ピニャタの話・後編

メキシコ在住15年目、

「メキシコの素顔を世界に!

をモットーに、

メキシコ公認ツアーガイド兼ドライバーの岩﨑コウです。

 

ピニャタの話・後編

で、ピニャタって何かっていうと、

というところで前回終わりましたね。

前編です☟

【前編】ピニャタの話

 

メキシコでただピニャタをガンガン叩き割っても

「シラケますよ」っていう話をしました。

 

シチュエーションが大事なんです。

 

先に言ってしまうと、

これは布教の一環で用いられた遊びと言っていいと思います。

 

僕はテオティワカンに行かれるお客様にはサービスで、

近くにあるアコルマンという街にお連れさせて頂いています。

 

目的は国の重要文化財である教会なのですが、

実はココ、ピニャタ発祥の地とされています。

☟メキシコで最も初期の段階で建造されたサン・アグスティン教会。

その歴史は遡る事1586年。

当時のサンアグスティン教会の司祭が、

ローマ教皇よりある特別なミサを執り行う許可を得たのです。

 

そのミサと言うのが、

“アグィナルドのミサ”呼ばれれうものです。

 

はい、よくわからないですよね。(笑)

 

この時期になると、

メキシコではサラリーマンはワクワク・ウキウキし、

経営者は憂鬱になります。

 

その理由がアグィナルド(Aguinaldo

 

ボーナスです。(笑)

 

今でこそアグィナルドは「金銭」ですが、

当時はクリスマスプレゼントでした。

 

このアグィナルドのミサ(Misa de Aguinaldo)が、

後にポサダという習慣になります。

 

ポサダについては先日前編を書いたのでそちらをご参照下さい。

☟こちら。

【前編】ポサダとは。

 

このミサがアコルマンで行われるようになり、

そこでピニャタが 取り入れらたという説が一般的です。

 

ピニャタと言えば、

今では紙を貼り合わせて強度を持たせますが、

元々はバロといって、

素焼きのピニャタでした。

このバロって、

現代でもお母さんが家庭で使うナベだったり、

お皿、マグカップとしても使われます。

 

僕も好きで、

自宅ではバロ(素焼き)のマグパックを愛用しています。(笑)

☝マグカップは色付けされていますが、
したの小皿は茶色い部分が見えています。

 

ピニャタという言葉は、

イタリア語のPignattaという事は前編で書いた通りですが、

その意味はナベでしたね。

 

その名の通り、

素焼きのナベに煌びやかな紙を貼ります。

そして7つのとんがりコーンを付け、

中にお菓子やキャンディーを詰めます。

 

叩く人を目隠しをしてグルグル回した上で、

一本の棒を持ち、

揺れ動くピニャタを叩くのです。

 

☝コレ、やった事がある方でしたら分かると思いますが、

結構難しいんですよねぇ。(笑)

しかも周りで見ていると笑えるのです。(爆笑)

 

それで、

なんでそんな煌びやかに飾り付けをし、

7つものとんがりコーンを付け、

目隠しをし、

グルグル回らないといけないかと言うと・・・

 

ココがただのスイカ割とは違う所なんです。

 

煌びやかさは不必要な快楽、

7つのとんがりは7つの大罪(怠惰、大食、憤怒、性欲、貪欲、高慢)、

目隠しは信仰心、

棒は美徳。

 

合わせまして、

資料によっては、

33回グルグル回すと書かれていますが、

僕はそんなに回される人を見た事ありません。(苦笑)

これはキリストが処刑された時の年齢を表します。

 

一本の美徳(棒)で、

7つの大罪(とんがりコーン)と快楽(煌びやかな装飾)を破壊できる、

という事を教えるために用いられたわけですね。

 

そしてそれができた暁には、

ご褒美にお菓子やキャンディが天からもらえるというわけです。

 

もうお分かり頂けたでしょうか、

ピニャタの意義とスイカ割との違い。(笑)

 

もちろん、

現代ではそんな宗教的な意味合いは薄れ、

パーティーでのお遊びとして行われる場合も多いのは確かです。

 

誕生日では元祖ピニャタではなく、

アニメのキャラクターの形をしたものや、

動物だったりします。

そこに宗教的意味合いは全くありませんネ。

 

メキシコにおける、

ピニャタ発祥の地とされるアコルマンでは、

毎年この時期に5日間ほど「ピニャタフェスティバル」が行われます。

 

もし本場のピニャタを体験されたい方、

お知らせ下さい~(笑)

パーティーをセッティングさせて頂きます。(👈スタッフの都合によりますが・笑)

 

#MexicoCentralTours

【キオテ通信】バックナンバーもどうぞ