知られざるマヤの都市カラクムルとは。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ旅行の政府公認ツアーガイド兼ドライバーをしています岩﨑コウです。

今日もメキシコから書いています~

 

初期のマヤで最も重要な都市カラクムル

マヤに関して、

前々回はマヤ圏各地の都市跡のザックリとした話、

前回はマヤ族の出身地の話でした。

 

今回はというと、

あの有名なマヤ文化の

最も初期の頃の都市で、

且つマヤ前期で最も重要な都市カラクムルの話です。

 

カラクムルは行った事がなければ、

聞いたこともないという人が殆どだと思います。

 

超有名はチチェンイッツァとは、

対極ですね。

 

さて、この都市跡(遺跡)

どこにあるかと言うと、

ココです☟

カンペチェ州と言う、

ユカタン半島を構成する3つの州の一つです。

カンペチェといっても、

僻地。

 

隣国グアテマラと接しています。

首都メキシコシティから直線距離で約1000キロ。

1000キロって日本で言うと、、、

東京から北は網走、

西は韓国の釜山、

南西に種子島

ぐらいの距離です。

 

日本をベースにするとすごく遠く感じますが、

メキシコにいると、

「車で一日で行ける範囲」

ということで、

あまり遠く感じないんです。(苦笑)

 

事実、

サラリーマン時代には、

大事な商品サンプルを無事にお届けするために。

メキシコシティから、

北のモンテレイまで、

1000キロ弱運転して行っていました。

アカプルコのへの往復も900キロ弱、

チアパスのサンクリストバルへも1000キロ弱と、

全部車で一日圏内です。

 

そんな事で、

一見“遠く感じる”カラクムルですが、(笑)

遥々日本からいらしていくのですから、

行く価値は“大大大”(トリプル大)です。(笑)

☝☝☝石碑は盗掘されました。

 

なぜかと言うと、

あのマヤ文化の初期の都市で、

且つマヤ前期で最も重要な場所だったからです。

 

先日話題になった世紀の大発見とされる、

アグァダ・フェニックスがどいう言う都市だったのか、

僕があれこれ想像では話せませんので、

とりあえず脇に置いておきます。

 

マヤ文化は一つの大都市がずーっっと影響力を保ち、

その文化圏を支配していたというわけではなく、

“細切れ”の都市の集まり、

という事をお話ししました。

 

事実、

もっと初期の段階からそれが顕著に表れており、

このカラクムルという都市は、

その南(隣国グアテマラ)のティカルと、

双璧を成していました。

2強時代だったんですね。

でも対立していて、

カラクムルが滅びた原因も、

ティカルとの戦いだったとされています。

☝☝☝密林に佇む宗教的建造物

 

カラクムルは、

紀元前551年頃に人々の定住が始まり、

宗教的建造物など、

本格的な街の建設が始まったのは紀元前405年とされています。

この事はカラクムルに数多く残された石碑(エステラといいます)

から分かっているんです。

 

現地に行っても分からないのですが、

このカラクムルの巨大都市跡が存在する一帯というのは、

25平方キロメートルにも及ぶ、

巨大な火山岩のドームの上にあります。

25平方キロメートルって、

兵庫県尼崎市の半分ぐらいの面積です。

 

最も繁栄したとされるのは、

AD390年頃からで、

当時は南北からなるマヤ圏の南半分を

ほぼ全て支配下に置いていたとされます。

この時代、

海の向こう日本は、

卑弥呼の邪馬台国とか、

古墳時代が幕を開けた頃です。

☝☝☝球戯場、ではなくて【ボールの儀式場】です

 

692年に、

ティカルとの戦争に敗れ、

衰退したと考えられています。

☝☝☝世界自然遺産でもあるカラクムルの密林

 

カラクムルの繁栄と時期を同じくして、

南西に240キロの所で、

AD 400年頃から

パレンケが発展してきます。

 

この話はまた別の日にします~

 

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ