メソアメリカ最大の建造物があるチョルーラとは・後編

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

メソアメリカ最大の建造物があるチョルーラとは・後編

 

前編まだの方はこちらをどうぞ☟

【チョルーラ・前編】キオテ通信

 

☝「お~デッカイピラミッド!」ですが、
これは当時のものではありません。
オリジナルは、
奥の方に顔をのぞかせています。

 

チョルーラという“大都市”の始まりは、

紀元前700年ごろと考えられています。

もちろん最初から

「巨大ピラミッドをつくるぞぉ!」

と始めたわけではなく、(笑)

最初は小さな集落だったんです。

 

その住人は聞きなれないニュィニェ、

だと考えられています。

ミステカ語属の一部の言語です。

現在もテワカン(Tehuacan)一帯で話者がいます。

 

大きめの宗教的建造物が造られ始め、

都市を形成したのは紀元を跨いだ頃からです。

 

200年~900年通称クラシコ期の前半が

チョルーラ文化の全盛期であったと考えられています。

 

その理由は・・・

 

キオテ購読者の方でしたらピンと来た方もいらっしゃるはず、

そう、

テオティワカンの全盛期と重なるのです。

 

テオティワカンは、

周辺及び地方の都市を支配下に置いて、

当時の人口規模で、

コンスタンティノープル、

アレクサンドリア、

ロンドンなどの大都市に次ぎ、

世界3~6番目の規模を誇っていた巨大文化だったと考えられています。

 

しかもチョルーラからも近く(直線距離で90キロ強)、

普通であれば敵対、

ないしはその支配下に置かれて普通の状況ですが、

チョルーラは敵対することもなく、

「独立」を保ち続けたのでした。

 

チョルーラの街は12.5㎢にも広がり、

数万人の人口があったと考えられます。

テオティワカンが20㎢、

その後メソアメリカ最大であったトゥラが17㎢ですので、

それらに匹敵する規模だったようです。

 

そのチョルーラは、

テオティワカンの衰退後800年頃まで存続したのですが、

その後放棄されてしまいます。

 

その後約300年の間の一時期、

メキシコ湾側のオルメカ系の住民が居住するものの、

かつてのような繁栄には至りません。

 

1150年ごろに、

当時メソアメリカで最強であったトゥラが崩壊します。

トゥラの街には焼かれた形跡があります。

その住民が各地に逃れ散らばるのですが、

今度はその一部がチョルーラに住み着きます。

 

だ・か・ら、

Chollolan(チョロラン)⇒Cholula。

その意味は「逃避の場所」なんですね。

 

ここからチョルーラの第2期が始まるのですが、

1400年以降メシカ帝国の支配下に入り、

1519年にスペイン人を“迎える”のです。

それまで商業、宗教的な場所として機能します。

 

そんな、アルティプラノ・セントラル圏で

主要な大都市だったチョルーラ。

チョルーラの街には市場があり、

僕はそこでプエブラ名物をお客さんにおススメします。

近くにも僕がおススメする食事処もあり、

エクスプレスでも時間を掛けても楽しめるチョルーラ。

☟地元の市場

僕でしたら、

オアハカやベラクルス方面に行かれる際に「寄り道」としていくことも出来ます。

☝東方面。奥にメキシコ第6峰マリンチェ山4400mがうっすらと見えます。

 

チョルーラでのワンストップ、

僕でしたら追加料金掛かりません~(笑)

 

ぜひぜひご検討してみて下さい~

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ