独立記念日が終わると一気に年末モードのメキシコ。(笑)


ロゴ,メキシコ,観光,ツアー,ガイド

 

世にある旅行や海外生活について、

ほぼ毎日行き当たりばったりに、

メキシコ現地から好き勝手に書いている、

ゆるすぎるメキシコブログ【キオテ通信】です。

 

成田から直行便でたったの12時間、

2022年の年末年始の海外旅行、2023年の春休み旅行、

メキシコ観光は弊社におまかせを。

メキシコ在住17年目のメキシコガイド兼ドライバーが、

複雑で広大なメキシコを、

【お得】で【楽】で【濃厚】完全プライベート日本語ツアーで、

数々の遺跡からグルメ、各地の見所、そして雄大なメキシコの山まで、

尽きる事のないメキシコの魅力をお得にご案内しております!

 

育児期間中につき、

投稿が断続的になっております~。

落ち着きましたらほぼ毎日投稿に戻します。

 

季節もへったくれもないのが現代の商売。(苦笑)

👆拙宅近くの大型スーパー

 

いやいやいや、

2022年、

今年ももう独立記念日がサッと過ぎちゃいました。

 

そういえば、

僕のメキシコブログがものすごいバズリをしたんです。(苦笑)

どれぐらいかというと、

たった1日で、

僕がサイトを立ち上げた初年の月間平均サイト訪問者数の2倍もの方々が、

僕のサイトを訪れてくれました!(笑)

 

なんか、最近たまにあるんですよね。

特定のテーマのページがいきなりバズるってやつ。

今回のは史上最高に激しいバズリでした。

今回は独立記念日関係のものだったんです。

いつ何がバズるか分かりませんから、

いろいろ書いててよかったです。(苦笑)

 

今年は年末と合わせて4連休という会社も多く?

久々の家族旅行という人も多かった様子。

 

うちの妻というか嫁というか家内というか女房の会社は金融系なんですが、

当然4連休。(苦笑)

 

15日を休みにしない会社も半ドンにしたりと、

まあ、

この9月15日という日は働く気はほぼほぼゼロの人が、

僕も含めて5億人ぐらいいるメキシコ。

 

てか「半ドン」って死語?(苦笑)

ドンって何?って永遠の謎ですが、(苦笑)

今の若い人たちは知らない人がおおいようで。

 

そんなメキシコで最も大事な祝日の一つ、

「独立記念日」が終わり、

人々の気分もお店も、

そして会計年度が年末締めのメキシコの会社も、

一気に年末ムードが加速していくのがこの頃から。

 

実質、

あと3ヵ月もしない内に年末休暇が始まりますから、

数字がヤバい営業マンとか、

実質あと2ヵ月半ぐらいしかないから、

もうアクセル全部踏み込まないとヤバくなる、

いやもう無理だと諦め始めるのがこのろから。(苦笑)

 

で、見たんですよもう、お店で、あれ。

クリスマス。(笑)

 

👆冒頭の写真

 

あれ、クリスマスの前に、

まだあったよね、大事な行事?

と思いつつ、

大型スーパーのかなりの部分を閉め始めたクリスマス商材。

 

メキシコにとってクリスマス(Navidad)は、

超超超重大行事の一つ。

カトリックですから。

 

クリスマスって日本の人にとっては、

プレゼント交換して、

おうちでケーキでも食べて、

恋人同士はいきなりロマンチックモードになって愛を語り合い?チャンチャン。

一週間も経たないうちに、

お寺で鐘ついて、

その翌日には神社で初詣っていう、

なんかもう歴史も習慣も宗教もごっちゃごちゃの、

すごく「変な」時期ですよね。(苦笑)

 

メキシコにもキリスト教以外の人もいるわけですが、

ちょっと日本の宗教観は次元が違い、

理解が難しいと思います。

 

👆日本生まれ日本育ちの僕だって「ん!?」って感じますから。

 

まあまあ、

それは国ごとに背景が違うので、

一概に良い悪い・普通異常とは言えません。

 

そんな「クリスマス」の習慣、

メキシコでは一足お先に、

12月25日の9日前から始まります。

12月16日ですね。

ポサダ(Posada)というんですが、

キリストさんのお母さんマリアさんが、

ユダヤ王の虐殺の危機から逃れるベく、

お子がお生まれになるまでに渡り歩いた期間がその9日間。

 

現代にも「ポサダ」という習慣は、

特に田舎では受け継がれているものです。

今年こそは、

どこかのポサダにお呼ばれしてきたいです~。(笑)

もちろんパーティも合わせて行われるので、

それも楽しみですね。

 

で、

そんなクリスマス期間の前の大事な行事、

忘れちゃいけません、

「ハロウィン🎃!」

というのは間違いでして、(苦笑)

「死者の日」ですね。

日本のお盆の習慣に似ています。

 

11月1日と2日です。

メキシコの死者の日とハロウィンをごっちゃにする人がすっごい多いんですが、

「別物」ですよ~と呼び掛けて早3年。

 

ハロウィンはイギリスのケルト族の習慣とプロテスタントの融合、

メキシコの「死者の日」は、

メソアメリカの土着のトウモロコシの収穫に関わる習慣とカトリックの融合です。

 

べつにメキシコでハロウィンの仮装を楽しむのは個人の勝手なんですが、

「死者の日」=「ハロウィン」と勘違いして、

あのパレードに参加したり、

人のお墓に土足で踏み荒らすのはかなりヤバいと思うんです。

「なにやっちゃってんの?」ってなります。(沈)

 

「死者」=「ガイコツ」=「カトリナ」も違って、

「死者」のガイコツと「カトリナ」のガイコツは、

根本的に関係ないんですよね。(苦笑)

👇

👇映画の死者の日パレードのシーン

もっとも、

メキシコの死者の日のガイコツは、

カラベラというガイコツもあって、

これはヨーロッパの祭壇の上部に乗っかっていたガイコツが由来、

というのもありますが、

知っている人は少数でしょう。

👇元祖ラ・カラベラ

メキシコ,観光,ツアー,ガイド,死者の日

👇現代のカラベラ

メキシコ,観光,ツアー,ガイド,死者の日

 

なんかそういう、

勘違いが勘違いを生み、

さらにそれが年々肥大化していっているという状況、

ハロウィンは別にいいとして、

「死者の日仮装大会」とか「仮装パレード」とか、

僕は個人的にはすっごい冷めているんです。(苦笑)

僕はやっぱりその根幹を知って、

メキシコ各地の人々が、

彼らの伝統や習慣として、

これからも受け継いで行って欲しいという思いが強く、

文化の継承という点から、

各地の習慣を見るのが好きなんです。

 

お店にもハロウィングッズが少し出て来ていますが、

目に着いたのはクリスマス。

あと、

「死者の日」といえばコレ👇

「死者のパン」です。

もう8月ぐらいから店頭に出てました。

時期尚早ですが、

「試食」という意味で、

嫁に呆れられながら、(苦笑)

「死者の花」でもあるセンパスチル(マリーゴールド)風味のビールと共に、

昨日「死者のパン」を食べてみました~(笑)

 

暑さも彼岸まで言われますが、

日本の暑さいかがです?

あと一週間も経てば、

さすがに涼しくなるのでは?

 

2022年も終盤です。

皆さんはどんな形で2022年を締めくくります?

 

またコメントお寄せ下さい~

 

では今日はこれから旧同僚達とパーティーなので、

この辺で。(笑)

 

メキシコ発【キオテ通信】バックナンバーはこちら!

一番下に関連記事が表示されるようになりました~
画面を一番下👇👇👇までスクロール~

【お一人のお客様同士のライドシェア】

お得なキオテのライドシェア詳細はこちら

SNSにてメキシコの写真と動画を多数アップしています!

#MexicoCompleteTravel

20年近くメキシコの社会にどっぷり浸かり生活している私から見た「メキシコの素顔」を、文章、写真、動画でご紹介しております。

ぜひフォローをお願いします!

Facebook

Instagram

メキシコ旅行相談窓口

 

【人生のリバイバルコーチング事業】
私岩﨑はICF(インターナショナル・コーチング・フェデレーション)認定ライフコーチング業も営んでいます。
皆さんが一度限りの人生、限りある人生を有意義に生きられるようお手伝いさせて頂きます。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください。

ラテン式人生のリバイバルコーチング事業はこちら