ユカタンの郷土料理コチニタ・ピビルとは。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

コチニタ・ピビル。

☝コチニタ・ピビルのタコス(激ウマ)

 

メキシコ料理と言っても、

イロイロあります。

 

たまに、

「メキシコ料理キライ」

という人がいますが、

何をどこで食べられたのか聞いてみたくなります。(苦笑)

 

概して、

メキシコ料理と言えば「辛い」

という固定観念が先行していて、

多分それがココロのブレーキをかけてしまっているのでは・・・

なんて勝手に想像しています。

 

辛いソースとして知られるサルサだって、

主な材料、95%はトマトですからね。

トマト、玉ねぎ、ニンニクを潰して、

チリですこ~し辛みを付けるんです。

 

だから、

「チリソース」

という名称自体

「間違っている」んですねぇ。

(思い込みを取っ払いましょう!)

 

サルサ一つとっても、

美味しいサルサ、

いまいちなサルサ、

辛いサルサ、

程よく辛いサルサ、

イロイロです。

 

これも、

「おいしいサルサ」

を一度知る必要があります。

それに巡りあえれば、

サルサ無くしてタコスを食べられなくなりますヨ~。(笑)

 

そんなメキシコ料理の一つに、

コチニタ・ピビルというものがあります。

ココで紹介しているということは、

無論僕の好物でもあるのですが、(笑)

ユカタン発祥の郷土料理です。

☝タコス型の他に、トルタ(パンで挟む)型もあります。
これは先日拙宅近くに開いたコチニタ・ピビル店のもの。
スッゴク美味しかったです!

ユカタン料理といっても、

ユカタンでないと食べられないというワケではなく、

首都のメキシコシティでもあります。

 

なんでこれがユカタン地方の郷土料理なのかといいますと、

マヤ文化に端を発する料理だからです。

マヤ文化と言ってもとっても広い!

という事は数カ月前のブログにも書いていますが、

とりわ北西部ですね。

カンペチェやメリダがあるエリアです。

 

メキシコのお盆(死者の日)は

「ディア・デ・ムエルトス」

というスペイン語で呼ばれるのが通例となっている今日ですが、

この地方の習慣では、

Hanal Pixan   

と呼ばれる習慣があります。

 

元々はそのマヤの習慣の為に作られていた料理です。

 

現代のコチニタ・ピビルは豚肉を使います。

コチニタはコチーノ=豚、

ピビルはマヤ語のPibに由来し“地中のオーブン”を意味します。

ようするに、

「地中で焼く豚」

☝酒の肴としてもバーで出しているところもあります。通常のタコ(ス)よりも小さめです。

でも、

ヨーロッパ人が入り込む前には、

アメリカ大陸には豚はいなかった。

何を使っていたかというと、

鹿や七面鳥です。

 

そのような理由で、

名前からして、

本来は「地中」で焼かないと、

“Pibil”が意味をなさないんですね。

いくらレストランのメニューに、

「コチニタ・ピビル」とあっても、

大半のレストランではわざわざ毎日地面に掘った穴で、

古来の調理方法で仕込みをするわけではありません。

てことは「ニセモノ」。(笑笑)

 

ビジネスに忙しいい現代のレストランでは、

普通のナベを使って調理します。

よってこの場合、

ピビルではなく、

ユカタン風コチニタというのが正しい呼び名でしょう。(笑)

 

☝せめて、そういうことだけでも知って食べるといいですよね~。

 

主要材料は、

豚肉、

アチオテ(スパイスの一種でタコスにも使われます)、

オレンジ果汁、

オレガノ、

胡椒、

ニンニク、

ラード・・・

こんなところがメインです。

 

アチオテさえ手に入れば、

日本でもできますね。

☟アチオテ

☟ペーストのものも売っています。

 

メキシコにお越しの際は、

ぜひユカタンまで行って頂き、

ホンモノをお召し上がり下さいネ。(笑)

 

僕にお任せ頂ければ、

良いローカルのお店にご案内します~(笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ