メキシコと言えばガイコツ!?その正体とは。

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

ラ・カトゥリナ

La Catrina

気が付けばもう9月末。

日増しに秋の深まる気配を感じる昨今ですが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

 

メキシコの9月はですね、

独立記念日があって愛国心に染まる季節でありますが、

来月10月はというと、

下旬頃までは比較的静かな月です。

 

僕にとっては4日に誕生日があるのでハラハラする月ですが、(汗笑)

それ以外は祝日はありません。

 

10月末になるとハロウィンがあり、

その翌日、

11月1日、2日はメキシコのお盆、

「死者の日」

です。

 

てなわけで、

10月後半になると、

「死者の日」に向けて祭壇を準備したり、

在所(実家)に住んでいる人であれば、

来客用に料理をしたり、

「死者」と来客を迎える準備をするのでソワソワする時期ですね。

 

で、

メキシコの「死者の日」

にも出て来るイメージとして、

まず「ガイコツ」があるじゃないですか。

ハロウィンと勘違いしている人達の仮装にもガイコツが登場しますよね。

 

今日は、

なんで「ガイコツ」なんですかい、

というお話です。

 

そもそも、

いつ、

どこからこの「ガイコツ」が登場し始めたんですかい、

という謎に迫ります。

 

まぁ、

普通はガイコツ=死者を連想されると思うのですが、

だったら故人の写真でいいじゃないですか。

写真がなかった時代であれば似顔絵とか。

 

実はですね、

この背景には、

「メキシコ人のアイデンティティ」

に関わる理由があるんです。

 

時代は江戸時代末期から第一次大戦前。

この頃メキシコはというと、

1821年に独立戦争が終わり、

独立国家として歩みだしてから半世紀ほどたった頃でした。

1519年に突如として現れた異人達(スペイン人)によって、

それまでに何千年にも渡って続いてきたメソアメリカの文化が侵され、

ヨーロッパ式に急旋回したわけです。

 

“先住民”の意味として使われる

「インディヘナ」

という言葉に象徴されるように、

当時の現地の人々は、

「過去のもの、遅れたもの」

として扱われ始めます。

 

そのように、

自文化のアイデンティティを“剥奪され”、

信じるものも“キリスト”を強制されたわけです。

そんなスペイン人による統治が300年続き、

1821年にスペインから“独立”するわけですが、

メソアメリカの血が流れる人々の

“劣等感”は続き、

1850年以降は特に、

上級層に対する国民の不満が噴出するようになります。

 

メキシコ料理に欠かせないヒヨコ豆、

メキシコではガルバンソと言うのですが、

これを売る人達をガルバンセロと呼んでいました。

☟ひよこ豆

この人たちの多くは、

メソアメリカ系(通称先住民)で、

貧しい人が多かったんです。

 

彼らは、

メソアメリカ系である事を恥に思い、

高貴なヨーロッパ文化に魅せられたのです。

 

そうした風潮をあざ笑う動きが出てきます。

 

その動きを先導したのが、

漫画家のホセ・グアダルーペ・ポサダさん。

彼はそうした“ヨーロッパ文化に魅せられた貧しい先住民たち”を批判するために、

ガイコツが帽子(ソンブレロ)を被ったイラストを完成させます。

☟コレです。

 

これを、

ラ・カラヴェラ・ガルバンセラ

(La Calavera Garbancera)

と名付けます。

1870年代中頃です。

 

これが現代メキシコで盛んに見られるガイコツの原型なんです。

だからハロウィンのガイコツとは別人なんですねぇ・・・

 

1947年、

壁画の巨匠であり愛国者、根っからのメソアメリカ文化の崇拝者ディエゴ・リベラが、

「日曜日のアラメダの夢」

という有名な壁画で、

このラ・カラヴェラ・ガルバンセラを、

自身とフリダ・カロ、ポサダとともに描きます。

ここで、

ラ・カトゥリナ

と名付けるんです。

Catrinはリッチでエレガントな男性、

それを語尾をaにして女性形にして

Catriana。

「自国のアイデンティティを持たない、

貧乏なヨーロッパ風先住民」

を皮肉って、

「エレガントな女性」

La Catrina

と命名しました。

 

何でガイコツなのかというと、

「いくら高貴な人、政治家、金持ち、貧乏人、誰であっても、

結局は人は死んで同じガイコツになるんだぜ」

という意味でです。

☝おっしゃる通り!

 

そんなわけで、

元の元は、

「死者の日」の習慣とは関係無いんです。

もちろんハロウィンとは何も関係ないです、

という話でした。(笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ