メキシコ(México)という国名の語源は、1519年にスペイン人が渡来する以前にメキシコ盆地に住んでいた民族の一つ「メシカ(Mexica)人」の言語ナワトル語に由来します。首都メキシコシティ一帯は昔ウサギの形をした大きな湖でした。

その湖の中央部に1つの島がありました。そこが後にメシカ(アステカ)帝国の首都テノチティトラン(Tenochtitlan)となり、今のメキシコシティの中心であるソカロ(Zocalo)がある一帯となります。現在残る湖は北のスンパンゴ(Zumpango)、ソカロの東側のテスココ(Texcoco)、南部のチャルコ(Chalco)のそれぞれ一部です。

メキシコシティは今日ラテンアメリア経済のなかで最も重要な都市の一つです。歴史の観点からも上述の通り1521年のスペイン人の入植以前は、1460年頃からアステカ(正しくはメシカMexica)帝国が栄えていました。さらに古くは、メキシコシティの北東約45キロにあるテオティワカン(Teotihuacan)文化がBC200年からAD750ごろまで栄えていました。

メキシコ(México)という国名の語源は、メシカ(アステカ)帝国の伝説に由来します。有名なアステカという言葉は、昔アステカ人が住んでいたアストランという島に由来します。その地は未だに様々な説があり特定が出来ていないのですが、メキシコシティから北西部、今のナヤリットやサカテカス辺りだと考えられています。アストランという地名に人を表し「カ」を付けて、アストラン出身者を「アステカ」と呼ぶようになりました。アステカ人の間には「月」を崇拝する習慣があり、その月の神をメシトゥリまたはメシと呼んでいました。Metzitliと書きます。アステカ人の中にある戦士でありリーダーがいました。彼の名はウィツィロ・ポシュトゥリ。彼らは神からの「お告げ」を受けます。それは「ノパル(サボテン)にとまる一羽のワシがヘビを咥えている島に、アステカ人の首都を造るのだ」というもの。お告げを受けたウィツィロ・ポシュトゥリ率いるアステカ人を、彼らの神メシトゥリの従者を意味するメシカと呼ぶようになります。これにも語尾に「カ」を付けて人という意味にしたのです。時は流れ、戦士ウィツィロ・ポシュトゥリの後継者たちは1325年頃に、今のメキシコシティ中心部ソカロがある一帯にあった「島」に、メシカの首都テノチティトランを建設したのです。有名なウェイ・テオカリ(Huey Teocalli)通称テンプロマジョールの右側の台形の建造物がウィツィロ・ポシュトゥリに捧げられているのはこのためです。そして、ナワトル語で「場所」を意味する「コ」を語尾につけて、「メシの場所」を意味する「メシコ」となったわけです。当時はスペイン語のXをS行で発音していましたが、今はH行ですので、Mexicoと書いてメヒコという国名になったわけです

☝☝☝メシカ時代のテスココ湖
赤い丸が現在のソカロがある歴史地区
昔は島でした。
その周りの黒い線が現在のメキシコシティ。
赤丸の右側(東)が空港です。

私どものツアーではもちろんご希望であればガイドブックに載っているような観光地に真っ先にお連れすることは出来ますが、地元住民の食糧庫とも言える市場“メルカド(Mercado)”や、遠くて行けない地方の郷土料理が食べられる小さな小料理屋だったり、地元の人しか行かないようなポソレ(Pozole)屋だったり、メキシコ人に紛れ込んで庶民の食べ物タコス(Tacos)をほお張ったり、よりリアルなメキシコを肌で感じて頂けます。

それらの場所はもちろん”有名”でもなければガイドブックにも載らない庶民的な場所であるが故、一般的なツアーでは行くことが出来ません。

写真:

上段左から国立劇場、宝飾店が軒を連ねるマデロ通り、庶民の食糧庫メルカド、007Spectreの舞台になったホテル、ソチミルコの運河、テオティワカン遺跡、映画の舞台にもなる青い家