メキシコに行くならメキシコの元祖リゾートでメキシコ気分

 

アカプルコってどんなとこ?

メキシコでは言わずと知れたメキシコのリゾート地。カンクン、ロスカボス、バジャルタと近年外国資本が押し寄せるリゾート地とは一線を画すようにも見え、いい意味で田舎の「メキシコ色」を残すリゾート地。メキシコシティーから最も近いリゾートであり、渋滞がなければ4時間ほどで行くことができます。

アカプルコはコステラという内海と、ディアマンテという外海と2つエリアがあります。コステラの方がいわゆるアカプルコ。崖から飛び降りるラ・ケブラダ、バーやダンスホールもあり、ナイトライフも満喫したい!という方でしたらコステラがおススメです。私はコステラ派です(笑)

ディアマンテはオールインクルーシブ型のホテルが主で、ホテル内でゆっくりしたいという方はこちらです。

あと、日本人として忘れてはいけないのが、ここアカプルコは日本人が初めて今のメキシコに上陸した場所でもあります。支倉常長さんという江戸時代初期の武将です。1614年、時はまだ鎖国の前。ヨーロッパに向かう途中アカプルコのマルケス港で下船。内陸部、メキシコシティを通りベラクルスへ抜け、ヨーロッパ行きの船に乗りました。

👆支倉常長像

またアカプルコは、1565年から300年にも渡って続いた対アジア貿易において、西太平洋側最大の拠点でした。スペインに流れたアジア産品はすべてここアカプルコで陸揚げされ、ベラクルスで船積みされスペインはカディス(Cadiz)港に運ばれたのでした。

なんで今頃アカプルコ?

これは人の好みでしょう。私としては旅先の雰囲気を大事にしたいというのがありますので、少しでもローカル色が強い場所を好む嗜好があります。結局カンクンやプラジャ・デル・カルメン、ロス・カボスなどの人気リゾート地は、べつにメキシコでなくてもいい気がしてしまって(苦笑)日本からから3時間ちょっと?でいけるグアムやハワイでいいよね、ってなってしまうんです。わざわざ片道20時間もかけてメキシコまで来なくても、と。

アカプルコはその点、ホテルもサービスもあか抜けない部分が多いかもしれませんが、そんなテキトーな雰囲気にどっぷり浸かるリゾートもいいのでは?と感じております。若い方もお年を召し方も家族連れの方も、ご夫婦、恋人の方も、皆さんが気軽にメキシカンリゾートを楽しめる、それがアカプルコです。カンクンやロスカボスに比べて安いのも魅力的でしょう。

アカプルコの他に観光地は?

途中、タスコという銀細工の町に寄ることができます。タスコでご一泊されてもいいですし、数時間のご滞在でアカプルコに向かってもどちらでも構いません。アカプルコのホテルは基本的に12時、または13時のチェックアウト。午前中はビーチでごゆっくりして頂き、遅めのお昼を食べて出発しますとあまり遅くならずにメキシコシティに戻ることができます。または、空港も近いですので飛行機で飛んで頂くことも可能です。

ウミガメの放流体験も合わせてどうぞ!数か所ありますが、中でも資格を持ち、ウミガメの「保護」を目的に放流活動を行う施設は一か所です。

※連休やハイシーズはお勧めしません。現地が人でごった返す上、高速道とも渋滞がひどく、十分にお楽しみ頂けない可能性が御座います。日程については予めご相談下さい。ナイトライフをコステラで楽しむ場合は、木曜日、金曜日と土曜日がおススメです。

こんな方々におススメです!

  • 「メキシコの素顔」を感じたい方
  • 一般的なツアーでは物足りなくなった方
  • 女子旅
  • 性的少数者(LGBTQ+)で羽を伸ばしたい方
  • 文化・歴史が好きな方
  • ご高齢の方や御身体に不自由がある方でメキシコを存分に楽しみたい方
  • 少人数での記念旅行(卒業旅行、お誕生日、結婚記念、還暦祝い、親孝行など)

もちろん、上記の方々以外の方でも大歓迎です!

 

知られざるメキシコの素顔を毎日発信!

お得なメキシコの話満載の【キオテ通信】もどうぞ☟

メキシコ発【キオテ通信】

SNSでもどうぞ!

#MexicoCentralTours

facebook instagram

 

メキシコ旅行無料何でも相談窓口はこちら☟
どしどしお問合せ下さい!

ホーム選ばれる理由サービスと料金ライドシェアサービスの流れと注意点お客様の声観光ルート例メキシコ発【キオテ通信】あなたのガイド紹介メキシコで登山ビジネス総合サポートお問い合わせ