ナワトル語でシナンテカトゥル山、9つの山

ネバド・デ・トルーカ山てどんな山?

本来の名称はシナンテカトゥル、ナワトル語で「9つの山」を意味します。

写真左のピコ・デル・フライレが最高点で4680mです。右がピコ・デル・アグィラ4620m。

高度約約4300メートル地点をハイキングできます。標高が高いですが、ハイキングに特殊な装備は必要ありません。麓に車を置いて、シャトルバスで約4100m地点まで行け、カルデラの内側約4200mに降りられます。カルデラの淵から見られる景色はまさに絶景です!

登山ルートの難易度は?

上り4時間、下り2時間のルートです。富士山より約900メートル高い、高度4680メートルの世界をご堪能下さい。登山ルート自体の難易度は高いものではありませんが、途中崖の下を通り、最後に急こう配の200m程の岩場があり落石の危険があるため必ずヘルメットの着用をお願い致します。山頂へは30m程、槍ヶ岳の槍の部分ような岩場を登ります。狭く滑落の危険がありますので、登山経験がある方のみご案内させて頂きます。

ネバド・デ・トルーカ山にはもう一峰、ピコ・デル・アグィラという第2峰があります。こちらには時折日本からも装備が不十分な状態でツアー客が登っているようですが、決して簡単な登山にはなりませんので、油断は禁物です。片道2時間半、下り1時間半のルートですが、現にこれまでに第2峰付近での致命的遭難が相次いで報道されています。こちらも登山経験者のみを対象とさせて頂きます。

メキシコ観光省から認可されたガイドがご案内

メキシコ観光省認定自然系ガイドライセンスNOM-09-TUR-2002に含まれる、都市部から離れた自然環境下に対応した一次救命処置(出血・開放骨折及び非開放骨折・捻挫の一次処置、心肺蘇生、気道異物除去)の講習(2年毎に更新制)を修了し、万一の事故の場合、医療関係者が到着するまでの間必要な応急措置を行えます。
また、携帯電話が繋がらない山岳地帯で、レスキュー隊などの緊急要請を可能にすべく、ベースに当方の人員(一次救命処置訓練を受けた者)を待機させて無線での交信を可能にする体制をとります。また、4名様を超える場合には、ベースで待機する救護要員の他に、登山に同行するサブのガイド(観光省認定ガイド)を付けます。

お客様に安全第一で楽しい登山をお楽しみ頂けるよう最善を尽くしております。

その一方で、登山は自然相手の危険なスポーツであることを忘れてはなりません。お客様ご自身の体力、体調、経験を十分に考慮して頂き、お客様ご自身の責任でご参加下さい。また、日本でご契約される保険の保障内容をよくご確認下さい。登山に適用されない場合や、仮に適用されても一定の高度以上での事故には適用されない場合があります。ご希望でしたらメキシコの保険をご案内させて頂きます。こちらは原則標高3500mまでのみの保障となりますので予めご了承下さい。3500mを超える場所の保障がある保険商品は現在の所ありません。

天候が悪化し降雨や降雨の可能性がある場合、お客様のどなたかがお怪我や体調不良になられた際には、お客様の安全の為に私の判断でツアーを中止し下山することが御座いますのでご了承下さい。標高2200mのメキシコシティーでランニングなどの運動をして高度順化して頂き、高山病予防のお薬を持参されることをお勧めします。高高度の為、夏でも冷え込みますので防寒着の準備をお願い致します。

登山サービスの詳細はこちら

 

ベースから左がアグィラ峰、右奥がフライレ峰

フライレ峰山頂まで30分

カルデラの中は雄大な景色です。

フライレ峰山頂付近から望むアグィラ峰

カルデラを左周りでアグィラ峰へ

険しい岩場

アグィラ峰まであとわずか

 

ホーム選ばれる理由サービスと料金ライドシェアサービスの流れと注意点お客様の声観光ルート例メキシコ発【キオテ通信】あなたのガイド紹介メキシコで登山ビジネス総合サポートお問い合わせ