メキシコが世界一の長時間労働の国のワケ。(苦笑)仕事は大事、でも仕事が目的になると、ちょっとツラい?


 

あなたの1日、ココから始まります。(笑)

役に立つお得なメキシコ情報をほぼ毎朝発信!

 

メキシコ在住16年目、

「メキシコの素顔を世界に!をモットーに、

複雑で広大なメキシコを【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

いつかまた戻ってきたくなるメキシコ旅行を提供しています、

公認日本語ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

今日も呑気にメキシコから書いています~

 

メキシコが世界一の長時間労働の国のワケ。(苦笑)仕事は大事、でも仕事が目的になると、ちょっとツラい?

👆仕事、してますよ~(笑)

 

カロウシで知られる日本の労働環境ですが、

今日のニュースサイトでこんな記事が出てました。

 

☟ ¿Cuáles son los países donde la gente trabaja menos y más?

どこの国が長時間または短時間労働?

各国の平均労働時間/年です。

なんか、どうしても画像がボケちゃうので、

こちらのリンクを開けて頂き、

この表をご覧ください。

https://www.eleconomista.com.mx/empresas/Cuales-son-los-paises-donde-se-la-gente-trabaja-menos-y-mas-horas-20210817-0042.html

(出典:EL ECONOMISTA)

 

ご存知の方も多いと思いますが、

メキシコって上位の常連なんです。(苦笑)

 

なんかイメージ的には全然働かないんですが、(笑)

いえいえ、全然そんな事はないんです。

逆に働き者なんです。

僕はメキシコの人達と一緒に計12年ぐらい同じ職場で働き、

今もガイドの仲間と働くこともしばしば。

並み以上に経験がある僕がいう事なので、

「働き者」っていうのは事実だと思って下さい。(笑)

 

ちなみにカロウシという言葉ができるぐらい、

「働きすぎ」っていうイメージがある日本が、

この表で見るとそうでもない。

 

カナダやオーストラリアよりも少ない時間じゃないですかい!?

 

ご存じの通り、

これにはカラクリがあって、

日本の労働人口の2割以上が短時間労働者の人達なんです。

パートさんとか。

その人達が年1000時間ぐらいで、

全体の平均を押し下げているというもの。

一般正社員はやはり2000時間を超えるようです。

ちなみにこれって把握しているだけで、

データに載らない持ち帰り残業・サービス残業は含まれているんですかね?(謎)

 

あと日本の職場の問題点のひとつは、

「待機時間」ていう、

上司が残っているから早く帰りづらいというもの。

まだあるんですかね?

 

👆日本で働いていなくて良かったとつくづく感じます。(苦笑)

僕は協調性がないので、

おかしい事やこういうバカバカしい習慣というものに、

どう頑張っても耐えられないんです。(困)

 

ちょいと話はそれますが、(苦笑)

メキシコの会社でサラリーマンしていた時は

日本の本社から送られてきた日本人が上司だったんですが、

あるとき、

外出時間で営業部員を評価しようとしたことがあったんです。

外で何をしているのかも知らず。(苦笑)

 

8時間で10の事をする人と、

8時間でサボって5つの事しかしない人と同じ評価なんですかい、と。(苦笑)

5つの事を5時間でやって帰社して数字を精査して次の作戦を立てて結果を出す人、

5つの事を10時間でやって帰社して数字を精査しない人、

前者の方が評価低いって意味わからないですよね。(苦笑)

 

僕はバカバカしいと思い、

「規定のレポート」の提出をせずにいたら予想通り怒られたので、

僕はその上司にガン飛ばしたっていう逸話を作りました。(苦笑)

 

いえいえ、

もちろんちゃんと「レポート」は出していたのです。

外出時と帰社時に門で時間をチェックされるんです。

「既定のレポート」っていうのはそのコピー。

コピーは自分のもの。

オリジナルはちゃんと会社が管理してるんだから、

「外遊」時間を見たいなら自由に使えば?っていう話。(困)

 

そんな不可解なルールを作りたがる日本人経営陣で、

とにかく非効率だったってことを今は懐かしく思います。(苦笑)

 

すみません、不可解な習慣から不可解なルールに話がのびました。

 

それで、何でしたっけ、(苦笑)

メキシコの人の労働時間が長い理由。

 

これには非効率性があると思います。

思いますっていうか、

そういう調査結果が出ています。

 

ん~、確かに。(苦笑)

 

例えば、

お客さんが来ているのに、

「昼休みだから」っていう理由でアテンドする人がいないとか。

「やる」と言ったのにやらないとか。

「先」を考えず、

とにかく目の前に置かれた順に処理しようとするとか。

金曜日の午後はもう酒盛りとか。(苦笑)

酒盛りは言い過ぎですが、

お昼にビール飲んでダラダラするとか。

あとはただ単にお喋りとか。(苦笑)

 

僕がいた会社の同僚は、

それでもテキパキとこなしていて、

退社もだいたいいつも定時でした。

それ以上もそれ以下もしません、でしたが、

でも逆にそれでいいと思うんです。

 

あくせくせず、

粛々と、

お昼はキッチリ1時間取って、

終わらなかったら「できませでした」、

「やれ」と言われたら金払え、

至極論理的なんです。

反応が見えやすいから、

普通使う方としては使いやすいはず?

でもそうでもないらしい。(苦笑)

 

だから、

いくら労働時間が長いとはいえ、

カロウシなんて言葉は紙面に出てきません。

メキシコの、というか、

日本以外は労働力市場が流動的なので、

嫌ならすぐに辞めて次に行くなど、

「死ぬまで耐える」なんてありえないんです。

 

あと一つ調査結果として出ていたのは、

メキシコは「給与水準が低い」、

その為にモチベーションが上がらないからとのこと。

OECD加盟国の平均の半分以下です。

 

2020年のメキシコの平均月収は5万円ちょっと。

これも、

上のほんの数パーセントが吊り上げているので、

大半はもっと低いハズです。

 

しかもコレって、

正規労働者だけの統計。

というもの、

メキシコの労働人口の6割ぐらいが、

非正規労働者。

露天商の人達などですね。

 

あと、

以前紹介しました零細小売店。

9割以上が非正規です。

でもこの業態がGDPの7%を占め、

全国に140万店もあるという、

小売のジャイアントなんです。

でも非正規だから、

OECDのデータに載って来ないんですね。

 

このように、

表の数字には出てこない、

メキシコならでは労働事情っていうのがあるんです。

 

なんか、

仕事が人生の軸になっている日本のように見えますが、

「人生、仕事あるよね」ぐらいにしといた方が、

生き方に幅が出ると思うんです。

「仕事」や「起業」が目的になってしまうと、

ちょっと狭いと思うんですね~・・・。

 

なんて、

仕事がない観光ガイドの僕がそんなこと言った所で、

全然説得力ないですが。(苦笑)

 

でも、

これも見方の問題ですから。

 

ではまた明日~

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

または、
メール ko@mexicoct.com
ライン koiwasaki-mx
友達追加はこちら☟
Add friend
必ず24時間以内に返信を差し上げております。
もし返信がない場合には、技術的な問題で届いていない可能性が考えられます。
大変お手数ではございますが、フェイスブックメッセンジャーまたはお電話下さい。
050-5539-7594(国内通話料金が掛かります)

呼び出しや応答までに若干時間が掛かります。
また、時差(日本−15時間)や通信状況によってお電話を受けられない場合が御座います。
その場合は後ほど着信番号にお電話させて頂きます。何卒ご了承ください。

【ラテン式人生のリバイバルコーチング事業】
私岩﨑はICF(インターナショナル・コーチング・フェデレーション)認定、
ライフコーチング業も営んでいます。
皆さんが一度限りの人生、
限りある人生を有意義に生きられるようお手伝いさせて頂きます。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ラテン人生のリバイバルコーチング事業はこちら