知られてないモナルカ蝶(オオカバマダラ)の境遇・その3

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

モナルカ蝶の話・その3

(撮影:岩﨑)

 

今回が最終回です。

意外と人気が無いシリーズになってしまいました。(苦笑)

蝶が苦手な方が多いのか、

単に皆様の関心が薄いテーマなのか。(謎)

 

ともあれ大事な事なので、

たぶん来年も懲りずに書いていると思います。(苦笑)

 

その1、その2が未だの方はこちら☟です。

【モナルカ蝶1】キオテ通信 【モナルカ蝶2】キオテ通信

 

続きですが、

個体数が減っているのはには、

複数の原因があります。

 

だから「これ」をやれば解決する、

という単純な話ではないのです。

 

モナルカ蝶のメスは、

400もの卵を産み落とすと言われています。

卵が産み落とされてから、

約4~8日で孵化し、

幼虫になります。

 

この幼虫は、

日本語でトウワタ?、

メキシコではアルゴドンシィジョ(Algodoncillo)と呼ばれている植物の葉を食べてスクスクと育ちます。

9日から15日ぐらいで、

茂みの中に隠れ家を探し、

そこで脱皮して緑色のサナギになります。

 

このサナギの体内では、

驚くべき変化が起こるのです。

脳や心臓、内臓が成虫仕様に変化し、

3組の脚、両目や筋肉、そして羽が発達します。

このサナギでの変化に約2週間。

 

卵から幼虫、サナギ、成虫になるまで、

約1ヵ月のプロセスです。

成虫になってからも、

このトウワタはモナルカ蝶の大事な食料でして、

成虫になってからは葉ではなく、

樹液を栄養源にします。

 

で、

このトウワタという植物、

メキシコ、アメリカ、カナダに生息しているものなんですが、

これが極端に減少してしまっているんです。

という事は、

モナルカ蝶の食糧が無くなる=生きられない・・・

 

なんで減っているのかというと、

この植物、

普通にその辺に雑草として道端や農地に生えているんですが、

毒素を持つもので、

大事な農作物や家畜への害になるという理由で、

駆除の対象になっているんです。

 

ちなみに、

幼虫の時にこの毒素を体内に取り込み、

それを皮膚に貯蓄するんです。

それは成虫になってからも保持していて、

この毒素により外敵から身を守っているんです。

中には賢い鳥がいて、

この皮膚を食べないように、

中の肉だけを食らうようですが・・・(苦笑)

 

農地というのは、

主にトウモロコシや大豆です。

近年の需要拡大に伴い、

尚更トウワタの駆除量は増えました。

 

これには除草剤を使うわけですが、

この“おかげ”でアメリカのトウモロコシの作付け面積は、

7年間で500万ヘクタールも増えたのです。

東京都が20いくつか入る面積ですね。

 

その一方で、

トウワタは60%も減り、

これによりモナルカ蝶の個体数は99年から2010年までの約10年で80%以上も減少しました。

 

これに追い打ちを掛けるように、

農地や住宅地の拡大、

彼らが生まれる森の減少、

そして地球温暖化です。

35度近くになると死滅する確率が限りなく高くなります。

現に2013~14年は、

117年の観測史上で最高の平均気温を記録し、

実際にメキシコでのモナルカ蝶の生息域は最小となりました。

 

減少の原因を纏めると、

1. 食料であるトウワタの激減

2. 森林破壊

3. 気温の上昇

 

これにプラスで、

森への過剰な観光客の流入により、

彼らがソワソワして必要以上に羽を休ますことができず、

それまでに蓄えた脂肪=エネルギーを使ってしまい、

春に産卵の為に北へ戻ることが出来ないのです。

 

☝だから僕としては「困惑」しているのです。

お客様に見て頂きたいメキシコの自然現象なのですが、

彼らの森に入る=彼らの繁殖に影響しかねないからです。

 

一度絶滅した生物は元には戻りません。

 

地球規模で進む温暖化や、

プラゴミ問題、

森林破壊と薬品による土壌水質汚濁。

これら全ては人間の“豊かさ”を追及した結果に起っている事です。

 

豊かさを追求した挙句に、

様々な弊害出ているのは明白です。

その一つがモナルカ蝶の絶滅の懸念です。

 

自然はウソをつきません。

痛めただけ、

その分痛みとして人間に返ってくるでしょう。

 

そこまでして、

物質的・経済的な“発展”を望みたいですか?

 

そもそもそれは“発展”とは呼べません。

私達の母体でもある自然がなおざりにされ、

「人間の欲望や都合」が優先され、

必ずどこかで痛みが生じているのです。

 

必要以上のモノやサービスへの追及を一度見直し、

極普通に身の回りにある自然に目を向けてみるべきです。

 

自然は雄大です。

大金を出さないと手に入らないようなモノなど、

ちっぽけなものに見ます。

 

自然を凌駕するものはありません。

だからこそ、

自然の一部として、

いや人間は元々自然一部、

必要以上に環境負荷をかけずに、

自然の恵みを有難く享受し、

そしてそれを自然に還元して生きていこうではないですか。

 

その先にはきっと、

本当の「豊かさ」がある筈です。

 

3回に渡る長編でしたが、

少なくても僕にとっては大事なテーマであるだけに、

ここまで読んで頂いた方々に深くお礼申し上げます。

(撮影:岩﨑)

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ