アステカではなく、メシカと呼ぶ理由・後編/メキシコ国名の由来

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

明日(日本の今日9月16日)はメキシコの独立記念日です。

でも祝うのは今夜15日。

その理由は、

独裁者だったポルフィリオ・ディアス“大統領”が、

自身の誕生日を祝うために、

一日前倒したから、

ということは別のブログで書きましたネ。

 

アステカではなく、メシカと呼ぶ理由。

後編。

☝☝☝メシカ帝国の首都テノチティトラン
現在のメキシコシティ中心部

 

なんでアステカとメシカが繋がるのか、

というところで前回終わりましたね。

 

彼らが信じていた神様にウィツィロ・ポシュトゥリという存在があり、

実在もしていた?人物像があるんです。

 

神話と実話が混在するのでちょいとややこしいです。

でもご心配なく。

 

アステカ人と言ってもいろんな部族の集団だったようです。

ある部族に“月”を崇拝する習慣があったんです。

だから“月”を意味するMetztli(メシトゥリ)という名前はとても誇り高く、

その集団のリーダーもメシトゥリと名乗りました。

 

彼はこの部族を守るために戦った誇り高い戦士でありリーダーだったんです。

文献によっては、

メシ(Mexi)と呼びます。

 

その彼の苗字を冒頭のウィツィロ・ポシュトゥリ(Witzilo Poctli)

と言います。

 

メシトゥリまたはメシの従者はメシカ(Metzikah)

文献によってはメシティン(Mexitin)と呼ばれました。

 

帝国を築いて発展させたのは👆この人達であり、

彼らの子孫なんです。

だからメシカ人であり、

メシカ帝国なのです。

 

従者であるメシカ(メシティン)に神様メシトゥリ(メシ)の神託が下ります。

 

「湖に浮かぶ島でサボテンにとまるワシがヘビを咥えている場所に街をつくるのだ」

と。

 

アストラン(水の都)を出て以降、

“紆余曲折”を経て、

1325年頃に

彼らが辿り着いた先が、

当時は湖だった

現在のメキシコシティ中心部に浮かぶ“島”なんです。

👆👆👆赤い点が500年前の島テノチティトランであり、今日のメキシコシティ中心部です。

そしてその島に、

後のメシカ帝国の首都テノチティトランを建設するのです。

 

だ・か・ら、

今日メキシコの首都であり、

国旗にもそれが描かれている、

ということは先日の国旗のブログでも書きましたね。

 

メシトゥリ(メシ)の他に、

もう一人の重要人物がいます。

彼の名をTenockatl(テノシュカトゥル)と言うのですが、

彼は神メシトゥリ(メシ)の従者集団メシカ(メシティン)を率いてメキシコ盆地に向かった人物です。

 

上記の“テノチティトラン”は、

彼から命名されているんですねぇ。

 

整理すると、

“月”を崇拝したアステカの一グループのリーダーであり、

戦士であり神でもあるメシトゥリ(メシ)と、

メシトゥリの従者集団を率いて、

メキシコ盆地に首都テノチティトランを造ったテノシュカトゥル

という二人の人物像がある、

という話です。

 

ナワトル語でCoは「場所」を意味するのですが、

語尾にCoを付けて、

Metzico

つまり、

「月を崇拝したメシトゥリ(メシ)に定められた場所」

「メシトゥリの従者集団メシカの場所」

という意味になります。

 

参考資料によっては、

「メシカ」はテノチティトランの人々、

「アステカ」はメキシコ盆地に住んでいた、

その他の民族グループを含めた総称とするものがあります。

 

しかぁし、

これは僕に言わせれば、

ちょっと納得できないんです。

というのは、

他の民族グループは、

アストラン出身ではない?

のに、

同じメキシコ盆地に住む人々という理由で

一括りにされてしまうのは理に適っていませんね。

 

アストランは、

メシカ人にとっては「故郷」であり「神聖な場所」だったんですね。

でも、

この広いメキシコで、

なぜ“アステカ”人が別の広い場所に都市を建設しなかったのか。

不思議ですよね。

 

なぜ、

既に他の民族グループ、

ソチミルカ、テパネカ、チャルカなどなど、

がいる狭いメキシコ盆地に、

“わざわざ”彼らの首都を建設したのか。

 

ポイントは、

前回説明した、

アストランの意味です。

Atl=水、

Atlan=豊富な場所

でしたね。

水の都。

 

水が豊富にあると言えば、

周りが水に囲まれた“島”です。

 

だから、

陸地ではなく、

わざわざ狭い島を探したのです。

彼らは、

そこをアストランの“レプリカ”にしようとしたんでしょうかねぇ?

 

現に、

島の中は4つの地区に分けられていました。

アストランと同様に。

そのような理由で、

メシカ人は時折、

“昔”のアストランを“Mexico”と呼んでいたそうです。

 

時は過ぎ、

スペイン人が乗り込んできます。

彼らが耳にした、

Metzico

を、

スペイン人はMexico

とします。

 

なぜならば、

tziはシに近い発音で、

当時のスペイン人はシをxで表したんです。

 

更に時は過ぎ、

現代のスペイン語では、

xはヒの発音となり、

メヒコ(Mexico)

と呼ばれるようになりました。

 

これがメキシコの国名の由来です。(笑)

 

¡Vamos a matar gachupines!

(スペイン人をぶっ殺そう!)

ではなく、

「ビバ・メヒコ!!」 笑

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ