グアダルーペ寺院の建設。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

グアダルーペ寺院の建設。

 

今でこそ、

年間に1100万人以上とも、

2000万人以上とも言われる人が参拝に訪れ、

バチカンに次ぐ、

世界で2番目のカトリックの聖地グアダルーペ寺院。

 

最初の社(やしろ)は、

テペヤック山のトナンツィンの聖地に、

聖母グアダルーペが出現したとされる1531年に建てられました。

☝☝☝ココに建てられました

 

時は流れ、

1695年に、

現在寺院で象徴的な建造物の建設が始まります。

 

これ実はですね、

ソル・フアナさんの所でお話した、

あの憎らしき極右的大司教フランシスコが始めたんです。

奇しくも1695年は、

ソルフアナさんが死去された年なんです。

(関連性は無いと思いますが・・・)

 

幾つかある建造物の内、

最も重要とされるのは、

Colegiata de Guadalupe

(コレヒアタ・デ・グアダルーペ)

という建物です。

入って正面に見える、

4つの塔があるのが特徴的です。

 

上部には黄色のタラベラ焼(プエブラの特産品)で装飾が施され、

内部にはなぜかイタリアから持ち込んだ大理石が使われ、

銅像などもあります。

☝☝☝中央の建物です

 

巨大な建造物ですが、

一度に建設されたものではなく、

1736年までの

41年間に渡って建設されました。

 

その理由は、

一つはコスト、

二つ目は巡礼者用の“寝床”の確保が必要だったために中断を余儀なくされた為です。

その為に様々な建築要素が混ざっているんです。

 

確かにパッと見複雑です。(笑)

それは、

ゴシックに始まり、バッロク、ネオクラシックという要素が混ざっているからです。

 

例えば、

サン・ミゲル・デ・アジェンデに行かれた方であれば、

中心部の教会を覚えていらっしゃると思います。

あのノッポな教会はゴシック建築の典型です。

☝☝☝これです。

 

そう言った意味では、

メキシコシティ歴史地区のソカロにある、

メトロポリタン大聖堂は更に複雑さを極めるんです。

あの建物は1573年に建設が始まり、

完成したのが1793年です。

(文献によっては1813年)

なんと完成するのに220年または240年という時間を要したんです!

 

ちょっと話が脱線しましたが、

コレヒアタ・デ・グアダルーペは、

41年後の1736年に完成します。

 

その右隣りにあるのが、

Expiatorio a Cristo Rey

(エスピラトリオ・ア・クリスト・レイ)

と呼ばれるものですが、

隣のコレヒアタ・デ・グアダルーペと、

上部のクプラ(ドーム)の色と塔以外は、

とても似ているのが特徴です。

これは1792年に完成します。

 

その後も建設と整備は続けられ、

バシィリカという称号を1904年に得ます。

(Basilica de Guadalupe)

 

ところで、

メキシコがアメリカとの戦争に敗れ、

というかアメリカに侵略され、

領土の55%以上を失った際に署名を“させられた”、

「グアダルーペ・イダルゴ条約」

はココで1848年に調印されました。

 

また後日説明しますが、

ミゲル・イダルゴと並び、

メキシコ独立戦争の英雄の一人ホセ・マリア・モレロスが捕らえられ、

銃殺される前にも祈りに来ています。

ケネディ元大統領やシャルル・ド・ゴール元大統領も訪れるなど、

メキシコ国民のカトリック精神の基盤を成す場所となったのです。

☝☝☝新しい大聖堂の中

メキシコでは聖母をマリアではなく、グアダルーぺと呼びます。

で、グアダルーぺってどこからどうやって名付けられたのか。

 

次回をお楽しみに~~~(笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ