メキシコ―グアテマラ国境に跨る二国間登山

👆白い柱の右がメキシコ、左がグアテマラという、頂上が国境になっている面白い山

タカナ山てどんな山?

山は登るだけが楽しみではありませんね。その山がどういう山かっていうのも、山を登るモチベーションにもなるものです。

この山はメキシコ南部のチアパス州と隣国グアテマラの国境に跨っている山。タカナ(Tacana)山という火山です。火山といっても現在休止中で、最後の火山活動は1986年頃だとか。クレーターと呼ばれる場所もあるのですが、富士山の山頂のようにすり鉢状になっているわけではありません。

メキシコシティがあるメキシコ中央部には、5000mを越すメキシコの名山が聳え立ちます。一方このタカナ山は標高4070mと、それらのメキシコの名だたる高山よりは1000m以上低いのです。そのため5000m級の山を登っている人にとれば「楽な山」と感じられるかもしれませんが、出発地点は1700m、山頂までの高低差は2300m以上あり、片道12キロ、往復で12時間以上の行程で、十分な体力を要する山です。

文字通り「二国間登山道」を登り、ルート全体の7割がグアテマラ側を通るルート。国境にはイミグレはなく、パスポートも必要ない、不思議な国境地帯。登山道の両側に立つ家では、メキシコ人とグアテマラ人がわずか数メートルのご近所さん。

そんな不思議な登山で唯一無二のメキシコの思い出を作ってみませんか?

👇国境をジグザグに登っております。

メキシコ観光省から認可されたガイドがご案内

メキシコ観光省認定自然系ガイドライセンスNOM-09-TUR-2002に含まれる、都市部から離れた自然環境下に対応した一次救命処置(出血・開放骨折及び非開放骨折・捻挫の一次処置、心肺蘇生、気道異物除去)の講習(2年毎に更新制)を修了し、万一の事故の場合、医療関係者が到着するまでの間必要な応急措置を行えます。
また、携帯電話が繋がらない山岳地帯で、レスキュー隊などの緊急要請を可能にすべく、ベースに当方の人員(一次救命処置訓練を受けた者)を待機させて無線での交信を可能にする体制をとります。また、4名様を超える場合には、ベースで待機する救護要員の他に、登山に同行するサブのガイド(観光省認定ガイド)を付けます。サポートの人員を確保できない場合はツアーを承ることができない可能性が御座います。時間に余裕をもってご連絡頂ければ幸いです。

お客様に安全第一で楽しい登山をお楽しみ頂けるよう最善を尽くしております。

その一方で、登山は自然相手の危険なスポーツであることを忘れてはなりません。お客様ご自身の体力、体調、経験を十分に考慮して頂き、お客様ご自身の責任でご参加下さい。また、日本でご契約される保険の保障内容をよくご確認下さい。登山に適用されない場合や、仮に適用されても一定の高度以上での事故には適用されない場合があります。ご希望でしたらメキシコの保険をご案内させて頂きます。こちらは原則標高3500mまでのみの保障となりますので予めご了承下さい。3500mを超える場所の保障がある保険商品は現在の所ありません。

天候が悪化し降雨や降雨の可能性がある場合、お客様のどなたかがお怪我や体調不良になられた際には、お客様の安全の為に私の判断でツアーを中止し下山することが御座いますのでご了承下さい。標高2200mのメキシコシティーでランニングなどの運動をして高度順化して頂き、高山病予防のお薬を持参されることをお勧めします。高高度の為、夏でも冷え込みますので防寒着の準備をお願い致します。

登山だけに行くには遠すぎる、他に行ける観光地は?

登山と合わせて、メキシコの日系人にとってとっても大事な場所、ソコヌスコ地方へもご案内させて頂きます。この日本人のメキシコへの移住の歴史を紐解くと、ある意外な人物が関わっているこに気付きます。今から200年以上も前に、はるばる日本から船で渡り、この地に夢を託した36人の日本人の足跡は、確実に現在にまで地元の人達によって保全されています。

この地方ではイサパ(Izapa)という都市が栄えました。テオティワカンやチチェンイッツァのような巨大な建造物はありません。というのも、このイサパという都市が発展したのは、それらの今日有名な大都市が誕生する時代より前だから。ですから、巨大なピラミッドを期待して行ってしまうと「がっかり」してしまうのですが、歴史的背景を知っていきますととても興味深い遺跡なのです。イサパの特徴はなんといっても、オルメカの後に栄えたイツメニョ文化時代に発展、そして初期のマヤの都市へと変遷したことにあります。テオティワカンはテオティワカン、マヤはマヤ、アステカで知られるメシカはメシカ、のように単一の文化として始まり、それを終えたわけではありません。イツメニョというのが分かりにくいと思いますので例を出しますと、大げさに言えば、テオティワカンがテオティワカンとして始まり、数百年後にマヤの都市として終える、という状態。このように変遷した都市というのは珍しく、メキシコサイドではこのイサパやチアパ・デ・コルソが有名です。

イサパの宗教的建造物群

エステラという石碑が多いのが特徴

ソコヌスコ地方からチアパス州の州都トゥクストラ、チアパスの有名観光都市サン・クリストバル・デ・ラス・カサス、イサパと同じように初期のマヤの都市に変遷した特殊な都市であったチアパ・デ・コルソ遺跡、壮大なスミデロ渓谷、同じメキシコでも独自の宗教観や文化性を今でも保持するサン・フアン・チャムラやシナカンタンなど、チアパス州中部もご案内させて頂きます。

チャムラの教会は特徴的

シナカンタンでは伝統的な織物が有名

壮観なスミデロ渓谷

 

ホーム選ばれる理由サービスと料金ライドシェアサービスの流れと注意点お客様の声観光ルート例メキシコ発【キオテ通信】あなたのガイド紹介メキシコで登山ビジネス総合サポートお問い合わせ