クエッツァラン村。メキシコシティから5時間程の所にある、山間の小さな村です。日本人旅行者のゴールデンルートからは大きく外れるため、ご存知の方は少ないでしょう。

所在地はプエブラ州となっていますが、ベラクルス州に小さな半島の様に突き出たエリア、プエブラ州の北端のエリアにあります。

文化的にはナワ族とトトナカ族が入り混じるエリアで、村から30分程の所にトトナカ文化最初の都市ジョワリチャン遺跡があり、村では今でもナワトル語を第一言語としている人達が住んでいます。

こじんまりとしていながらも、綺麗な街並みでの街歩きが楽しく、モレを中心に郷土料理が美味しい場所です。

スーパーに行くと所狭しと並んでいるコーヒーの棚。ブランドによって生産地も違えばお値段も違いますね。もちろんそのお味も違うハズ!?

我々の日常生活にもはや欠かすことが出来なくなったコーヒー、日本では沖縄や小笠原諸島でも栽培に挑戦されている方々もいらっしゃるそうですね。

メキシコではベラクルス州、プエブラ州、オアハカ州やチアパス州などで盛んに栽培されており、アメリカ大陸ではブラジル、コロンビアに次いで3番目に生産量が多いようです。でも日本には殆ど入っていないようでして、お隣のグアテマラのコーヒーが日本への輸入量ベースで5番目に多いようです。

今となってはオシャレなカフェも沢山あり、コーヒーと共に過ごす時間はいつしか【お金を払ってでも得たい】特別なものとなりました。

私は今となっては懐かしき大学生だったころ、自宅だと誘惑に負けて集中できなかったものですから、ほぼ毎日のようにカフェに行って勉強していました。その習慣は今も変わらず、いやちょっとお財布事情が気になる時期なので回数は減りましたが、、、仕事や勉強、読書をするときに時々利用します。カフェに行く回数が減りましてもコーヒーを飲む量は変わりません。逆に増えています。メキシコにはオイシイコーヒーが安くあり、産地に行く度に名も無きコーヒー豆を買って来ては毎朝自宅で挽いて飲んでいます。

焙煎やら等級やら品種やらコーヒーの技術的な詳しい話はココでは抜きにして、皆さんにとってオイシイコーヒーって何でしょうか?

私の場合は、勿論産地や等級、品種によって酸味や甘みやコクといった味覚要素が嗜好に与える度合いはゼロではありませんが、コーヒー農家での朝一番のモーニングコーヒーだったり、その農家で栽培した人達と一緒に飲むコーヒーが最高にオイシイと感じるのです。車や音楽など、雑音一つない自然の中で、小鳥の囀りで目を覚まし、朝日に照らされてテラスで淹れたてのコーヒーを飲む。これはなにも映画の中の気取ったシーンではなく、誰でも身近に自然にできる事なんです。ココ、メキシコでは。ご夫婦や恋人とこの時間を過ごせたらそれこそロマンチックだと思いますよ?(もちろんお一人でも!)現代は私達皆忙しいですから、あまりこのようなマッタリした時間を過ごすと逆に「何かせねば!」と罪悪感に襲われたりしてしまいそうですけど、たまにはいいじゃないですか。

それがお金やモノ、地位や名誉に囚われない【幸せな時間】だと思うんです。

折角いらしたメキシコで、日本では普通は見られないコーヒーの生産地を見てみて下さい。そして是非名も無きオイシイコーヒーを味わってみて下さい。コーヒーに対する根本的な感情みたいなものが変わります。

(編集中)