【カトリック最終回】聖母グアダルーペってなんなの?

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

全然興味ない方には長々とすみませんでした。(汗笑)

 

僕も全然カトリック教徒じゃないのに、

5本目のカトリックの話題です。(苦笑)

 

またいつかやるカモしれませんが、(笑)

今回のシリーズは最終回。

 

多分、

カトリックに興味がない方にも、

話のネタになるという意味では

今回が一番為になるものだと思います。(笑)

興味が全くなかった僕でも「へぇ~」となりましたから、

ご安心下さい。(笑笑)

 

聖母グアダルーペの“グアダルーペ”ってなに?

なぜマリアではない?

 

これまでの過去4回のシリーズで、

頻繁に「グアダルーペ」

というワードが出てきました。

 

メキシコ旅行やツアーでも、

「グアダルーペ寺院ツアー」とか、

「褐色の聖母グアダルーペ」と、

よく聞かれますが、

そもそも“グアダルーペ”っていったいだれ?なに?

って思われた方も少なからずいらっしゃると思います。

 

一言でいっちゃえば女性の名前なんですけどね。(笑)

今50代、60代の女性より上の世代では特に一般的な女性の名前です。

 

日本ですと例えば、

和子さんとか、

清子さんとか、

文子さんというようなお名前です。

 

この名前、

実は語源がアラブなのです。

 

「・・・」

 

「何でメキシコがアラブと関係あんのよ?」

って思われた方も多いでしょう。

 

その歴史はスペイン史に端を発します。

スペインがあるイベリア半島というのは、

711年にアラブ人に侵入され始めます。

日本では奈良時代が始まりました。

 

その後一部のキリスト教徒は抵抗するも、

多くは“平和に”共存していたようです。

 

しかぁ~し、

1031年にイスラム勢力が分裂すると、

それに乗じて抵抗するキリスト教徒が増えます。

一時キリスト教側が劣勢になるも、

1212年の決戦でアラブ側に勝利し、

その後アラブ人は衰退していきます。

 

そんな戦いが1492年まで続き

スペイン南端のグラナダ地方からアラブ人が撤退したのを機に、

レコンキスタ(国土回復運動)は完成するのです。

日本は応仁の乱の25年後、

室町時代でした。

 

ヨーロッパでは大航海時代が幕を開けていましたね。

1492年はコロンブスが西への航海(俗に知られているアメリカ大陸“発見”)に出た年です。

 

てなことで、

スペインは約800年に渡って、

アラブ人(文化)に支配されていた経緯があるんです。

 

だ・か・ら、

スペイン語にはアラビア語に端を発する言葉が多くあります。

Café コーヒー

Limón ライム

Naranja  オレンジ

Ojalá ~だといいなぁ

Guadalajara  グアダラハラ市

Azúcar  砂糖

Aceite  オイル

Zanahoria  ニンジン

Hasta ~まで

などなどなどなど、

その数4000以上になるとか。

 

だ・か・ら、

メキシコのアコルマンやチョルーラなどに現存する、

メキシコにおける初期のヨーロッパの建築物には、

アラブの建築要素が見られます。

☝☝☝例えばこれです。(アコルマン/岩﨑撮影)
上部のとんがり帽子なっている部分をアルメナスといいます。

 

そして、

“グアダルーペ”も多分に漏れず、

アラビア語が由来なのです。

 

guadaはwadi=川、

lupeはal-luben=小さい、狭い、

つまり「小さな川」

という意味です。

 

それで何で小さな川かと言いますと、

これはスペイン東部にある

「グアダルーペ川」

から命名されています。

☝☝☝この川です。(グーグルマップより)

 

上記のレコンキスタ(国土回復運動)の終盤、

スペインのエストゥレマドゥラ地方からアラブ人が

撤退した際に、

ある社(やしろ)の上に聖母マリアが“出現”したらしいんです。

☝☝☝エストゥレマドゥラ地方(グーグルマップより)

 

それを

“Nuestra se ñ ora de Guadalupe

(ヌエストゥラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ

名付け、

その後レコンキスタ(国土回復)の象徴として敬われます。

☝☝☝
“Nuestra se ñ ora de Guadalupe
(ヌエストゥラ・セニョーラ・デ・グアダルーペ

 

そしてその社があった場所に、

1398年に

サン・ヘロニモ修道院を建設します。

☝☝☝サンヘロニモ修道院

 

ここでコロンブスは、

1492年の航海に先立ち、

当時のスペイン王イサベルと面会し、

グアダルーペ像に航海の成功を祈願したのです。

そして1493年、

大陸“発見”が終わり謝意を伝える為にも訪れています。

 

それで、

何でこの歴史と、

大西洋の反対側のメキシコが繋がるのかといいますと、

メシカ(アステカ)帝国を征服したスペイン人大将、

エルナン・コルテス

の出身地が、

このエストゥレマドゥラだったからです。

☝☝☝エルナン・コルテス

 

コルテスは自身の故郷で起きたこの“奇跡”を、

メソアメリカ(メキシコ)の、

“精神征服”に使うべく、

同じような“聖母出現ストーリー”を用いたのです。

そしてそれが今日も、

80%のメキシコ国民の精神基盤となっているのです。

 

これでバッチリ、

月とスッポンの

ヨーロッパとメソアメリカ(メキシコ)が繋がりましたね。(笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ