メソアメリカとヨーロッパを繋げたものとは。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

おはようございます!

梅雨が明け、

暑くなっている日本だと思いますが、

皆さん、

いかがお過ごしでしょうか?

僕は昨日1日土曜日に、

ケレタロ州にあるシエラ・ゴルダという国定公園に行ってきたんです。

地図でルートを見ただけで、

計画らしい計画はナシで行ったら、

結局900キロも走っていて、

家に着いたのは日付が変わった1時でした。(苦笑)

本当は一ヶ所行きたいところがあったのですが、

コロナで封鎖されていて行けずじまい。

でも改めて自然パワーを存分に浴びることができた旅だったので、

大大大満足です。(笑)

 

メソアメリカとヨーロッパをつなげたもの。

 

カトリックの話題は、

最初はちょこっと書く予定だったのですが、

気が付いたらもう3回目です。(笑)

 

カトリックは、

日本ではあまり馴染みが無いかもしれませんが?、

メキシコの世界観を知るには、

少し知っておいた方が良いかもしれません。

 

かく言う僕も、

全く宗教気がないんです。(苦笑)

でも仏教は少し勉強したいと思っています。

勉強といっても、

お坊さんが使うような経典のようなものを読めるようになりたい、

ではなくて、

仏教的な考え方ですね。

実生活でも役立つことが多いと思うんです。

 

そんなわけで、

以前は僕の中で「全く興味が無かった」話題、

「カトリック教」ですが、

メキシコ史上では無視できないものですので、

メキシコを「知る」という観点で書いてみることにしたんです。

 

ヨーロッパとメソアメリカ、

月とスッポンの両者がどのように交わったのか。

 

それには、

メシカ人が信じていた「神々の母トナンツィン」の聖地で、

メソアメリカの人達と同じ肌の色の

「褐色の聖母グアダルーペ」

を“出現させ”、

両者を紐づけたのです。

 

しかもです、

その褐色の聖母との出会いに、

スペイン人ではなく、

 

“地元の人”を使ったのです。

 

でもどうやって?

こちらにいらして頂いた時にご説明します。(笑)

 

“使った”という表現が正しいのか分かりませんが、

カトリックの“言い伝え”を信じない、

非カトリックの立場からするとそうなると思います。

 

その“地元の人”というのは、

フアン・ディエゴといいます。

この名前はスペイン語の名前で、

本来の名前は、

クアウトゥラトアツィン

(Cuautlatoatzin)

と言います。

または、

クアウトゥロアトアツィン

(Cuauhtloatoatzin)、

クアウトゥラトウァック

(Cuauhtlatohuac)

というように、

参考文献によって違うんです。(苦笑)

 

最初のクアウトゥラトアツィンが、

学校の教授から教えてもらったものなので、

それが正しいとします。

☝☝☝この人です。

 

1474年に生まれたフアン・ディエゴさんは、

もともとペタテ(Petate)という、

ござのようなものを作る人だったんです。

☝☝☝これです。

 

彼の家はメキシコシティ中心部から、

北方面に20数キロ離れたクアウティトランという所にあります。

この道のりを、

ペタテを担いで、

中心部のトラテロルコの市場で売っていたんですね。

☝☝☝クアウティトランとトラテロルコ・直線距離で25キロぐらい
(グーグルマップ)

 

ちなみに、今も彼の家跡が保存されています。

☝☝☝これです。(INAH)

言い伝えによるとですね、

1531年の12月9日土曜日、

57歳だった彼はテペヤック山付近を歩いていました。

 

すると変わった“歌”のようなものが聞こえてきたらしいんです。

山の上の方を見上げると太陽が燦燦と輝いています。

すると、

そこに「聖母」がいるではないですか!?

 

フアン・ディエゴは聖母に近寄って挨拶をします。

すると聖母は、

「そこにあるトナンツィンの聖地の一角に寺院を建て、

そしてこの事を大司教に伝えるように」

と言うのです。

 

フアン・ディエゴはその日のうちに大司教に伝えます。

しかし、その大司教は信じません。

彼の名はフアン・デ・スマラガ

メキシコで最初の大司教です。

☝☝☝植民地の初代大司教フアン・デ・スマラガ

 

その場に戻ると2度目の聖母の出現を目にします。

そして再び大司教スマラガに伝えます。

まだ信じてもらえません。

何か証拠を持って来るようにフアン・ディエゴに伝えると、

翌日10日日曜日にその場所に戻ります。

3度目の“出現”です。

そこで聖母に何か貰えるように頼みます。

すると翌日月曜日に再び来るように言います。

 

翌日11日月曜日。

フアン・ディエゴは一緒に住む叔父が体調を崩してしまい、

聖母に“会いに行く”ことができません。

 

12月12日火曜日、

その場所に再び行くと4度目の“出現”があり、

聖母はフアンに“花”を大司教に持って行くよう伝えます。

その花というのは“バラ”だったようです。

バラはバラでも、

その季節のものでなければ、

その地域に咲くものでもないような花だったようです。

 

フアンは持っていたアジァテ(Ayate)

というネットのようなもので

その花を包むと、

そのまま誰の目にも触れないように大司教の元に持って行きます。

そして大司教の前でそれを広げるや否や、

「褐色の聖母グアダルーペ」像が現れたのです。

☝☝☝これがその一幕。
右がアジャテを広げるフアン・ディエゴ
ちょっと見えづらいかもしれまえんが、
聖母グアダルーペ像が描かれています。
左が初代大司教スマラガ
手前に“バラ”も見えます。
(岩﨑撮影)

さらには、

この日、

フアン・ディエゴと暮らす叔父の元に

5度目の“出現”があったとされています。

文献によっては4度目までのものあり、

真相は“わかりません”。(笑)

 

だ・か・ら、

毎年12月12日に

メキシコ各地から、

遠い所では何百キロも自転車や歩いて、

このグアダルーペ寺院に巡礼に行くのですね。

☝☝☝こんな感じで巡礼者が高速道路を進みます。

 

その後、

大司教スマラガは、

聖母グアダルーペがフアン・ディエゴに伝えたように、

メシカの神トナンツィンの聖地であり、

現在のグアダルーペ寺院の一角にある

Capilla de indios

(インディオの教会)

がある場所に、

小さな社(やしろ)を建てるのです。

これがグアダルーペ寺院で最も古い建造物、

とされています。

ここからグアダルーペ寺院の歴史は始まったんですね。

☝☝☝インディオ教会・右下にあるのはフアン・ディエゴ像(岩﨑撮影)

 

フアン・ディエゴは、

その年1531年から死去する1548年まで、

この社に住んだとされています。

☝☝☝奥の十字架が示す場所が、当時フアン・ディゴが住んでいた場所とされています。
日本は室町時代、信長の時代に入る手前、修道士フランシスコ・ザビエルが日本に来る1年前です。
(岩﨑撮影)

 

このように、

メシカの神々の母「トナンツィン」と、

メソアメリカバージョンに仕立てた

カトリックの「褐色の聖母グアダルーペ」を、

地元の人物フアン・ディエゴを“使い”、

繋げたのです。

 

ここからメソアメリカでの、

“精神の征服”が始まり、

現代のカトリックの国家としての礎ができたのです。

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ