メキシコ料理の王様:【モレ】(Mole)の話

メキシコ料理の王様:【モレ】(Mole)の話

 

日本食の代表各といえば、

寿司を筆頭に、

和中華と言っても、

もはや日本食として認知されているといっても過言ではないラーメン、

根っこは日本でなくてもB級グルメの第一人者のカレー、

などなど

いろんな日本食が頭に思い浮かびます。

思い浮かべると涎(よだれ)が出てきそうなので、

やめときます。(苦笑)

 

それでメキシコはというと、

タコス、ブリト(メキシコ料理ではない!)、、、

ぐらいでしょうか?広く認知されているのは、、、

 

是非メキシコにいらした暁にはですね、

モレ(Mole)をお召し上がり頂きたいんです。

ガイドブックなんかにモーレって書いてあったりますが、

正しくはモレです。

 

☝☝☝プエブラのベラクルス側のモレ

☝☝☝これはピピアン(Papain)といってカボチャの種ベースのモレ。

黄色い色が特徴。

 

強いて言えばですが、

見た目や色んな材料を混ぜて作る点など、

カレーに近いような料理です。

味は甘い風味が特徴ですが。

 

モレはメキシコでは家庭料理であると同時に、

お祭りなど祝い事の時にも出される特別な料理なのですね。

 

この料理は歴史が長いんです。

少なくても500年前のメソアメリカ時代に、

メシカ(アステカ)帝国最後の皇帝モクテスマに、

Totolin patzcalmollo

(トトリン パツカルモジョ)

という料理をだしていたという記録があります。

 

この記述はヌエバ・エスパーニャ時代に

カトリック教会のフランシスカ修道士として、

ヌエバ・エスパーニャに送り込まれたスペイン人のサグン、

(本名:Bernardino Sahagun)

によって書かれた歴史書、

Historia general de las cosas de la Nueva Españaに、

モレに関する最初の記述が出てきます。

☝☝☝サグン

ちなみにモレ=Moleの語源は、

ナワトル語のMulliです。

Mulliとはサルサ(ソース)の意味。

そして、スペイン語にMolerという単語があります。

“挽く”という意味です。

 

つまり、

Mulli(ソース)の原材料たちは、

Metate (メタテ)という調理器具で、

Molerされて作られていたのですね。(当然)

偶然にもナワトル語とスペイン語が発音だけでなく、

根本的な意味まで似ていたことから、

最終的にMoleと呼ばれるようになったわけです。

☝☝☝オルメカ文化のラ・ベンタ(La Venta)から出土された、

推定紀元前1750年頃メタテ。これで材料をすり潰すんです。

☝☝☝こんな風に押さえつけながら前後に動かす。

これが結構キツイ。石の擂り棒が思いのなんの。

 

ヌエバ・エスパーニャ時代には、

様々なMoleが誕生しました。

Totolmole(七面鳥のモレ)

Clemole(スープ系)

Ayomole(カボチャベース)

Chilmole(ユカタン地方の名物Relleno Negro)

Huaxmole(ひょうたん入り)

などなど。

 

そして現在でも存在しているのです!

 

特にユカタン名物のChilmole

またはRelleno Negroは、

僕のグルメの記憶の中でもインパクトが強い料理です。

スモーキーな風味が特徴でウマイんです。

☝☝☝Chilmole別名Relleno Negro

肉は七面鳥

 

ワカモレってご存知ですよね?

日本でも人気が高いとおもいます。

あの緑色のアボカドソースです。

☝☝☝グァカモレ(ワカモレ)とトトポ

メキシコの酒の肴の定番

 

アボカドにチリを混ぜてすり潰したものを、

Ahuacatlmulliと呼んでいました。

アボカドはスペイン語でアグァカテ(Aguacate)。

Mulli=Mole=Salsa(ソース)を語尾に付けて、

グァカモレ(Guacamole)なんです。

 

ということで、

メキシコの人もあまり知らない、

結構コアなモレの話でした。(苦笑)

 

実は今回は作り方を書こうと思ったのですが、

書いているうちに話が長くなってしまい、

またにしますね。(苦笑)

すみませ~ん。

 

ではでは~