メキシコと日本の関係はいつ始まった?

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ旅行の政府公認ガイド兼ドライバーをしています岩﨑コウです。

今日もメキシコから書いています~

☝☝☝スペインのガレオン船

メキシコと日本の最初の接触っていつだかご存知です?

今日では、

飛行機で12時間で着いてしまう両国ですが、

昔は飛行機なんてもちろんありません。

 

日本という島国への唯一の渡航手段は船です。

 

ちなみに、

同じ大航海時代に競っていた

ポルトガル人が最初に日本と接触したのは、

1543年に種子島に漂着した時とされていますね。

この時に日本に初めて鉄砲が伝わったのは有名な話です。

 

スペイン人はといいますと、、、

ザビエルですね。

宣教師フランシスコ・ザビエル。

学校の歴史の授業で習った事を思い出します。

1549年の出来事です。

 

日本はといいますと、

室町時代でしたね。

信長の時代に入る少し前でしょうか。

桶狭間の戦いの11年前です。

本能寺の変の33年前です。

 

ザビエルの日本での布教は失敗に終わり、

結局2年程で日本を後にするのです。

 

ザビエルが去った14年後の1565年に、

当時スペインの植民地だったヌエバ・エスパーニャ(現メキシコ)は、

アジアとの貿易を始める為にガレオン船アカプルコから、

フィリピンのマニラに向けて出港させます。

主な目的は、

当時とても貴重だった絹(シルク)や、

香辛料、

象牙、

宝石などをアジアで買い付け、

メキシコ経由でスペイン本国へ送るためでした。

☝☝☝シルクの織物

☝☝☝象牙の彫刻

 

何でフィリピンが拠点かと言いますと、

スペイン人がメシカ(アステカ)帝国を乗っ取った1521年と同じ年に、

スペイン隊のマゼランがフィリピンに到着しました。

(マゼランはポルトガル人です)

マゼランはそこで戦死しますが、

それ以降、

フィリピンは現メキシコ同様、

ヌエバ・エスパーニャ(スペインの植民地)の一部となりました。

要するに、

当時は現メキシコと現フィリピンは兄弟関係だったんです。(驚!)

だからフィリピンご先祖さんはスペイン語が分かりました。

 

ちなみに、

フィリピンという国名、

これは当時のスペイン王フェリペ二世から命名されています。

ハプスブルク家の絶頂期に君臨した有名なカルロス1世・神聖ローマ皇帝5世の息子です。

 

この通称ガレオン貿易または南蛮貿易は、

これから250年にも渡って途絶えることなく続く事になるのです。

これは、

7-8世紀に盛んだったシルクロードよりも

長い期間に渡って使われた歴史上最長の貿易ルートなのです。

 

スペインが長崎の平戸に商館を建てて、

“正式に”日本との貿易を始めたのは、

約20年経った頃の1584年です。

 

当時は秀吉の時代でしたね。

ただ秀吉はスペインとの関係を悪くしてしまいます。

 

その後家康の江戸時代が幕を開け、

彼は南蛮貿易を活発化させ、

スペイン(現メキシコのヌエバ・エスパーニャも含めて)との関係を修復しますが、

「キリスト教が日本を乗っ取ろうとしている」というデマ?を恐れ、

1613年に全国に禁教令を出します。

家康は1616年にこの世を去りますが、

江戸幕府は1624年にはスペイン船の来航を禁止するなど、

鎖国へと向かいます。

 

その一方で、

1613年にスペインとの貿易交渉の目的で、

支倉常長の「慶長遣欧使節団」を現メキシコ経由で派遣するなど、

スペインへ歩み寄りますが、

その目的は達成されることが無いまま、

支倉常長は出発から7年後に帰国し、

日本は1641年に鎖国が完成します。

 

キリスト教を恐れた徳川幕府が止めてしまった、

現メキシコのヌエバ・エスパーニャとの貿易関係。

この貿易で使われたスペインの貿易船ガレオン・デ・マニラ号は、

行きは赤道の上あたりをほぼ真西に進み、

帰りは黒潮に乗って北上し、アメリカ西海岸を南下し、

アカプルコに帰港していました。

☝☝☝ガレオン船の航路

天候にもよりましたが、

毎年ないしは隔年で出向し、

行きは約3ヵ月、

帰りは4-5ヵ月掛けて戻っていたんです。

アカプルコには12月に到着して、

2-3月頃まで停泊していました。

 

スペイン人は自らの富の為に、

これを1815年までの250年に渡って続けていました。

 

ご苦労様でしたぁ・・・