事につかれていたと仮定して。

 

おいしいご飯であり芸術であり歴史そのものでもある日本食を筆頭に、

現代日本の基盤となった神道と仏教の神殿や寺院とそれに付随する歴史、

地方の田舎の雰囲気そのものであったり、

人そのものも、

挙げればキリがないですが、

これぞジャパン!なるもの。

 

もう一昨年のニュースですが、

冬の風物詩“除夜の鐘”が、

“騒音”とされ近所住民から

お寺にやめる様に要請が入っているらしいですね、各地で。(悲)

 

それだけ“おおらかさ”が無くなっているというのと同時に、

日本人自身の、

“日本の魅力”への関心が薄れてきている証拠なんじゃないかな、

とも思っています。

 

正直、とても残念なニュースでした。(悲)

 

そういう日本が誇れる文化・習慣が廃れていくと何が起こるか。

「ここはどこ?私はだれ?」

状態になります。

 

つまり、

アイデンティティ(正体)が欠如し、

根無し草となり、

自信がなくなり、

パワーが無くなり、

よそさんの言われるがまま生きる事になります。

 

はい、

戦後のアメリカの作戦通りでございますね~。

 

裏を返せば、

文化や習慣に誇りを持っている国や地域というのは、

その正体がハッキリ見えるという事ですね。

 

話をメキシコに戻しますと、

おそらく、

日本の皆さんがメキシコと聞いて

頭に思い浮かぶのは、

カンクンの澄んだ青い海やセノテ、

テオティワカンの大きなピラミッド、

マヤの遺跡、

最近では見た目だけで、

勝手に「人気ランキング」なるものが作られてしまっていますが、、、(苦笑)

ランクインしているグアナファトとサンミゲルのキレイな街並みや、

オアハカ

でしょうか。

 

わかります、わかります。

情報誌を見れば真っ先に取り上げられる題材です。

何ていったって、

とっつきやすく訴求しやすいですからね、

そういう見た目がキレイなところは。

 

キレイ!とか、

カワイイ!とか、

スゴイ!とか。

 

そこで僕は思うんです。

折角メキシコにいらしたのですから、

そういった商業的なものを

一旦とりあえず脇に置いてですね、(苦笑)

 

現地にしかない、

 

匂いとか、

行き会う物事の起源や歴史を知ってその当時を想像するとか、

メキシコの日常を体で経験(体験)するとか、

メキシコの人達と触れ合うとか、

 

そういうものを経験すると、

「あーそういうことだったのね~」

 

と、ものすごく納得して、

さらに“感動”すると思うんです。

(☝僕の場合はですが)

 

例えばセノテってすごくキレイなんだけれど、

そもそも何なの?

とか。

 

このサルサめちゃくちゃウマイけれど、

原材料は何を使ってどうやって作っているの?

とか。

 

この“ピラミッド”(宗教的建造物)ってデカいけれど、

何でそんなにたくさんあるの?

とか。

 

メキシコの人って楽しそうに見えるけれど、

何考えて毎日生きているの?

とか。(笑)

 

そういった、

非ビジュアル的なもの、

非物質的なもの、

に触れて、

少しでも知ると、

メキシコの真髄が見えてくるのです。

 

なんていったって、

メキシコは世界五大文明の一つメソアメリカ文明が栄えた場所ですから。

 

今、目に見えるものの背景には、

それはもう、

複雑に絡み合った長ぁ~い歴史的背景があるんです。

それを知らずして、

「メキシコ行った!」

と思われるのはちょっともったいないのでは~

っていう話でした。

 

皆さんはメキシコ旅行を通じて得たいもの、

何かありますでしょうか~(笑)

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
ラインQRコードでもどうぞ☟

必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。