ナワトル語でマトゥラルクェジェ山

マリンチェ山てどんな山?

本来の名称は「マトゥラルクェジェ」、Matlalcueyeと書きます。ナワトル語で「青いスカートの神」を意味し、トラスカラやソチテカトゥルでは「多産」の象徴として敬われた山です。

メキシコシティーからほぼ真西に150キロに位置する山です。登山口約3000m地点まで車で行きます。登山口から山頂までの標高差は約1400m、ちょうど富士山の5合目から山頂までと同じぐらいで、ゆっくりペースで上り5時間、下り3時間の8時間コースです。

登山ルートの難易度は高いものではありませんが、高度3000m地点から4000mを超える1400mの標高差と長時間のルートのため、かなり体力を消耗します。途中山小屋、トイレなどはありません。高度が4000mを越す上、山頂直下は岩場が数百メートル続く箇所があります。登頂は登山経験がある方のみを対象とさせて頂きます。

安全で楽しいマリンチェ山登山のために

低地からいらっしゃる場合、標高2200のメキシコシティでランニングなどを行い、高高度に身体が慣れるように運動して頂くことをおすすめします。

よくお客様にご利用頂くおススメのツアールートは、高度順化のために前日にイスタシワトル山の中腹4000~4500mを軽く数時間登山またはハイキングをし、その後マリンチェ山麓のウアマントラでご一泊、翌日朝7時半頃にマリチェ山登山を始めるものです。

イスタシワトゥル山を1日がかりで5000m地点まで行く10時間コースもご参加の場合は、疲労回復の為に中1日空けられることをお勧めします。

ガイドの岩﨑が、水とストーブ、鍋、挽きたてのコーヒーを持参しますので、山頂で美味しいメキシコのコーヒーをお召し上がり頂けます!水をお持ち頂ければインスタント麺なども調理できます。

メキシコシティからの日帰りも可能ですが、ホテル出発から帰着まで16時間です。12時間を超える場合には一時間毎に追加料金が掛かります。詳しくは料金とサービス>をご覧ください。

メキシコ観光省から認可されたガイドがご案内

メキシコ観光省認定自然系ガイドライセンスNOM-09-TUR-2002に含まれる、都市部から離れた自然環境下に対応した一次救命処置(出血・開放骨折及び非開放骨折・捻挫の一次処置、心肺蘇生、気道異物除去)の講習(2年毎に更新制)を修了し、万一の事故の場合、医療関係者が到着するまでの間必要な応急措置を行えます。
また、携帯電話が繋がらない山岳地帯で、レスキュー隊などの緊急要請を可能にすべく、ベースに当方の人員(一次救命処置訓練を受けた者)を待機させて無線での交信を可能にする体制をとります。また、4名様を超える場合には、ベースで待機する救護要員の他に、登山に同行するサブのガイド(観光省認定ガイド)を付けます。

お客様に安全第一で楽しい登山をお楽しみ頂けるよう最善を尽くしております。

その一方で、登山は自然相手の危険なスポーツであることを忘れてはなりません。お客様ご自身の体力、体調、経験を十分に考慮して頂き、お客様ご自身の責任でご参加下さい。また、日本でご契約される保険の保障内容をよくご確認下さい。登山に適用されない場合や、仮に適用されても一定の高度以上での事故には適用されない場合があります。ご希望でしたらメキシコの保険をご案内させて頂きます。こちらは原則標高3500mまでのみの保障となりますので予めご了承下さい。3500mを超える場所の保障がある保険商品は現在の所ありません。

天候が悪化し降雨や降雨の可能性がある場合、お客様のどなたかがお怪我や体調不良になられた際には、お客様の安全の為に私の判断でツアーを中止し下山することが御座いますのでご了承下さい。標高2200mのメキシコシティーでランニングなどの運動をして高度順化して頂き、高山病予防のお薬を持参されることをお勧めします。高高度の為、夏でも冷え込みますので防寒着の準備をお願い致します。

登山サービスの詳細はこちら

 

左がメキシコ第2峰ポポカテペトゥル、右が第3峰イスタシワトゥル山

メキシコ最高峰シトラルテペトゥル5636m

頂上前の尾根

最後の岩場

 

ホーム選ばれる理由サービスと料金ライドシェアサービスの流れと注意点お客様の声観光ルート例メキシコ発【キオテ通信】あなたのガイド紹介メキシコで登山ビジネス総合サポートお問い合わせ